aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorKazuo Horikawa <horikawa@FreeBSD.org>2003-10-13 02:42:27 +0000
committerKazuo Horikawa <horikawa@FreeBSD.org>2003-10-13 02:42:27 +0000
commitcd90e6f2186253aa61cb961d7d546b0a41d19cd0 (patch)
tree8260477300f9c1a8e28fe97ad6ba424795ebf24f
parent775db488ec68313b5200e8d9fbb466d8d196c58e (diff)
downloaddoc-cd90e6f2186253aa61cb961d7d546b0a41d19cd0.tar.gz
doc-cd90e6f2186253aa61cb961d7d546b0a41d19cd0.zip
Catch up with 5.1-CURRENT-20031005-JPSNAP
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=18417
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/Makefile1
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/cdcontrol.18
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/colldef.158
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/doscmd.12
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/fetch.15
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/file.18
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/getconf.14
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/grotty.18
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/make.113
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/mt.18
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/pawd.18
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/pkg_create.14
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/ps.14
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/rlogin.132
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/script.16
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/sh.14
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/sort.14
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/su.17
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/symorder.197
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/tcopy.14
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/tftp.171
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/tip.14
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/top.14
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/a.out.510
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/amd.conf.5123
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/core.58
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/device.hints.56
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/dhclient.conf.54
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/dhcp-options.520
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/dir.54
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/elf.516
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/fs.510
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/group.54
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/isdnd.rc.52
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/link.54
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/make.conf.552
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/procfs.58
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/publickey.55
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/pw.conf.54
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/rc.conf.517
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/rtadvd.conf.52
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/ssh_config.56
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/sshd_config.56
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/stab.56
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man5/utmp.54
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man7/groff_mdoc.717
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man7/hier.77
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man7/ports.75
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man7/release.72
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man7/tuning.74
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/adduser.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/amd.86
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/amq.86
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/boot0cfg.82
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/bsdlabel.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/edquota.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/fixmount.86
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/fsdb.82
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/fsinfo.86
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/ftpd.813
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/hlfsd.86
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/ifconfig.89
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/ip6fw.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/ipfw.826
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/isdndebug.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/mk-amd-map.86
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/mksnap_ffs.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/mount_cd9660.812
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/mount_msdosfs.868
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/mount_nfs.86
