aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorMasafumi Max NAKANE <max@FreeBSD.org>1997-10-13 15:26:05 +0000
committerMasafumi Max NAKANE <max@FreeBSD.org>1997-10-13 15:26:05 +0000
commit6d369d5391fd267447586800efb7e378ee01dd11 (patch)
tree166301d32d191038789d529835cf052f0ebe41c9
parentbe70ac8c6de58b80d17a1500d6f5d4fbc03c76a8 (diff)
downloaddoc-6d369d5391fd267447586800efb7e378ee01dd11.tar.gz
doc-6d369d5391fd267447586800efb7e378ee01dd11.zip
Merge the EN version changes, 1.19 -> 1.21.
Submitted by: Motoyuki Konno <motoyuki@st.rim.or.jp>
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=2058
-rw-r--r--ja/handbook/printing.sgml335
-rw-r--r--ja_JP.EUC/handbook/printing.sgml335
2 files changed, 482 insertions, 188 deletions
diff --git a/ja/handbook/printing.sgml b/ja/handbook/printing.sgml
index 38dc0b1e3f..b7e475fed8 100644
--- a/ja/handbook/printing.sgml
+++ b/ja/handbook/printing.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: printing.sgml,v 1.11 1997-09-13 20:22:42 max Exp $ -->
+<!-- $Id: printing.sgml,v 1.12 1997-10-13 15:26:05 max Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.19 -->
+<!-- Original revision: 1.21 -->
<!-- This is an SGML document in the linuxdoc DTD describing
Printing with FreeBSD. By Sean Kelly, 1995.
@@ -390,7 +390,8 @@ lpt0 at 0x378-0x37f on isa
<bf> <tt>/dev</tt> エントリにポートを加えるために</bf>
<enum>
- <item> <tt/su/ コマンドで root になります. suコマンド
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?su"
+ name="su"> コマンドで root になります. suコマンド
でパスワードを聞かれたら, ルート用のパスワードを入力し
ます.
@@ -439,7 +440,9 @@ cd /dev
ラインを一つ消費します. うまく機能するものをお使いください.
通信モードを設定するためには2つの方法があります. 1つはカー
- ネルを変更することで, もう一つは <tt/lptcontrol/ プログ
+ ネルを変更することで, もう一つは
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptcontrol"
+ name="lptcontrol"> プログ
ラムを使用する方法です.
@@ -477,7 +480,8 @@ cd /dev
してください.
</enum>
- <bf> <tt/lptcontrol/で通信モードを設定する場合 </bf>
+ <bf> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptcontrol"
+ name="lptcontrol"> で通信モードを設定する場合 </bf>
<itemize>
<item>
<tt/lpt<it/N// をイベント駆動方式に設定する場合は,
@@ -495,8 +499,9 @@ cd /dev
</itemize>
これらのコマンドを <tt>/etc/rc.local</tt> ファイルに追加
しておくと, システムをブートする度に通信モードを設定する
- ことができます. 詳細については, lptcontrol(8) をご覧くだ
- さい.
+ ことができます. 詳細については,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptcontrol(8)"
+ name="lptcontrol(8)"> をご覧ください.
<sect3><heading> プリンタとの通信状況を調べる <label
id="printing:testing"></heading>
@@ -509,7 +514,8 @@ cd /dev
プリンタをテストするためには, プリンタに何かのテキストを送
信してみます. 送信した文字をすぐに印字してくれるプリンタに
- は, <tt/lptest/コマンドを使うと有用です. このコマンドは印
+ は, <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> コマンドを使うと有用です. このコマンドは印
字可能な96文字のASCII文字すべてを96行生成します.
PostScript (または他の言語に対応した) プリンタの場合
@@ -542,11 +548,13 @@ showpage
<bf> パラレルポートのプリンタをテストするために </bf>
<enum>
- <item> <tt/su/ コマンドで root になります.
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?su"
+ name="su"> コマンドで root になります.
<item> プリンタにデータを送ります.
<itemize>
- <item> プリンタがプレインテキストを印字できる場
- 合, <tt/lptest/ コマンドを使います. 次のように入
+ <item> プリンタがプレインテキストを印字できる場合,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest">. コマンドを使います. 次のように入
力してください.
<tscreen>
<tt>lptest > /dev/lpt<it/N/</tt>
@@ -589,7 +597,8 @@ showpage
<bf> シリアルポートのプリンタをテストするために </bf>
<enum>
- <item> <tt/su/ コマンドで root になります.
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?su"
+ name="su"> コマンドで root になります.
<item> <tt>/etc/remote</tt> ファイルを編集します. 次の
エントリを加えてください.
<tscreen>
@@ -610,7 +619,8 @@ showpage
printer:dv=/dev/ttyd2:br#19200:pa=none
</code>
- <item> <tt/tip/コマンドでプリンタと接続します. 次のよ
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?tip"
+ name="tip"> コマンドでプリンタと接続します. 次のよ
うに入力してください.
<tscreen><verb>
@@ -623,8 +633,9 @@ tip printer
<item> プリンタにデータを送ります.
<itemize>
- <item> プリンタがプレインテキストを印字できる場
- 合, <tt/lptest/ コマンドを使います. 次のように入
+ <item> プリンタがプレインテキストを印字できる場合,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest">. コマンドを使います. 次のように入
力してください.
<tscreen><verb>
~$lptest
@@ -647,7 +658,9 @@ tip printer
<tt>&tilde;&gt;<it/file/</tt>
</tscreen>
ここで, <it/file/ はプログラムが格納されている
- ファイル名です. <tt/tip/コマンドでファイルを送
+ ファイル名です.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> コマンドでファイルを送
信した後は, ファイル終了を表わすキーを入力する必要
があります.
</itemize>
@@ -671,12 +684,15 @@ tip printer
を参照します. そのため, ファイルを更新するとすぐにその変更が
反映されます.
- <tt/printcap/ ファイルの書式は簡単です.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?printcap"
+ name="printcap"> ファイルの書式は簡単です.
<tt>/etc/printcap</tt> の編集はお好みのテキストエディタをお
使いください. このファイルの書式は,
<tt>/usr/share/misc/termcap</tt> や <tt>/etc/remote</tt>
といった他のケイパビリティファイルと一致しています. この書式
- のついての詳細な情報については cgetent(3) をご覧ください.
+ のついての詳細な情報については
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?cgetent(3)"
+ name="cgetent(3)"> をご覧ください.
スプーラの単純な設定法は, 次のステップでおこないます.
@@ -710,7 +726,8 @@ tip printer
おこないます. 「<ref id="printing:textfilter"
name="テキストフィルタのインストール">」 を参照してください.
- <item> <tt/lpr/ コマンドで何かを印字することで設定のテス
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドで何かを印字することで設定のテス
トをおこないます. <ref id="printing:trying" name="印字して
みよう"> と <ref id="printing:troubleshooting"
name="トラブルシューティング"> を参照してください.
@@ -837,7 +854,9 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
様々な事情によりスプーリングディレクトリは, 通常, 慣例
として <tt>/var/spool</tt> の下に置きます.
また, スプーリングディレクトリの内容はバックアップをす
- る必要はありません. <tt/mkdir/ によってディレクトリを
+ る必要はありません.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?mkdir"
+ name="mkdir"> によってディレクトリを
作るだけでスプーリングディレクトリの復旧は完了します.
@@ -1097,13 +1116,16 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
さらに, 設定をテストし, すべての問題点を解決しなくては
ならないからです. 設定をテストするために, 何かを印字し
てみましょう. LPD システムで印字をするためには,
- <tt/lpr/ コマンドを使います. このコマンドは, 印字する
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドを使います. このコマンドは, 印字する
ためのジョブを投入する働きをします.
- <tt/lpr/ コマンドを 「<ref id="printing:testing"
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドを 「<ref id="printing:testing"
name="プリンタとの通信状況を調べる">」で紹介した,
- あるテスト用のテキストを生成してくれる <tt/lptest/
- プログラムと一緒に使うこともできます.
+ あるテスト用のテキストを生成してくれる
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> プログラムと一緒に使うこともできます.
<bf> 簡単な LPD 設定をテストするために:</bf>
@@ -1114,15 +1136,19 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
ここで, <it/printer-name/ は <tt>/etc/printcap</tt>
で指定したプリンタ名 (もしくはその別名) です. デフォルト
のプリンタを使用する場合は, <tt/-P/ 引数を付けないで
- <tt/lpr/ を打ち込んでください. もう一度述べますが, ポス
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> を打ち込んでください. もう一度述べますが, ポス
トスクリプトを期待しているプリンタをテストするならば,
- <tt/lptest/ を使う代わりに PostScript で書かれたプ
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> を使う代わりに PostScript で書かれたプ
ログラムをプリンタに送ってください. プログラムを送るた
めには, プログラムをファイルに格納して, <tt/lpr
<it/file// と打ち込みます.
