aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorKazuo Horikawa <horikawa@FreeBSD.org>2000-11-15 03:14:00 +0000
committerKazuo Horikawa <horikawa@FreeBSD.org>2000-11-15 03:14:00 +0000
commit15f814a3e411e7be6c3795f527cab2af18bf6944 (patch)
tree6767087c1617985e648186ec5811207c83f5754f
parenta564e169c48449c5f554d001aed6ad9e7d65b864 (diff)
downloaddoc-15f814a3e411e7be6c3795f527cab2af18bf6944.tar.gz
doc-15f814a3e411e7be6c3795f527cab2af18bf6944.zip
change wording
Submitted by: Mori Kouji <mori@tri.asanuma.co.jp>
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=8363
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/route6d.85
1 files changed, 3 insertions, 2 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/route6d.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/route6d.8
index 6c81078f34..79628f1153 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/route6d.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/route6d.8
@@ -56,9 +56,10 @@
.It Fl a
静的に定義された経路のエイジングを有効にします。
このオプションが指定されると、静的に定義された経路は、
+あたかも
.Nm
-の開始時に経路を受信した場合と同じように対応する更新を受け取る場合、
-削除を免れますが、そうでない場合、削除されます。
+の開始時にその経路を受け取ったかのように、
+対応する経路更新情報が到着しないと削除されことになります。
.\"
.It Fl R Ar routelog
このオプションは