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/mount_ntfs.823
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/mrouted.82
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/mtree.82
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/natd.810
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/newfs.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/ping.85
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/ppp.813
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/rarpd.810
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/route.811
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/rtsold.88
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/savecore.814
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/sendmail.812
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/smrsh.816
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/sticky.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/sysctl.818
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/syslogd.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/talkd.84
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/timed.819
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/vinum.88
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/wicontrol.8139
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/wire-test.86
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man8/zzz.84
92 files changed, 725 insertions, 529 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/Makefile b/ja_JP.eucJP/man/man1/Makefile
index b74d0b7158..25bd4899c9 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/Makefile
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/Makefile
@@ -304,7 +304,6 @@ MAN1 = addftinfo.1\
strip.1\
stty.1\
su.1\
- symorder.1\
systat.1\
tabs.1\
tail.1\
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/cdcontrol.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/cdcontrol.1
index 9707178188..d4f9353834 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/cdcontrol.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/cdcontrol.1
@@ -180,10 +180,10 @@ LBA ioctl モードに設定します。
が選ばれたため、これらの変数の価値は低下しています。
.El
.Sh 関連ファイル
-.Bl -tag -width ".Pa /dev/mcd0c" -compact
-.It Pa /dev/cd0c
-.It Pa /dev/mcd0c
-.It Pa /dev/acd0c
+.Bl -tag -width ".Pa /dev/mcd0" -compact
+.It Pa /dev/cd0
+.It Pa /dev/mcd0
+.It Pa /dev/acd0
.El
.Sh 作者
.An Jean-Marc Zucconi
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/colldef.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/colldef.1
index dbc68995ca..b8f744a69e 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/colldef.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/colldef.1
@@ -23,7 +23,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/colldef/colldef.1,v 1.18 2002/11/26 17:33:34 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/colldef/colldef.1,v 1.20 2003/09/14 13:41:57 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -47,14 +47,14 @@
関数で使えるフォーマットに変換します。すなわち、文字列をソートや照合で
きるようにする様々な方法を定義するために使われます。
.Fn strxfrm
-は、その第一引数を変換して第二引数の結果に置き換えます。
+関数は、その第一引数を変換して第二引数の結果に置き換えます。
変換された文字列は、
.Fn strcmp ,
.Fn strncmp ,
.Fn memcmp
を使って別の変換された文字列と比較して正しくソートできるようになります。
.Fn strcoll
-はその引数を変換し、比較を行ないます。
+関数はその引数を変換し、比較を行ないます。
.Pp
.Nm
ユーティリティは、
@@ -63,10 +63,9 @@ filename に格納します。
生成される出力ファイルの内容は、システムコマンドやシステムルーチンが
使える形式の照合シークエンス情報を持つデータベースです。
.Pp
-オプションリスト:
-.Bl -tag -width 4n
+次のオプションが使用可能です:
+.Bl -tag -width indent
.It Fl I Ar map_dir
-このオプションは
.Ar charmap
ファイルを探すディレクトリ名を設定します。
デフォルトでカレントディレクトリです。
@@ -96,10 +95,12 @@ filename に格納します。
なりません。 orderステートメントの後のステートメントは無視されます。
.Pp
指定ファイルの中で
-.Ar #
+.Em #
で始まる行はコメントと扱われ、無視されます。空行も無視されます。
.Pp
-.Ar charmap charmapfile
+.Bd -literal -offset indent
+charmap charmapfile
+.Ed
.Pp
.Ar charmap
は、文字のマッピングと実際の文字エンコーディングへの照合要素シンボル
@@ -110,18 +111,23 @@ filename に格納します。
シンボル名とその値は、タブまたは空白文字によって区切られます。
symbol-value は 16 進 (\ex\fI??\fR) または 8 進 (\e\fI???\fR)
表現で指定でき、長さは一文字を意味します。
-.Bd -literal
-.Ar symbol-name1 symbol-value1
-.Ar symbol-name2 symbol-value2
-.Ar ...
+.Pp
+.Bd -literal -offset indent
+symbol-name1 symbol-value1
+symbol-name2 symbol-value2
+\&...
.Ed
+.Pp
+シンボル名は
+.Ar substitute
+フィールドでは指定できません。
+.Pp
.Ar charmap
ステートメントはオプション指定です。
.Pp
-.Ar substitute
-\fIsymbol\fR
-.Ar with
-\fIrepl_string\fR
+.Bd -literal -offset indent
+substitute "symbol" with "repl_string"
+.Ed
.Pp
.Ar substitute
ステートメントは、文字
@@ -133,7 +139,9 @@ symbol-value は 16 進 (\ex\fI??\fR) または 8 進 (\e\fI???\fR)
.Ar substitute
ステートメントはオプション指定です。
.Pp
-.Ar order order_list
+.Bd -literal -offset indent
+order order_list
+.Ed
.Pp
.Ar order_list
は、セミコロンで区切られた、照合シークエンスを定義する
@@ -149,17 +157,19 @@ orderリストの要素は、次の方法のうちのどれかで表現できます。
.Ar a
.Ar a
-と書きます)
+と書きます)。
.It
8 進表現のシンボル (例えば、文字
.Ar a
には
.Ar \e141 )
+。
.It
16 進表現のシンボル (例えば、文字
.Ar a
には
.Ar \ex61 )
+。
.It
.Ar charmap
ファイル内で定義されたシンボル名 (例えば、
@@ -192,9 +202,11 @@ orderリストの要素は、次の方法のうちのどれかで表現できます。
.Ar abc ,
.Ar <letterA><letterB>c ,
.Ar \exf1b\exf2 )
+。
.It
シンボルの範囲 (例えば
.Ar a;...;z )
+。
.It
コンマ区切りのシンボル、範囲、チェーンは括弧でくくられます。 (例えば
.Ar \&(
@@ -210,7 +222,7 @@ orderリストの要素は、次の方法のうちのどれかで表現できます。
.Ar sym2 ,
.Ar ...