PostScript プリンタの場合, 送信したプログラムによ
- る結果が得られるでしょう. <tt/lptest/ を使った場合は,
+ る結果が得られるでしょう.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> を使った場合は,
以下のような結果が見られるでしょう.
<tscreen><verb>
@@ -1135,7 +1161,9 @@ $%&amp;'()*+,-./01234567
更にプリンタをテストしたい場合は, (言語ベースのプリン
タのための) もっと大きなプログラムを送信するか, 引数を
- 変えて <tt/lptest/ を実行します. 例えば, <tt/lptest
+ 変えて
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> を実行します. 例えば, <tt/lptest
80 60/ で それぞれ80文字の行を60行生成します.
プリンタがうまく動かなかった場合は, 次の節, 「<ref
@@ -1145,7 +1173,8 @@ $%&amp;'()*+,-./01234567
<sect3><heading>トラブルシューティング<label
id="printing:troubleshooting"></heading>
- <p> <tt/lptest/ を使った簡単なテストをおこなった結果, 正しい出
+ <p> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> を使った簡単なテストをおこなった結果, 正しい出
力を得られずに, 以下に示すような出力が得られるかもしれ
ません.
<descrip>
@@ -1407,23 +1436,33 @@ rattan|line|diablo|lp|Diablo 630 Line Printer:\
<p> この節では, FreeBSD で設定したプリンタを使う方法について説明
します. ここでは, ユーザレベルでのコマンドを概説します.
<descrip>
- <tag/<tt/lpr//
+ <tag><htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"></tag>
印字をおこないます.
- <tag/<tt/lpq//
+ <tag><htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"></tag>
プリンタキューを調べます.
- <tag/<tt/lprm//
+ <tag><htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"></tag>
プリンタキューにあるジョブを削除します.
</descrip>
- 管理者用コマンド <tt/lpc/ もありますが, これは 「<ref
+ 管理者用コマンド
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> もありますが, これは 「<ref
id="printing:lpc" name="プリンタを管理する">」に記
します. このコマンドは, プリンタやそのキューの制御のために用い
られます.
- <tt/lpr/, <tt/lprm/, そして <tt/lpq/ の3コマンドは, 「<tt/-P/
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr">,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm">, そして
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> の3コマンドは, 「<tt/-P/
<it/printer-name/」オプションをとり, これによって,
<tt>/etc/printcap</tt> のように操作の対象となるプリンタやキュー
を指定します. これによって, 様々なプリンタに対してジョブを送る,
@@ -1445,7 +1484,9 @@ rattan|line|diablo|lp|Diablo 630 Line Printer:\
<tt>lpr <it/filename.../</tt>
</tscreen>
これにより, 入力されたファイルのそれぞれをデフォルトのプリンタ
- から印字します. ファイル名が与えられなかった場合, <tt/lpr/
+ から印字します. ファイル名が与えられなかった場合,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr">
は標準入力から印字するデータを読み込みます. 例えば, 次のコマン
ドにより, ある重要なシステムファイルが印字されます.
<tscreen><verb>
@@ -1460,11 +1501,13 @@ lpr /etc/host.conf /etc/hosts.equiv
<verb>
ls -l | lpr -P rattan
</verb></tscreen>
- 上記の <tt/lpr/ コマンドではファイル名の指定がないので,
+ 上記の <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドではファイル名の指定がないので,
<tt/lpr/ は標準入力から印字するデータ, この場合, <tt/ls -l/
コマンドの出力, を読み込みます.
- <tt/lpr/ コマンドでは, 出力の整形を制御したり, ファイル変換を
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドでは, 出力の整形を制御したり, ファイル変換を
適用したり, 複数部数のコピーを作成したり, などといた様々な幅広
いオプションを受け付けることもできます. 詳細については, 「<ref
id="printing:lpr:options" name="その他の印字オプション">」をご
@@ -1473,14 +1516,17 @@ ls -l | lpr -P rattan
<sect1><heading>ジョブの処理状況を調べる<label id="printing:lpq">
</heading>
- <p> <tt/lpr/ コマンドを使って印字をする場合, プリントしようと
+ <p> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドを使って印字をする場合, プリントしようと
するデータは<em/プリントジョブ/と呼ばれる箱に一緒に置かれ, こ
れが LPD スプーリングシステムに送られます. プリンタにはそれぞ
れ, ジョブ用のキューがあり, 送られてきたジョブはあなたや他のユー
ザからの別のジョブと一緒にそのキューで並んで, 処理される順番を
待ちます. プリンタは到着順にこれらのジョブの印字をおこないます.
- デフォルトプリンタのキューの状態を表示するには, <tt/lpq/ と入
+ デフォルトプリンタのキューの状態を表示するには,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> と入
力します. プリンタを指定するときは, <tt/-P/ オプションを使い
ます. 例えば, 次のコマンド
<tscreen><verb>
@@ -1504,22 +1550,29 @@ active kelly 9 /etc/host.conf, /etc/hosts.equiv 88 bytes
id="printing:lprm" name="ジョブの削除"> 」をご覧ください.
ジョブ番号9のジョブは2つのファイルを処理します. すなわち,
- <tt/lpr/ のコマンドラインに複数のファイル名が与えられたときは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> のコマンドラインに複数のファイル名が与えられたときは,
1つのジョブとして扱われるのです. このジョブは, 現在, アクティ
ブジョブ (「Rank」の欄の <tt/active/ という後に注目) になってい
ます. これは, プリンタからそのジョブが現在印字されているはずで
- あることを意味しています. 2番目のジョブでは, <tt/lpr/ コマン
+ あることを意味しています. 2番目のジョブでは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマン
ドに標準入力からデータが与えられています. 3番目のジョブはユー
ザ mary から与えられました. このジョブのサイズはとても大きくなっ
ています. 彼女がプリントしようとしたファイルのパス名はここで表
- 示させるには長すぎるため, <tt/lpq/ コマンドはドットを3つだけ
+ 示させるには長すぎるため,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> コマンドはドットを3つだけ
表示しています.
- <tt/lpq/ からの出力で一番最初の行もまた有益な情報を与えていま
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> からの出力で一番最初の行もまた有益な情報を与えていま
す. この行から, プリンタが現在何をしているか (あるいは, 少なく
とも LPD がプリンタがしていると思っていること) が分かります.
- <tt/lpq/ コマンドは <tt/-l/ オプションもサポートしています. こ
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> コマンドは <tt/-l/ オプションもサポートしています. こ
れにより, 詳しい情報が表示されます. <tt/lpq -l/ の実行例を次
に示します.
<tscreen><verb>
@@ -1540,13 +1593,17 @@ mary: 3rd [job 011rose]
id="printing:lprm"></heading>
<p> 印字するようジョブを送った後で印字を中断したくなったときは,
- <tt/lprm/ コマンドで, キューの中からそのジョブを削除することが
- できます. 大抵の場合, アクティブジョブでさえも <tt/lprm/ を使っ
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> コマンドで, キューの中からそのジョブを削除することが
+ できます. 大抵の場合, アクティブジョブでさえも
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> を使っ
て削除することができますが, そのジョブの一部またはすべてが印字さ
れてしまうかもしれません.
デフォルトプリンタへのジョブを削除するためには, 最初に,
- <tt/lpq/ を使ってそのジョブ番号を調べます. すなわち, それから,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> を使ってそのジョブ番号を調べます. すなわち, それから,
次のように入力して, ジョブを削除します.
<tscreen>
<tt/lprm <it/job-number//
@@ -1557,7 +1614,8 @@ mary: 3rd [job 011rose]
<tscreen><verb>
lprm -P bamboo 10
</verb></tscreen>
- <tt/lprm/ コマンドには略記法がいくつかあります.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> コマンドには略記法がいくつかあります.
<descrip>
<tag/lprm -/
@@ -1574,7 +1632,9 @@ lprm -P bamboo 10
<tag/lprm/
ジョブ番号もユーザ名もシンボル「<tt/-/」も指定されない
- ときは, <tt/lprm/ は現在のアクティブジョブを, そのジョ
+ ときは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> は現在のアクティブジョブを, そのジョ
ブを送ったのがあなた自身であるときに限り, デフォルトプ
リンタから削除します. ただし, スーパユーザは任意のア
クティブジョブを削除することができます.
