aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorMasafumi Max NAKANE <max@FreeBSD.org>1997-10-19 21:54:18 +0000
committerMasafumi Max NAKANE <max@FreeBSD.org>1997-10-19 21:54:18 +0000
commit87b7e9f3987c6c50aa8c6f072c25dff2d1c0cfd8 (patch)
treebebf9f4d99d6a9eaf8a595b8845a3f60f5acb4a7
parent82215be1b951429317370e0ea0c0417155c7a140 (diff)
downloaddoc-87b7e9f3987c6c50aa8c6f072c25dff2d1c0cfd8.tar.gz
doc-87b7e9f3987c6c50aa8c6f072c25dff2d1c0cfd8.zip
Bump the ``Original revision:'' by one. (Typo and grammar changes.)
Also, change the wording slightly in some place to make the translation consistent. Submitted by: yoshiaki@kt.rim.or.jp
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=2086
-rw-r--r--ja/handbook/kerneldebug.sgml8
-rw-r--r--ja_JP.EUC/handbook/kerneldebug.sgml8
2 files changed, 8 insertions, 8 deletions
diff --git a/ja/handbook/kerneldebug.sgml b/ja/handbook/kerneldebug.sgml
index 3c5f1e1d09..2a1fb89432 100644
--- a/ja/handbook/kerneldebug.sgml
+++ b/ja/handbook/kerneldebug.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: kerneldebug.sgml,v 1.9 1997-08-25 05:51:57 max Exp $ -->
+<!-- $Id: kerneldebug.sgml,v 1.10 1997-10-19 21:54:18 max Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.16 -->
+<!-- Original revision: 1.17 -->
<chapt><heading>カーネルデバッグ<label id="kerneldebug"></heading>
@@ -35,7 +35,7 @@
ありません. カーネルがブート時に crash する場合のクラッシュダンプを取り
たい時だけ使うべきです.
- <em><bf>Note:</bf> 以下では `<tt>kgdb</tt>'という用語は <tt>gdb</tt>を
+ <em><bf>注:</bf> 以下では `<tt>kgdb</tt>'という用語は <tt>gdb</tt>を
カーネルデバッグモードで動かしていることを意味します. <tt>gdb</tt>を
<tt>-k</tt>オプションをつけて起動するか <tt>kgdb</tt>という名前でリン
クして起動することでこのモードになります. デフォルトでは このリンク
@@ -318,7 +318,7 @@
</verb></tscreen>
によっておこなうことができます.
- <bf>Note:</bf> これは <tt>gdb</tt> の `next' 命令とは異ります.
+ <bf>注:</bf> これは <tt>gdb</tt> の `next' 命令とは異ります.
<tt>gdb</tt>の `finish'命令と似ています.
メモリ上のデータを調べるには (例として) 次のようにします.
diff --git a/ja_JP.EUC/handbook/kerneldebug.sgml b/ja_JP.EUC/handbook/kerneldebug.sgml
index 3c5f1e1d09..2a1fb89432 100644
--- a/ja_JP.EUC/handbook/kerneldebug.sgml
+++ b/ja_JP.EUC/handbook/kerneldebug.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: kerneldebug.sgml,v 1.9 1997-08-25 05:51:57 max Exp $ -->
+<!-- $Id: kerneldebug.sgml,v 1.10 1997-10-19 21:54:18 max Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.16 -->
+<!-- Original revision: 1.17 -->
<chapt><heading>カーネルデバッグ<label id="kerneldebug"></heading>
@@ -35,7 +35,7 @@
ありません. カーネルがブート時に crash する場合のクラッシュダンプを取り
たい時だけ使うべきです.
- <em><bf>Note:</bf> 以下では `<tt>kgdb</tt>'という用語は <tt>gdb</tt>を
+ <em><bf>注:</bf> 以下では `<tt>kgdb</tt>'という用語は <tt>gdb</tt>を
カーネルデバッグモードで動かしていることを意味します. <tt>gdb</tt>を
<tt>-k</tt>オプションをつけて起動するか <tt>kgdb</tt>という名前でリン
クして起動することでこのモードになります. デフォルトでは このリンク
@@ -318,7 +318,7 @@
</verb></tscreen>
によっておこなうことができます.
- <bf>Note:</bf> これは <tt>gdb</tt> の `next' 命令とは異ります.
+ <bf>注:</bf> これは <tt>gdb</tt> の `next' 命令とは異ります.
<tt>gdb</tt>の `finish'命令と似ています.
メモリ上のデータを調べるには (例として) 次のようにします.