.Ar \&} )
-は、同じ一次順序だけに割り当てられます)
+は、同じ一次順序だけに割り当てられます)。
.El
.Pp
バックスラッシュ文字
@@ -227,9 +239,11 @@ orderリストの要素は、次の方法のうちのどれかで表現できます。
エラーが見つかった場合
.El
.Sh 関連ファイル
-.Bl -tag -width ".Pa /usr/share/locale/<language>/LC_COLLATE" -compact
-.It Pa /usr/share/locale/<language>/LC_COLLATE
-localeの配下で、localeの照合順序のための標準共有位置
+.Bl -tag -width indent
+.It Pa /usr/share/locale/ Ns Ao Ar language Ac Ns Pa /LC_COLLATE
+locale
+.Aq Ar language
+の配下で、locale の照合順序のための標準共有位置
.El
.Sh 関連項目
.Xr mklocale 1 ,
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/doscmd.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/doscmd.1
index b4bb5b8853..8f2acc53aa 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/doscmd.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/doscmd.1
@@ -28,7 +28,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" BSDI doscmd.1,v 2.3 1996/04/08 19:32:29 bostic Exp
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/doscmd/doscmd.1,v 1.31 2002/12/12 17:25:59 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/doscmd/doscmd.1,v 1.32 2003/09/14 13:41:57 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" WORD: raw file ロウファイル (mknod.8 によると character special file)
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/fetch.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/fetch.1
index 8334eb958a..b0e0a6c38b 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/fetch.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/fetch.1
@@ -27,10 +27,10 @@
.\" (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF
.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/fetch/fetch.1,v 1.53 2003/06/10 20:34:50 trhodes Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/fetch/fetch.1,v 1.54 2003/09/08 18:58:47 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
-.Dd June 28, 2000
+.Dd March 11, 2003
.Dd February 22, 1999
.Dt FETCH 1
.Os
@@ -217,7 +217,6 @@ FTP での転送に対しては
.Xr fetch 3
ライブラリの文書に記述されている環境変数は、すべてサポートされています。
.Sh 関連項目
-.Xr sh 1 ,
.Xr fetch 3
.Sh 歴史
.Nm
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/file.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/file.1
index d28bc951ca..5963080e97 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/file.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/file.1
@@ -1,4 +1,4 @@
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/file/file.1,v 1.31 2003/03/12 14:37:01 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/file/file.1,v 1.32 2003/09/08 19:57:21 ru Exp %
.\" $Id: file.man,v 1.44 2003/02/27 20:47:46 christos Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
@@ -76,7 +76,7 @@ Berkeley で行われたように、
使っているシステムに合った既知のファイルの種類
(システムに実装されたソケット、シンボリックリンク、
名前付きパイプ (FIFO)) は、システムヘッダファイル
-.Aq Pa sys/stat.h
+.In sys/stat.h
で定義されていれば表示されます。
.Pp
マジックナンバテストは、ファイルが固定フォーマットのデータであるか
@@ -84,9 +84,9 @@ Berkeley で行われたように、
よい例が、実行可能なバイナリ実行形式 (コンパイルされたプログラム)
.Pa a.out
ファイルです。このフォーマットは標準インクルードディレクトリ内の
-.Aq Pa a.out.h
+.In a.out.h
や場合により
-.Aq Pa exec.h
+.In exec.h
で定義されています。
実行ファイルは、
ファイルの先頭近くの特定の場所に、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/getconf.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/getconf.1
index 650b7ccb2e..2128dbbff3 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/getconf.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/getconf.1
@@ -26,7 +26,7 @@
.\" OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/getconf/getconf.1,v 1.11 2002/12/12 17:26:00 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/getconf/getconf.1,v 1.12 2003/09/08 19:57:21 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd September 18, 2002
@@ -63,7 +63,7 @@
.Xr sysconf 3
を使用して、システム設定変数を取り出します。
拡張として、第 2 の形式を使用して静的な制限を
-.Aq Pa limits.h
+.In limits.h
から取り出せます。
.Pp
すべての
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/grotty.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/grotty.1
index 6d412ea4a9..896877024b 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/grotty.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/grotty.1
@@ -1,5 +1,5 @@
.ig
-%FreeBSD: src/contrib/groff/src/devices/grotty/grotty.man,v 1.7 2002/10/14 09:15:17 ru Exp %
+%FreeBSD: src/contrib/groff/src/devices/grotty/grotty.man,v 1.8 2003/09/08 17:46:32 ru Exp %
Copyright (C) 1989-2000, 2001, 2002 Free Software Foundation, Inc.