@@ -1590,7 +1650,9 @@ lprm -P rattan -
</verb></tscreen>
<em/注意:/ ネットワーク環境で作業をしている場合, あるホストか
- ら送られたプリンタジョブは, これを送ったホストで <tt/lprm/ を
+ ら送られたプリンタジョブは, これを送ったホストで
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> を
使った場合に限って, これを削除することができます. 他のホストで
同じプリンタを使えたとしても, このジョブを削除することはできま
せん. 次の例では, 他ホストからジョブを削除することを試みていま
@@ -1614,7 +1676,8 @@ rose%
<sect1><heading>その他の印字オプション
<label id="printing:lpr:options"></heading>
- <p> <tt/lpr/ コマンドには, テキストの整形や, 図や他のファイル形
+ <p> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドには, テキストの整形や, 図や他のファイル形
式の変換, 複数部コピーの生成, ジョブの扱いなどをを制御すること
ができます. この節では, これに関するオプションについて記してい
ます.
@@ -1622,9 +1685,12 @@ rose%
<sect2><heading> 整形と変換に関するオプション <label
id="printing:lpr:options:format"></heading>
- <p> 以下の <tt/lpr/ 用のオプションはジョブにおけるファイルの
+ <p> 以下の <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> 用のオプションはジョブにおけるファイルの
整形の制御に関するものです. このオプションは, ジョブにプレイン
- テキストが含まれない場合や <tt/pr/ ユーティリティを使ってプレイ
+ テキストが含まれない場合や
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pr"
+ name="pr"> ユーティリティを使ってプレイ
ンテキストを整形する場合に用いてください.
@@ -1674,8 +1740,12 @@ lpr -P bamboo -d fish-report.dvi
<tag/-p/
- 印字する前に <tt/pr/ によってプレインテキストを整形し
- ます. 詳細については pr(1) をご覧ください.
+ 印字する前に
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pr"
+ name="pr"> によってプレインテキストを整形し
+ ます. 詳細については
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pr(1)"
+ name="pr(1)"> をご覧ください.
<tag/<tt/-T <it/title///
@@ -1689,23 +1759,36 @@ lpr -P bamboo -d fish-report.dvi
</descrip>
- 次の例では, <tt/ls/ のマニュアルを美しく整形したものをデフォ
+ 次の例では,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ls"
+ name="ls"> のマニュアルを美しく整形したものをデフォ
ルトプリンタで印字しています.
<tscreen><verb>
zcat /usr/share/man/man1/ls.1.gz | troff -t -man | lpr -t
</verb></tscreen>
- <tt/zcat/ コマンドで <tt/ls/ のマニュアルのソースファイルの圧
- 縮を復元し, これを <tt/troff/ コマンドに渡しています. これによ
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?zcat"
+ name="zcat"> コマンドで
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ls"
+ name="ls"> のマニュアルのソースファイルの圧
+ 縮を復元し, これを
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?troff"
+ name="troff"> コマンドに渡しています. これによ
り, ソースファイルが整形され, GNU troff の形式となります. そ
- の結果は <tt/lpr/ に渡され, LPD スプーラへジョブの要求が発せ
- られます. <tt/lpr/ には <tt/-t/ オプションが使われているため,
+ の結果は
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> に渡され, LPD スプーラへジョブの要求が発せ
+ られます.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> には <tt/-t/ オプションが使われているため,
スプーラにて, GNU troff の形式からジョブを印字したときにデフォ
ルトプリントが解釈できる形式へと変換されます.
<sect2><heading> ジョブに関するオプション <label
id="printing:lpr:options:job-handling"></heading>
- <p> 以下のオプションは, <tt/lpr/ によって, そのジョブを特殊
+ <p> 以下のオプションは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> によって, そのジョブを特殊
な扱いにするよう LPD に指示するためのものである.
<descrip>
@@ -1768,7 +1851,9 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
id="printing:lpr:options:misc"></heading>
<p> 以下のオプションにより, ジョブのヘッダページに通常印字さ
- れるテキストを <tt/lpr/ に調整させることができます. 対象のプリ
+ れるテキストを
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> に調整させることができます. 対象のプリ
ンタからヘッダページが出力されない場合は, これらのオプションは
何の効力も持ちません. ヘッダページの設定に関する情報については,
「<ref name="ヘッダページ"
@@ -1801,9 +1886,12 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
id="printing:lpc"></heading>
<p> プリンタの管理者として, プリンタの設置, 設定, そして, それ
- らのテストをおこなう必要がありました. <tt/lpc/ コマンドにより,
+ らのテストをおこなう必要がありました.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> コマンドにより,
これまでとは別な管理方法がプリンタと対話的におこなわれます.
- <tt/lpc/ により, 次のことが可能となります.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> により, 次のことが可能となります.
<itemize>
<item> プリンタの起動, 停止をおこなう.
@@ -1827,12 +1915,18 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
る/状態にすることは可能です. この場合は, キューが空になるまで,
キュー内のジョブの印字が続けられます.
- 一般的に, <tt/lpc/ コマンドを使用するには root の権限を持って
- いる必要があります. 一般のユーザも <tt/lpc/ コマンドを使うこと
+ 一般的に,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> コマンドを使用するには root の権限を持って
+ いる必要があります. 一般のユーザも
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> コマンドを使うこと
はできますが, プリンタの状態を取得することとハングしたプリンタ
を再スタートすることだけに使用が制限されています.
- 以下に, <tt/lpc/ コマンドに関する説明の要約を述べます. ほとん
+ 以下に,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> コマンドに関する説明の要約を述べます. ほとん
どのコマンドでは, 操作対象となるプリンタを指定するため
<it/printer-name/ 引数を与えます. <it/printer-name/ の代わり
に <tt/all/ が与えられると, 操作は <tt>/etc/printcap</tt> 内に
@@ -1873,7 +1967,9 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
プリンタをダウンさせます. これは, <tt/disable/ をおこなっ
た後で, <tt/stop/ をおこなった場合と等価になります.
- <it/message/ は, ユーザが <tt/lpq/ コマンドでプリンタ
+ <it/message/ は, ユーザが
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> コマンドでプリンタ
のキューの状態を調べたり, <tt/lpc status/ でプリンタの
状態を調べたときに, プリンタの状況として表示されるメッ
セージです.
@@ -1927,8 +2023,12 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
たことと等しくなります.
</descrip>
- コマンドラインから上記のコマンドを入力すると, <tt/lpc/ はこれ
- を受け付けます. コマンドが入力されなかった場合は, <tt/lpc/ は
+ コマンドラインから上記のコマンドを入力すると,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> はこれ
+ を受け付けます. コマンドが入力されなかった場合は,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> は
対話モードに入り, <tt/exit/, <tt/quit/, または, ファイル終端
文字が入力されるまでコマンドの入力ができます.
@@ -2056,7 +2156,9 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
LPD が起動するフィルタと, その引数が何であるかは,
<tt>/etc/printcap</tt> ファイルの内容と, ジョブの起動時に
- ユーザが指定した <tt/lpr/ コマンドの引数に依存しています. 例え
+ ユーザが指定した
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドの引数に依存しています. 例え
ば, ユーザが <tt/lpr -t/ と入力した場合は, LPD は出力先のプリ
ンタ用の <tt/tf/ 項目で指定されている troff 用のフィルタを起動
させるでしょう. ユーザがプレインテキストの印字を指示したときは,
@@ -2277,7 +2379,8 @@ fi
です. テキストから PostScript へ変換するのには, お好みのどんなプロ
グラムでも使うことができます. FreeBSD の ポート集 (「<ref
id="ports" name="ポートコレクション">」を参照してください) には,
- <tt/a2ps/ と呼ばれるテキストから PostScript に変換するプログラムが
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=a2ps"
+ name="a2ps"> と呼ばれるテキストから PostScript に変換するプログラムが
入っています.
<em/訳注:/ 上記スクリプトでは, 先頭の行を読み込むために read
@@ -2323,7 +2426,9 @@ fi
次の例のスクリプトは, Hewlett Packard DeskJet 500 プリンタ用
のテキストフィルタです. 他のプリンタで用いるときは,
- <tt/-sDEVICE/ 引数を <tt/gs/ (Ghostscript) コマンドに変えてくだ
+ <tt/-sDEVICE/ 引数を
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=gs"
+ name="gs"> (Ghostscript) コマンドに変えてくだ
さい. (<tt/gs -h/ と入力すると, 現在インストールされている
Ghostscript でサポートされているデバイスのリストが得られます).
<code>
@@ -2506,7 +2611,9 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
#
exec /usr/local/bin/dvips -f | /usr/local/libexec/lprps "$@"
</code>
- このスクリプトでは, <tt/dvips/ をフィルタモード (引数
+ このスクリプトでは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvips"
+ name="dvips"> をフィルタモード (引数
<tt/-f/) で, 標準入力上で起動しています. 標準入力は印字
するジョブです. それから, PostScript プリンタ用フィ
ルタ <tt/lprps/ (これについては「<ref
@@ -2619,21 +2726,29 @@ exit 2
めに, DVI から LaserJet/PCL への変換プログラムが必要
です. FreeBSD のポート集 (「<ref id="ports" name="ポー
トコレクション">」を参照してください) には, それがあ
- ります. <tt/dvi2xx/ というのがそのパッケージの名前で
+ ります.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvi2xx"
+ name="dvi2xx"> というのがそのパッケージの名前で
す. これをインストールすると, 必要なプログラム
- <tt/dvilj2p/ が使えます. このプログラムは DVI を
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj2p"
+ name="dvilj2p"> が使えます. このプログラムは DVI を
LaserJet IIp, LaserJet III, そして LaserJet 2000 の互
換コードへ変換してくれます.
