aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorMotoyuki Konno <motoyuki@FreeBSD.org>1999-03-01 17:18:52 +0000
committerMotoyuki Konno <motoyuki@FreeBSD.org>1999-03-01 17:18:52 +0000
commitb1366835cb755581a677025849bc7c6d7c473622 (patch)
tree10bc13dd2062ff32d3b185e0762cec67e0b6cbba
parent0aa31dad79beec3846c7b5094b1c476f235cd244 (diff)
downloaddoc-b1366835cb755581a677025849bc7c6d7c473622.tar.gz
doc-b1366835cb755581a677025849bc7c6d7c473622.zip
Merge the following changes in the English version:
hackers.sgml : 1.11 -> 1.12 Submitted by: Yasuhiro Fukuma <yasuf@big.or.jp>
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=4441
-rw-r--r--ja/FAQ/hackers.sgml19
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/FAQ/hackers.sgml19
2 files changed, 34 insertions, 4 deletions
diff --git a/ja/FAQ/hackers.sgml b/ja/FAQ/hackers.sgml
index f2879a9180..d1ab62f0ab 100644
--- a/ja/FAQ/hackers.sgml
+++ b/ja/FAQ/hackers.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: hackers.sgml,v 1.7 1999-02-02 17:59:13 motoyuki Exp $ -->
+<!-- $Id: hackers.sgml,v 1.8 1999-03-01 17:18:52 motoyuki Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.11 -->
+<!-- Original revision: 1.12 -->
<sect>
<heading>まじめな FreeBSD ハッカーだけの話題<label id="hackers"></heading>
@@ -487,4 +487,19 @@ Cc: current@FreeBSD.ORG
で, 再び デバッガに落ちるかもしれませんが, 'continue' と入力すれ
ば, クラッシュダンプを最後まで実行させられます.]</em>
+ <sect1>
+ <heading>dlsym() が ELF 実行形式では動作しなくなります!</heading>
+
+ <p>ELF のツール類は, デフォルトでは実行形式の中に定義されている
+ シンボルをダイナミックリンカから見えるようにはしません.
+ このため, <tt>dlopen(NULL, flags)</tt> を呼び出して得られた
+ ハンドルに対して <tt>dlsym()</tt> で探索を行っても, こういった
+ シンボルを見つけられません.
+
+ <p>もし, あなたがプロセスの中心にあたる実行形式の中にある
+ シンボルを探索したければ,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ld"
+ name="ELF リンカ"> に <tt>-export-dynamic</tt> オプションを
+ 付けて実行形式をリンクする必要があります.
+
</sect>
diff --git a/ja_JP.eucJP/FAQ/hackers.sgml b/ja_JP.eucJP/FAQ/hackers.sgml
index f2879a9180..d1ab62f0ab 100644
--- a/ja_JP.eucJP/FAQ/hackers.sgml
+++ b/ja_JP.eucJP/FAQ/hackers.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: hackers.sgml,v 1.7 1999-02-02 17:59:13 motoyuki Exp $ -->
+<!-- $Id: hackers.sgml,v 1.8 1999-03-01 17:18:52 motoyuki Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.11 -->
+<!-- Original revision: 1.12 -->
<sect>
<heading>まじめな FreeBSD ハッカーだけの話題<label id="hackers"></heading>
@@ -487,4 +487,19 @@ Cc: current@FreeBSD.ORG
で, 再び デバッガに落ちるかもしれませんが, 'continue' と入力すれ
ば, クラッシュダンプを最後まで実行させられます.]</em>
+ <sect1>
+ <heading>dlsym() が ELF 実行形式では動作しなくなります!</heading>
+
+ <p>ELF のツール類は, デフォルトでは実行形式の中に定義されている
+ シンボルをダイナミックリンカから見えるようにはしません.
+ このため, <tt>dlopen(NULL, flags)</tt> を呼び出して得られた
+ ハンドルに対して <tt>dlsym()</tt> で探索を行っても, こういった
+ シンボルを見つけられません.
+
+ <p>もし, あなたがプロセスの中心にあたる実行形式の中にある
+ シンボルを探索したければ,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ld"
+ name="ELF リンカ"> に <tt>-export-dynamic</tt> オプションを
+ 付けて実行形式をリンクする必要があります.
+
</sect>