- <tt/dvilj2p/ はフィルタ <tt/hpdf/ を極めて複雑にしてい
- ます. なぜなら, <tt/dvilj2p/ は標準入力からデータを読
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj2p"
+ name="dvilj2p"> はフィルタ <tt/hpdf/ を極めて複雑にしてい
+ ます. なぜなら,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj2p"
+ name="dvilj2p"> は標準入力からデータを読
み込むことができないからです. このプログラムを働かせる
ためには, ファイル名が必要です. もっと悪いことに, ファ
イル名は <tt/.dvi/ で終わっている必要があり, 標準入力
の代わりに, <tt>/dev/fd/0</tt> を使うのは問題がありま
す. この問題は, (<tt/.dvi/ で終わる) 一時的なファイル名
から<tt>/dev/fd/0</tt> に (シンボリックな) リンクを張る
- ことで回避することができます. これで, <tt/dvilj2p/ に
+ ことで回避することができます. これで,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj2p"
+ name="dvilj2p"> に
強制的に標準入力からデータを読み込ませることができます.
もう1つの問題は, 一時的なリンクを張るために /tmp ディ
@@ -2724,7 +2839,9 @@ exit 0
<p> ここまでに述べてきたフィルタによって, 印字環境の能率が
上がったことと思います. しかし, これはどのフィルタを使
- うかを (<tt/lpr/ のコマンドライン上で) ユーザが指定しな
+ うかを (
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> のコマンドライン上で) ユーザが指定しな
くてはならないという代価を支払って実現されています. コ
ンピュータの事情にあまり詳しくないユーザにとって, フィ
ルタのオプションを指定させられるということはいらいらさ
@@ -2744,7 +2861,9 @@ exit 0
ては, 変換フィルタを提供するだけで済ますこともできるの
です.
- FreeBSD のポート集には, <tt/apsfilter/ と呼ばれる自
+ FreeBSD のポート集には,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=apsfilter"
+ name="apsfilter"> と呼ばれる自
動変換をおこなうテキストフィルタがあります. このフィルタは
プレインテキスト, PostScript, DVI ファイルを検
出し, 適当な変換をおこなった後, データを印字することができ
@@ -2967,7 +3086,9 @@ teak|hp|laserjet|Hewlett Packard LaserJet 3Si:\
のジョブ毎にヘッダページが印字されます. もし, ユーザが印字物を
探すのに時間を費やしたいと思うなら, <tt/lpr -h/ によってジョ
ブを入力することで, ヘッダページの印字を止めることができます.
- これ以外の <tt/lpr/ のオプションについては, 「<ref
+ これ以外の
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> のオプションについては, 「<ref
id="printing:lpr:options:misc" name="ヘッダページ用オプション">」
をご覧ください.
@@ -3545,7 +3666,9 @@ exec /usr/libexec/lpr/lpf "$@" | /usr/local/libexec/netprint scrivener 5100
複数部のコピーの印字によってプリンタが必要以上に消耗してしまう
と感じるならば, <tt>/etc/printcap</tt> ファイルに <tt/sc/ 項
- 目を加えてください. これにより, <tt/-&num;/ オプションの使用
+ 目を加えてください. これにより,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> の <tt/-&num;/ オプションの使用
が禁止されます. このオプションが指定されているにも関らず,
<tt/-&num;/ オプションを使うと, 次のようなメッセージが表示され,
このオプションの利用できない旨を伝えます.
@@ -3604,7 +3727,9 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
:lp=:rm=rose:rp=bamboo:sd=/var/spool/lpd/bamboo:sc:
</code>
<tt/sc/ 項目を指定することにより, <tt/lpr -&num;/ の使用を防
- ぐことができます. しかし, この状態では <tt/lpr/ を複数回起動し
+ ぐことができます. しかし, この状態では
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> を複数回起動し
たり, 1回のジョブで次のように同じファイルを複数個指定すること
を防ぐまでには至っていません.
<tscreen><verb>
@@ -3755,8 +3880,14 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
これらのファイルの形式は単純です. 各行にホストの名前を
1つずつ書いていきます. ファイル
- <tt>/etc/hosts.equiv</tt> の方は ruserok(3) プロトコル
- でも利用され, <tt/rsh/ や <tt/rcp/ といったプログラム
+ <tt>/etc/hosts.equiv</tt> の方は
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ruserok(3)"
+ name="ruserok(3)"> プロトコル
+ でも利用され,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?rsh"
+ name="rsh"> や
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?rcp"
+ name="rcp"> といったプログラム
の動作に影響するので注意が必要です.
<tt>/etc/hosts.equiv</tt> の記述は慎重におこないましょう.
@@ -3908,7 +4039,9 @@ echo 6144 > /var/spool/lpd/bamboo/minfree
設定できるように, 2個のプログラムを添付しています. そ
の内の1つはテキストフィルタ <tt/lpf/ で, これについて
は, 「<ref id="printing:advanced:lpf" name="テキストフィ
- ルタ lpf">」をご覧ください. もう1つは, <tt/pac/ で,
+ ルタ lpf">」をご覧ください. もう1つは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> で,
これはプリンタの課金データファイルからのエントリを集め,
これを合計するプログラムです.
@@ -3946,7 +4079,9 @@ echo 6144 > /var/spool/lpd/bamboo/minfree
す.
プリンタの利用に対してユーザに課金する準備ができたら,
- スプーリングディレクトリに移動した後, <tt/pac/ と入力
+ スプーリングディレクトリに移動した後,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> と入力
してください. 次のような, ドル中心主義の課金リストが表
示されます(訳注:ドル中心主義という表現は, 表示がドルで
出ることへの著者の皮肉でしょう. セントがあるので小数点
@@ -3963,7 +4098,8 @@ rose:root 26.00 12 $ 0.52
total 337.00 154 $ 6.74
</code>
- <tt/pac/ が受け付ける引数には次のようなものがあります.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> が受け付ける引数には次のようなものがあります.
<descrip>
<tag/<tt/-P<it/printer///
@@ -4006,7 +4142,8 @@ total 337.00 154 $ 6.74
ユーザ <it/names/ に対する課金情報のみを表示します.
</descrip>
- <tt/pac/ が生成するデフォルトのリストには, 各ホストのユーザ別
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> が生成するデフォルトのリストには, 各ホストのユーザ別
に印字ページ数が表示されます. (ユーザがサイト内のすべてのホスト
を使用できるため) ホスト名の情報が意味を持たない場合,
<tt/pac -m/ を実行してください. 次のようなリストが得られます.
@@ -4021,11 +4158,15 @@ zhang 9.00 1 $ 0.18
total 337.00 154 $ 6.74
</code>
- 課金額を決めるために, <tt/pac/ は <tt>/etc/printcap</tt> ファ
+ 課金額を決めるために,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> は <tt>/etc/printcap</tt> ファ
イルの <tt/pc/ 項目で指定された値 (デフォルト値は200, すなわち1
ページ当たり2セント) を使います. この項目で, 印字物に課金したい
と思う1ページ当たり, または, 1フィート当たりの価格を100分の1セ
- ント単位で指定します. <tt/pac/ を <tt/-p/ オプション付きで起動
+ ント単位で指定します.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> を <tt/-p/ オプション付きで起動
すると, この値を置き換えることができます. この <tt/-p/ オプショ
ンで指定する額の単位は, 100分の1セント単位ではなく, ドル単位で
す. 例えば, 次の指定では, 1ページ当たりの単価が1ドル50セントに
@@ -4038,7 +4179,9 @@ pac -p1.50
最後に, <tt/pac -s/ を起動すると, 課金情報は課金データ累計ファ
イルに保存されます. このファイルの名前は, プリンタの課金データ
ファイルの後ろに <tt/_sum/ を付けたものとなります. そして, 課
- 金データファイルは削除されます. 次に <tt/pac/ が起動されると,
+ 金データファイルは削除されます. 次に
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> が起動されると,
その時点までの累計金額を得るために, 課金データ累計ファイルが読
み込まれ, 通常の課金データファイルからの情報に加算されます.
@@ -4068,7 +4211,11 @@ pac -p1.50
よいのでしょうか.
まず, DVI から LaserJet, または, DVI から PostScript
- への変換の場合, フィルタが <tt/dvilj/ や <tt/dvips/ の
+ への変換の場合, フィルタが
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj"
+ name="dvilj"> や
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvips"
+ name="dvips"> の
出力メッセージを解析することで, 何ページ分の変換がおこなわ
れたかを知ることができます. 他のファイル形式とその変換
プログラムに関しても, 同様のことができるかもしれません.
diff --git a/ja_JP.EUC/handbook/printing.sgml b/ja_JP.EUC/handbook/printing.sgml
index 38dc0b1e3f..b7e475fed8 100644
--- a/ja_JP.EUC/handbook/printing.sgml
+++ b/ja_JP.EUC/handbook/printing.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: printing.sgml,v 1.11 1997-09-13 20:22:42 max Exp $ -->
+<!-- $Id: printing.sgml,v 1.12 1997-10-13 15:26:05 max Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.19 -->
+<!-- Original revision: 1.21 -->
<!-- This is an SGML document in the linuxdoc DTD describing
Printing with FreeBSD. By Sean Kelly, 1995.
@@ -390,7 +390,8 @@ lpt0 at 0x378-0x37f on isa
<bf> <tt>/dev</tt> エントリにポートを加えるために</bf>
<enum>
- <item> <tt/su/ コマンドで root になります. suコマンド
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?su"
+ name="su"> コマンドで root になります. suコマンド
でパスワードを聞かれたら, ルート用のパスワードを入力し
ます.
@@ -439,7 +440,9 @@ cd /dev
ラインを一つ消費します. うまく機能するものをお使いください.
通信モードを設定するためには2つの方法があります. 1つはカー
- ネルを変更することで, もう一つは <tt/lptcontrol/ プログ
+ ネルを変更することで, もう一つは
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptcontrol"
+ name="lptcontrol"> プログ
ラムを使用する方法です.
@@ -477,7 +480,8 @@ cd /dev
してください.
</enum>
- <bf> <tt/lptcontrol/で通信モードを設定する場合 </bf>
+ <bf> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptcontrol"
+ name="lptcontrol"> で通信モードを設定する場合 </bf>
<itemize>
<item>
<tt/lpt<it/N// をイベント駆動方式に設定する場合は,
@@ -495,8 +499,9 @@ cd /dev
</itemize>
これらのコマンドを <tt>/etc/rc.local</tt> ファイルに追加
しておくと, システムをブートする度に通信モードを設定する
- ことができます. 詳細については, lptcontrol(8) をご覧くだ
- さい.
+ ことができます. 詳細については,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptcontrol(8)"
+ name="lptcontrol(8)"> をご覧ください.
<sect3><heading> プリンタとの通信状況を調べる <label
id="printing:testing"></heading>
@@ -509,7 +514,8 @@ cd /dev
プリンタをテストするためには, プリンタに何かのテキストを送
信してみます. 送信した文字をすぐに印字してくれるプリンタに
- は, <tt/lptest/コマンドを使うと有用です. このコマンドは印
+ は, <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> コマンドを使うと有用です. このコマンドは印
字可能な96文字のASCII文字すべてを96行生成します.
PostScript (または他の言語に対応した) プリンタの場合
@@ -542,11 +548,13 @@ showpage
<bf> パラレルポートのプリンタをテストするために </bf>
<enum>
- <item> <tt/su/ コマンドで root になります.
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?su"
+ name="su"> コマンドで root になります.
<item> プリンタにデータを送ります.
<itemize>
- <item> プリンタがプレインテキストを印字できる場
- 合, <tt/lptest/ コマンドを使います. 次のように入
+ <item> プリンタがプレインテキストを印字できる場合,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest">. コマンドを使います. 次のように入
力してください.
<tscreen>
<tt>lptest > /dev/lpt<it/N/</tt>
@@ -589,7 +597,8 @@ showpage
<bf> シリアルポートのプリンタをテストするために </bf>
<enum>
- <item> <tt/su/ コマンドで root になります.
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?su"
+ name="su"> コマンドで root になります.
<item> <tt>/etc/remote</tt> ファイルを編集します. 次の
エントリを加えてください.
<tscreen>
@@ -610,7 +619,8 @@ showpage
printer:dv=/dev/ttyd2:br#19200:pa=none
</code>
- <item> <tt/tip/コマンドでプリンタと接続します. 次のよ
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?tip"
+ name="tip"> コマンドでプリンタと接続します. 次のよ
うに入力してください.
<tscreen><verb>
@@ -623,8 +633,9 @@ tip printer
<item> プリンタにデータを送ります.
<itemize>
- <item> プリンタがプレインテキストを印字できる場
- 合, <tt/lptest/ コマンドを使います. 次のように入
+ <item> プリンタがプレインテキストを印字できる場合,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest">. コマンドを使います. 次のように入
力してください.
<tscreen><verb>
~$lptest
@@ -647,7 +658,9 @@ tip printer
<tt>&tilde;&gt;<it/file/</tt>
</tscreen>
ここで, <it/file/ はプログラムが格納されている
- ファイル名です. <tt/tip/コマンドでファイルを送
+ ファイル名です.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> コマンドでファイルを送
信した後は, ファイル終了を表わすキーを入力する必要
があります.
</itemize>
@@ -671,12 +684,15 @@ tip printer
を参照します. そのため, ファイルを更新するとすぐにその変更が
反映されます.
- <tt/printcap/ ファイルの書式は簡単です.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?printcap"
+ name="printcap"> ファイルの書式は簡単です.
<tt>/etc/printcap</tt> の編集はお好みのテキストエディタをお
使いください. このファイルの書式は,
<tt>/usr/share/misc/termcap</tt> や <tt>/etc/remote</tt>
といった他のケイパビリティファイルと一致しています. この書式
- のついての詳細な情報については cgetent(3) をご覧ください.
+ のついての詳細な情報については
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?cgetent(3)"
+ name="cgetent(3)"> をご覧ください.
スプーラの単純な設定法は, 次のステップでおこないます.
@@ -710,7 +726,8 @@ tip printer
おこないます. 「<ref id="printing:textfilter"
name="テキストフィルタのインストール">」 を参照してください.
- <item> <tt/lpr/ コマンドで何かを印字することで設定のテス
+ <item> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドで何かを印字することで設定のテス
トをおこないます. <ref id="printing:trying" name="印字して
みよう"> と <ref id="printing:troubleshooting"
name="トラブルシューティング"> を参照してください.
@@ -837,7 +854,9 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
様々な事情によりスプーリングディレクトリは, 通常, 慣例
として <tt>/var/spool</tt> の下に置きます.
また, スプーリングディレクトリの内容はバックアップをす
- る必要はありません. <tt/mkdir/ によってディレクトリを
+ る必要はありません.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?mkdir"
+ name="mkdir"> によってディレクトリを
作るだけでスプーリングディレクトリの復旧は完了します.
@@ -1097,13 +1116,16 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
さらに, 設定をテストし, すべての問題点を解決しなくては
ならないからです. 設定をテストするために, 何かを印字し
てみましょう. LPD システムで印字をするためには,
- <tt/lpr/ コマンドを使います. このコマンドは, 印字する
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドを使います. このコマンドは, 印字する
ためのジョブを投入する働きをします.
- <tt/lpr/ コマンドを 「<ref id="printing:testing"
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドを 「<ref id="printing:testing"
name="プリンタとの通信状況を調べる">」で紹介した,
- あるテスト用のテキストを生成してくれる <tt/lptest/
- プログラムと一緒に使うこともできます.
+ あるテスト用のテキストを生成してくれる
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> プログラムと一緒に使うこともできます.
<bf> 簡単な LPD 設定をテストするために:</bf>
@@ -1114,15 +1136,19 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
ここで, <it/printer-name/ は <tt>/etc/printcap</tt>
で指定したプリンタ名 (もしくはその別名) です. デフォルト
のプリンタを使用する場合は, <tt/-P/ 引数を付けないで
- <tt/lpr/ を打ち込んでください. もう一度述べますが, ポス
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> を打ち込んでください. もう一度述べますが, ポス
トスクリプトを期待しているプリンタをテストするならば,
- <tt/lptest/ を使う代わりに PostScript で書かれたプ
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> を使う代わりに PostScript で書かれたプ
ログラムをプリンタに送ってください. プログラムを送るた
めには, プログラムをファイルに格納して, <tt/lpr
<it/file// と打ち込みます.
PostScript プリンタの場合, 送信したプログラムによ
- る結果が得られるでしょう. <tt/lptest/ を使った場合は,
+ る結果が得られるでしょう.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> を使った場合は,
以下のような結果が見られるでしょう.
<tscreen><verb>
@@ -1135,7 +1161,9 @@ $%&amp;'()*+,-./01234567
更にプリンタをテストしたい場合は, (言語ベースのプリン
タのための) もっと大きなプログラムを送信するか, 引数を
- 変えて <tt/lptest/ を実行します. 例えば, <tt/lptest
+ 変えて
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> を実行します. 例えば, <tt/lptest
80 60/ で それぞれ80文字の行を60行生成します.
プリンタがうまく動かなかった場合は, 次の節, 「<ref
@@ -1145,7 +1173,8 @@ $%&amp;'()*+,-./01234567
<sect3><heading>トラブルシューティング<label
id="printing:troubleshooting"></heading>
- <p> <tt/lptest/ を使った簡単なテストをおこなった結果, 正しい出
+ <p> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lptest"
+ name="lptest"> を使った簡単なテストをおこなった結果, 正しい出
力を得られずに, 以下に示すような出力が得られるかもしれ
ません.
<descrip>
@@ -1407,23 +1436,33 @@ rattan|line|diablo|lp|Diablo 630 Line Printer:\
<p> この節では, FreeBSD で設定したプリンタを使う方法について説明
します. ここでは, ユーザレベルでのコマンドを概説します.
<descrip>
- <tag/<tt/lpr//
+ <tag><htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"></tag>
印字をおこないます.
- <tag/<tt/lpq//
+ <tag><htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"></tag>
プリンタキューを調べます.
- <tag/<tt/lprm//
+ <tag><htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"></tag>
プリンタキューにあるジョブを削除します.
</descrip>
- 管理者用コマンド <tt/lpc/ もありますが, これは 「<ref
+ 管理者用コマンド
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> もありますが, これは 「<ref
id="printing:lpc" name="プリンタを管理する">」に記
します. このコマンドは, プリンタやそのキューの制御のために用い
られます.
- <tt/lpr/, <tt/lprm/, そして <tt/lpq/ の3コマンドは, 「<tt/-P/
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr">,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm">, そして
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> の3コマンドは, 「<tt/-P/
<it/printer-name/」オプションをとり, これによって,
<tt>/etc/printcap</tt> のように操作の対象となるプリンタやキュー
を指定します. これによって, 様々なプリンタに対してジョブを送る,
@@ -1445,7 +1484,9 @@ rattan|line|diablo|lp|Diablo 630 Line Printer:\
<tt>lpr <it/filename.../</tt>
</tscreen>
これにより, 入力されたファイルのそれぞれをデフォルトのプリンタ
- から印字します. ファイル名が与えられなかった場合, <tt/lpr/
+ から印字します. ファイル名が与えられなかった場合,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr">
は標準入力から印字するデータを読み込みます. 例えば, 次のコマン
ドにより, ある重要なシステムファイルが印字されます.
<tscreen><verb>
@@ -1460,11 +1501,13 @@ lpr /etc/host.conf /etc/hosts.equiv
<verb>
ls -l | lpr -P rattan
</verb></tscreen>
- 上記の <tt/lpr/ コマンドではファイル名の指定がないので,
+ 上記の <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドではファイル名の指定がないので,
<tt/lpr/ は標準入力から印字するデータ, この場合, <tt/ls -l/
コマンドの出力, を読み込みます.
- <tt/lpr/ コマンドでは, 出力の整形を制御したり, ファイル変換を
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドでは, 出力の整形を制御したり, ファイル変換を
適用したり, 複数部数のコピーを作成したり, などといた様々な幅広
いオプションを受け付けることもできます. 詳細については, 「<ref
id="printing:lpr:options" name="その他の印字オプション">」をご
@@ -1473,14 +1516,17 @@ ls -l | lpr -P rattan
<sect1><heading>ジョブの処理状況を調べる<label id="printing:lpq">
</heading>
- <p> <tt/lpr/ コマンドを使って印字をする場合, プリントしようと
+ <p> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドを使って印字をする場合, プリントしようと
するデータは<em/プリントジョブ/と呼ばれる箱に一緒に置かれ, こ
れが LPD スプーリングシステムに送られます. プリンタにはそれぞ
れ, ジョブ用のキューがあり, 送られてきたジョブはあなたや他のユー
ザからの別のジョブと一緒にそのキューで並んで, 処理される順番を
待ちます. プリンタは到着順にこれらのジョブの印字をおこないます.
- デフォルトプリンタのキューの状態を表示するには, <tt/lpq/ と入
+ デフォルトプリンタのキューの状態を表示するには,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> と入
力します. プリンタを指定するときは, <tt/-P/ オプションを使い
ます. 例えば, 次のコマンド
<tscreen><verb>
@@ -1504,22 +1550,29 @@ active kelly 9 /etc/host.conf, /etc/hosts.equiv 88 bytes
id="printing:lprm" name="ジョブの削除"> 」をご覧ください.
ジョブ番号9のジョブは2つのファイルを処理します. すなわち,
- <tt/lpr/ のコマンドラインに複数のファイル名が与えられたときは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> のコマンドラインに複数のファイル名が与えられたときは,
1つのジョブとして扱われるのです. このジョブは, 現在, アクティ
ブジョブ (「Rank」の欄の <tt/active/ という後に注目) になってい
ます. これは, プリンタからそのジョブが現在印字されているはずで
- あることを意味しています. 2番目のジョブでは, <tt/lpr/ コマン
+ あることを意味しています. 2番目のジョブでは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマン
ドに標準入力からデータが与えられています. 3番目のジョブはユー
ザ mary から与えられました. このジョブのサイズはとても大きくなっ
ています. 彼女がプリントしようとしたファイルのパス名はここで表
- 示させるには長すぎるため, <tt/lpq/ コマンドはドットを3つだけ
+ 示させるには長すぎるため,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> コマンドはドットを3つだけ
表示しています.
- <tt/lpq/ からの出力で一番最初の行もまた有益な情報を与えていま
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> からの出力で一番最初の行もまた有益な情報を与えていま
す. この行から, プリンタが現在何をしているか (あるいは, 少なく
とも LPD がプリンタがしていると思っていること) が分かります.
- <tt/lpq/ コマンドは <tt/-l/ オプションもサポートしています. こ
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> コマンドは <tt/-l/ オプションもサポートしています. こ
れにより, 詳しい情報が表示されます. <tt/lpq -l/ の実行例を次
に示します.
<tscreen><verb>
@@ -1540,13 +1593,17 @@ mary: 3rd [job 011rose]
id="printing:lprm"></heading>
<p> 印字するようジョブを送った後で印字を中断したくなったときは,
- <tt/lprm/ コマンドで, キューの中からそのジョブを削除することが
- できます. 大抵の場合, アクティブジョブでさえも <tt/lprm/ を使っ
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> コマンドで, キューの中からそのジョブを削除することが
+ できます. 大抵の場合, アクティブジョブでさえも
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> を使っ
て削除することができますが, そのジョブの一部またはすべてが印字さ
れてしまうかもしれません.
デフォルトプリンタへのジョブを削除するためには, 最初に,
- <tt/lpq/ を使ってそのジョブ番号を調べます. すなわち, それから,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> を使ってそのジョブ番号を調べます. すなわち, それから,
次のように入力して, ジョブを削除します.
<tscreen>
<tt/lprm <it/job-number//
@@ -1557,7 +1614,8 @@ mary: 3rd [job 011rose]
<tscreen><verb>
lprm -P bamboo 10
</verb></tscreen>
- <tt/lprm/ コマンドには略記法がいくつかあります.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> コマンドには略記法がいくつかあります.
<descrip>
<tag/lprm -/
@@ -1574,7 +1632,9 @@ lprm -P bamboo 10
<tag/lprm/
ジョブ番号もユーザ名もシンボル「<tt/-/」も指定されない
- ときは, <tt/lprm/ は現在のアクティブジョブを, そのジョ
+ ときは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> は現在のアクティブジョブを, そのジョ
ブを送ったのがあなた自身であるときに限り, デフォルトプ
リンタから削除します. ただし, スーパユーザは任意のア
クティブジョブを削除することができます.
@@ -1590,7 +1650,9 @@ lprm -P rattan -
</verb></tscreen>
<em/注意:/ ネットワーク環境で作業をしている場合, あるホストか
- ら送られたプリンタジョブは, これを送ったホストで <tt/lprm/ を
+ ら送られたプリンタジョブは, これを送ったホストで
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lprm"
+ name="lprm"> を
使った場合に限って, これを削除することができます. 他のホストで
同じプリンタを使えたとしても, このジョブを削除することはできま
せん. 次の例では, 他ホストからジョブを削除することを試みていま
@@ -1614,7 +1676,8 @@ rose%
<sect1><heading>その他の印字オプション
<label id="printing:lpr:options"></heading>
- <p> <tt/lpr/ コマンドには, テキストの整形や, 図や他のファイル形
+ <p> <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドには, テキストの整形や, 図や他のファイル形
式の変換, 複数部コピーの生成, ジョブの扱いなどをを制御すること
ができます. この節では, これに関するオプションについて記してい
ます.
@@ -1622,9 +1685,12 @@ rose%
<sect2><heading> 整形と変換に関するオプション <label
id="printing:lpr:options:format"></heading>
- <p> 以下の <tt/lpr/ 用のオプションはジョブにおけるファイルの
+ <p> 以下の <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> 用のオプションはジョブにおけるファイルの
整形の制御に関するものです. このオプションは, ジョブにプレイン
- テキストが含まれない場合や <tt/pr/ ユーティリティを使ってプレイ
+ テキストが含まれない場合や
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pr"
+ name="pr"> ユーティリティを使ってプレイ
ンテキストを整形する場合に用いてください.
@@ -1674,8 +1740,12 @@ lpr -P bamboo -d fish-report.dvi
<tag/-p/
- 印字する前に <tt/pr/ によってプレインテキストを整形し
- ます. 詳細については pr(1) をご覧ください.
+ 印字する前に
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pr"
+ name="pr"> によってプレインテキストを整形し
+ ます. 詳細については
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pr(1)"
+ name="pr(1)"> をご覧ください.
<tag/<tt/-T <it/title///
@@ -1689,23 +1759,36 @@ lpr -P bamboo -d fish-report.dvi
</descrip>
- 次の例では, <tt/ls/ のマニュアルを美しく整形したものをデフォ
+ 次の例では,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ls"
+ name="ls"> のマニュアルを美しく整形したものをデフォ
ルトプリンタで印字しています.
<tscreen><verb>
zcat /usr/share/man/man1/ls.1.gz | troff -t -man | lpr -t
</verb></tscreen>
- <tt/zcat/ コマンドで <tt/ls/ のマニュアルのソースファイルの圧
- 縮を復元し, これを <tt/troff/ コマンドに渡しています. これによ
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?zcat"
+ name="zcat"> コマンドで
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ls"
+ name="ls"> のマニュアルのソースファイルの圧
+ 縮を復元し, これを
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?troff"
+ name="troff"> コマンドに渡しています. これによ
り, ソースファイルが整形され, GNU troff の形式となります. そ
- の結果は <tt/lpr/ に渡され, LPD スプーラへジョブの要求が発せ
- られます. <tt/lpr/ には <tt/-t/ オプションが使われているため,
+ の結果は
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> に渡され, LPD スプーラへジョブの要求が発せ
+ られます.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> には <tt/-t/ オプションが使われているため,
スプーラにて, GNU troff の形式からジョブを印字したときにデフォ
ルトプリントが解釈できる形式へと変換されます.
<sect2><heading> ジョブに関するオプション <label
id="printing:lpr:options:job-handling"></heading>
- <p> 以下のオプションは, <tt/lpr/ によって, そのジョブを特殊
+ <p> 以下のオプションは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> によって, そのジョブを特殊
な扱いにするよう LPD に指示するためのものである.
<descrip>
@@ -1768,7 +1851,9 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
id="printing:lpr:options:misc"></heading>
<p> 以下のオプションにより, ジョブのヘッダページに通常印字さ
- れるテキストを <tt/lpr/ に調整させることができます. 対象のプリ
+ れるテキストを
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> に調整させることができます. 対象のプリ
ンタからヘッダページが出力されない場合は, これらのオプションは
何の効力も持ちません. ヘッダページの設定に関する情報については,
「<ref name="ヘッダページ"
@@ -1801,9 +1886,12 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
id="printing:lpc"></heading>
<p> プリンタの管理者として, プリンタの設置, 設定, そして, それ
- らのテストをおこなう必要がありました. <tt/lpc/ コマンドにより,
+ らのテストをおこなう必要がありました.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> コマンドにより,
これまでとは別な管理方法がプリンタと対話的におこなわれます.
- <tt/lpc/ により, 次のことが可能となります.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> により, 次のことが可能となります.
<itemize>
<item> プリンタの起動, 停止をおこなう.
@@ -1827,12 +1915,18 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
る/状態にすることは可能です. この場合は, キューが空になるまで,
キュー内のジョブの印字が続けられます.
- 一般的に, <tt/lpc/ コマンドを使用するには root の権限を持って
- いる必要があります. 一般のユーザも <tt/lpc/ コマンドを使うこと
+ 一般的に,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> コマンドを使用するには root の権限を持って
+ いる必要があります. 一般のユーザも
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> コマンドを使うこと
はできますが, プリンタの状態を取得することとハングしたプリンタ
を再スタートすることだけに使用が制限されています.
- 以下に, <tt/lpc/ コマンドに関する説明の要約を述べます. ほとん
+ 以下に,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> コマンドに関する説明の要約を述べます. ほとん
どのコマンドでは, 操作対象となるプリンタを指定するため
<it/printer-name/ 引数を与えます. <it/printer-name/ の代わり
に <tt/all/ が与えられると, 操作は <tt>/etc/printcap</tt> 内に
@@ -1873,7 +1967,9 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
プリンタをダウンさせます. これは, <tt/disable/ をおこなっ
た後で, <tt/stop/ をおこなった場合と等価になります.
- <it/message/ は, ユーザが <tt/lpq/ コマンドでプリンタ
+ <it/message/ は, ユーザが
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpq"
+ name="lpq"> コマンドでプリンタ
のキューの状態を調べたり, <tt/lpc status/ でプリンタの
状態を調べたときに, プリンタの状況として表示されるメッ
セージです.
@@ -1927,8 +2023,12 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
たことと等しくなります.
</descrip>
- コマンドラインから上記のコマンドを入力すると, <tt/lpc/ はこれ
- を受け付けます. コマンドが入力されなかった場合は, <tt/lpc/ は
+ コマンドラインから上記のコマンドを入力すると,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> はこれ
+ を受け付けます. コマンドが入力されなかった場合は,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpc"
+ name="lpc"> は
対話モードに入り, <tt/exit/, <tt/quit/, または, ファイル終端
文字が入力されるまでコマンドの入力ができます.
@@ -2056,7 +2156,9 @@ lpr -#3 parser.c parser.h
LPD が起動するフィルタと, その引数が何であるかは,
<tt>/etc/printcap</tt> ファイルの内容と, ジョブの起動時に
- ユーザが指定した <tt/lpr/ コマンドの引数に依存しています. 例え
+ ユーザが指定した
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> コマンドの引数に依存しています. 例え
ば, ユーザが <tt/lpr -t/ と入力した場合は, LPD は出力先のプリ
ンタ用の <tt/tf/ 項目で指定されている troff 用のフィルタを起動
させるでしょう. ユーザがプレインテキストの印字を指示したときは,
@@ -2277,7 +2379,8 @@ fi
です. テキストから PostScript へ変換するのには, お好みのどんなプロ
グラムでも使うことができます. FreeBSD の ポート集 (「<ref
id="ports" name="ポートコレクション">」を参照してください) には,
- <tt/a2ps/ と呼ばれるテキストから PostScript に変換するプログラムが
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=a2ps"
+ name="a2ps"> と呼ばれるテキストから PostScript に変換するプログラムが
入っています.
<em/訳注:/ 上記スクリプトでは, 先頭の行を読み込むために read
@@ -2323,7 +2426,9 @@ fi
次の例のスクリプトは, Hewlett Packard DeskJet 500 プリンタ用
のテキストフィルタです. 他のプリンタで用いるときは,
- <tt/-sDEVICE/ 引数を <tt/gs/ (Ghostscript) コマンドに変えてくだ
+ <tt/-sDEVICE/ 引数を
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=gs"
+ name="gs"> (Ghostscript) コマンドに変えてくだ
さい. (<tt/gs -h/ と入力すると, 現在インストールされている
Ghostscript でサポートされているデバイスのリストが得られます).
<code>
@@ -2506,7 +2611,9 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
#
exec /usr/local/bin/dvips -f | /usr/local/libexec/lprps "$@"
</code>
- このスクリプトでは, <tt/dvips/ をフィルタモード (引数
+ このスクリプトでは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvips"
+ name="dvips"> をフィルタモード (引数
<tt/-f/) で, 標準入力上で起動しています. 標準入力は印字
するジョブです. それから, PostScript プリンタ用フィ
ルタ <tt/lprps/ (これについては「<ref
@@ -2619,21 +2726,29 @@ exit 2
めに, DVI から LaserJet/PCL への変換プログラムが必要
です. FreeBSD のポート集 (「<ref id="ports" name="ポー
トコレクション">」を参照してください) には, それがあ
- ります. <tt/dvi2xx/ というのがそのパッケージの名前で
+ ります.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvi2xx"
+ name="dvi2xx"> というのがそのパッケージの名前で
す. これをインストールすると, 必要なプログラム
- <tt/dvilj2p/ が使えます. このプログラムは DVI を
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj2p"
+ name="dvilj2p"> が使えます. このプログラムは DVI を
LaserJet IIp, LaserJet III, そして LaserJet 2000 の互
換コードへ変換してくれます.
- <tt/dvilj2p/ はフィルタ <tt/hpdf/ を極めて複雑にしてい
- ます. なぜなら, <tt/dvilj2p/ は標準入力からデータを読
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj2p"
+ name="dvilj2p"> はフィルタ <tt/hpdf/ を極めて複雑にしてい
+ ます. なぜなら,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj2p"
+ name="dvilj2p"> は標準入力からデータを読
み込むことができないからです. このプログラムを働かせる
ためには, ファイル名が必要です. もっと悪いことに, ファ
イル名は <tt/.dvi/ で終わっている必要があり, 標準入力
の代わりに, <tt>/dev/fd/0</tt> を使うのは問題がありま
す. この問題は, (<tt/.dvi/ で終わる) 一時的なファイル名
から<tt>/dev/fd/0</tt> に (シンボリックな) リンクを張る
- ことで回避することができます. これで, <tt/dvilj2p/ に
+ ことで回避することができます. これで,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj2p"
+ name="dvilj2p"> に
強制的に標準入力からデータを読み込ませることができます.
もう1つの問題は, 一時的なリンクを張るために /tmp ディ
@@ -2724,7 +2839,9 @@ exit 0
<p> ここまでに述べてきたフィルタによって, 印字環境の能率が
上がったことと思います. しかし, これはどのフィルタを使
- うかを (<tt/lpr/ のコマンドライン上で) ユーザが指定しな
+ うかを (
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> のコマンドライン上で) ユーザが指定しな
くてはならないという代価を支払って実現されています. コ
ンピュータの事情にあまり詳しくないユーザにとって, フィ
ルタのオプションを指定させられるということはいらいらさ
@@ -2744,7 +2861,9 @@ exit 0
ては, 変換フィルタを提供するだけで済ますこともできるの
です.
- FreeBSD のポート集には, <tt/apsfilter/ と呼ばれる自
+ FreeBSD のポート集には,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=apsfilter"
+ name="apsfilter"> と呼ばれる自
動変換をおこなうテキストフィルタがあります. このフィルタは
プレインテキスト, PostScript, DVI ファイルを検
出し, 適当な変換をおこなった後, データを印字することができ
@@ -2967,7 +3086,9 @@ teak|hp|laserjet|Hewlett Packard LaserJet 3Si:\
のジョブ毎にヘッダページが印字されます. もし, ユーザが印字物を
探すのに時間を費やしたいと思うなら, <tt/lpr -h/ によってジョ
ブを入力することで, ヘッダページの印字を止めることができます.
- これ以外の <tt/lpr/ のオプションについては, 「<ref
+ これ以外の
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> のオプションについては, 「<ref
id="printing:lpr:options:misc" name="ヘッダページ用オプション">」
をご覧ください.
@@ -3545,7 +3666,9 @@ exec /usr/libexec/lpr/lpf "$@" | /usr/local/libexec/netprint scrivener 5100
複数部のコピーの印字によってプリンタが必要以上に消耗してしまう
と感じるならば, <tt>/etc/printcap</tt> ファイルに <tt/sc/ 項
- 目を加えてください. これにより, <tt/-&num;/ オプションの使用
+ 目を加えてください. これにより,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> の <tt/-&num;/ オプションの使用
が禁止されます. このオプションが指定されているにも関らず,
<tt/-&num;/ オプションを使うと, 次のようなメッセージが表示され,
このオプションの利用できない旨を伝えます.
@@ -3604,7 +3727,9 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
:lp=:rm=rose:rp=bamboo:sd=/var/spool/lpd/bamboo:sc:
</code>
<tt/sc/ 項目を指定することにより, <tt/lpr -&num;/ の使用を防
- ぐことができます. しかし, この状態では <tt/lpr/ を複数回起動し
+ ぐことができます. しかし, この状態では
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?lpr"
+ name="lpr"> を複数回起動し
たり, 1回のジョブで次のように同じファイルを複数個指定すること
を防ぐまでには至っていません.
<tscreen><verb>
@@ -3755,8 +3880,14 @@ bamboo|ps|PS|S|panasonic|Panasonic KX-P4455 PostScript v51.4:\
これらのファイルの形式は単純です. 各行にホストの名前を
1つずつ書いていきます. ファイル
- <tt>/etc/hosts.equiv</tt> の方は ruserok(3) プロトコル
- でも利用され, <tt/rsh/ や <tt/rcp/ といったプログラム
+ <tt>/etc/hosts.equiv</tt> の方は
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?ruserok(3)"
+ name="ruserok(3)"> プロトコル
+ でも利用され,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?rsh"
+ name="rsh"> や
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?rcp"
+ name="rcp"> といったプログラム
の動作に影響するので注意が必要です.
<tt>/etc/hosts.equiv</tt> の記述は慎重におこないましょう.
@@ -3908,7 +4039,9 @@ echo 6144 > /var/spool/lpd/bamboo/minfree
設定できるように, 2個のプログラムを添付しています. そ
の内の1つはテキストフィルタ <tt/lpf/ で, これについて
は, 「<ref id="printing:advanced:lpf" name="テキストフィ
- ルタ lpf">」をご覧ください. もう1つは, <tt/pac/ で,
+ ルタ lpf">」をご覧ください. もう1つは,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> で,
これはプリンタの課金データファイルからのエントリを集め,
これを合計するプログラムです.
@@ -3946,7 +4079,9 @@ echo 6144 > /var/spool/lpd/bamboo/minfree
す.
プリンタの利用に対してユーザに課金する準備ができたら,
- スプーリングディレクトリに移動した後, <tt/pac/ と入力
+ スプーリングディレクトリに移動した後,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> と入力
してください. 次のような, ドル中心主義の課金リストが表
示されます(訳注:ドル中心主義という表現は, 表示がドルで
出ることへの著者の皮肉でしょう. セントがあるので小数点
@@ -3963,7 +4098,8 @@ rose:root 26.00 12 $ 0.52
total 337.00 154 $ 6.74
</code>
- <tt/pac/ が受け付ける引数には次のようなものがあります.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> が受け付ける引数には次のようなものがあります.
<descrip>
<tag/<tt/-P<it/printer///
@@ -4006,7 +4142,8 @@ total 337.00 154 $ 6.74
ユーザ <it/names/ に対する課金情報のみを表示します.
</descrip>
- <tt/pac/ が生成するデフォルトのリストには, 各ホストのユーザ別
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> が生成するデフォルトのリストには, 各ホストのユーザ別
に印字ページ数が表示されます. (ユーザがサイト内のすべてのホスト
を使用できるため) ホスト名の情報が意味を持たない場合,
<tt/pac -m/ を実行してください. 次のようなリストが得られます.
@@ -4021,11 +4158,15 @@ zhang 9.00 1 $ 0.18
total 337.00 154 $ 6.74
</code>
- 課金額を決めるために, <tt/pac/ は <tt>/etc/printcap</tt> ファ
+ 課金額を決めるために,
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> は <tt>/etc/printcap</tt> ファ
イルの <tt/pc/ 項目で指定された値 (デフォルト値は200, すなわち1
ページ当たり2セント) を使います. この項目で, 印字物に課金したい
と思う1ページ当たり, または, 1フィート当たりの価格を100分の1セ
- ント単位で指定します. <tt/pac/ を <tt/-p/ オプション付きで起動
+ ント単位で指定します.
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> を <tt/-p/ オプション付きで起動
すると, この値を置き換えることができます. この <tt/-p/ オプショ
ンで指定する額の単位は, 100分の1セント単位ではなく, ドル単位で
す. 例えば, 次の指定では, 1ページ当たりの単価が1ドル50セントに
@@ -4038,7 +4179,9 @@ pac -p1.50
最後に, <tt/pac -s/ を起動すると, 課金情報は課金データ累計ファ
イルに保存されます. このファイルの名前は, プリンタの課金データ
ファイルの後ろに <tt/_sum/ を付けたものとなります. そして, 課
- 金データファイルは削除されます. 次に <tt/pac/ が起動されると,
+ 金データファイルは削除されます. 次に
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?pac"
+ name="pac"> が起動されると,
その時点までの累計金額を得るために, 課金データ累計ファイルが読
み込まれ, 通常の課金データファイルからの情報に加算されます.
@@ -4068,7 +4211,11 @@ pac -p1.50
よいのでしょうか.
まず, DVI から LaserJet, または, DVI から PostScript
- への変換の場合, フィルタが <tt/dvilj/ や <tt/dvips/ の
+ への変換の場合, フィルタが
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvilj"
+ name="dvilj"> や
+ <htmlurl url="http://www.freebsd.org/cgi/man.cgi?manpath=FreeBSD+Ports&amp;query=dvips"
+ name="dvips"> の
出力メッセージを解析することで, 何ページ分の変換がおこなわ
れたかを知ることができます. 他のファイル形式とその変換
プログラムに関しても, 同様のことができるかもしれません.