Permission is granted to make and distribute verbatim copies of
@@ -20,7 +20,7 @@ the original English.
.\" $FreeBSD$
.
.
-.TH GROTTY 1 "14 October 2002" "Groff Version 1.19"
+.TH GROTTY 1 "9 September 2003" "Groff Version 1.19"
.SH 名称
grotty \- タイプライタ型デバイスのための groff ドライバ
.
@@ -49,8 +49,8 @@ grotty \- タイプライタ型デバイスのための groff ドライバ
.B groff
.BR \-Tascii ,
-.BR \-Tkoi8-r ,
.BR \-Tlatin1 ,
+.BR \-Tkoi8-r ,
.B \-Tutf8
のいずれかのオプションを指定することにより、EBCDIC ベースのシステム上では
.B \-Tcp1047 ,
@@ -222,8 +222,8 @@ SGR サポートのためには、
.I name
はデバイス名で、通常は
.BR ascii ,
-.BR koi8-r ,
.BR latin1 ,
+.BR koi8-r ,
.BR utf8 ,
.B cp1047
のいずれかです。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/make.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/make.1
index a2638603d1..081a51fa0e 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/make.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/make.1
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)make.1 8.8 (Berkeley) 6/13/95
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/make/make.1,v 1.62 2002/12/23 16:04:51 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/make/make.1,v 1.64 2003/10/02 18:38:23 ru Exp %
.\"
.\" this file based on that translated to japanese on NetBSD Japanese Reference
.\" Manual Project, and modefied to fit FreeBSD Reference Manual
@@ -92,9 +92,16 @@
.Fl j
が使用されない限り、デフォルトで有効になります。
.It Fl C Ar directory
-実行時に
+makefile の読み取りや他のなにかをする前に、
.Ar directory
へ移動します。
+複数の
+.Fl C
+が指定された場合、それぞれは、直前のものに対する相対として解釈されます。
+.Fl C Pa / Fl C Pa etc
+は
+.Fl C Pa /etc
+と等価です。
.It Fl D Ar variable
大域変数
.Ar variable
@@ -608,6 +615,8 @@ pattern にマッチする単語を選択します。標準的なワイルドカード
pattern にマッチしない単語を選択します。それ以外は
.Cm M
と同様です。
+.It Cm O
+変数中のすべての語をアルファベット的に整列させます。
.It Cm Q
変数中のすべてのシェルメタ文字をクォートし、再帰起動される
.Nm
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/mt.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/mt.1
index 8e3f67b4e7..b6273f604a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/mt.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/mt.1
@@ -31,7 +31,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)mt.1 8.1 (Berkeley) 6/6/93
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/mt/mt.1,v 1.37 2003/05/21 21:07:28 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/mt/mt.1,v 1.38 2003/09/05 15:28:09 roam Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd June 6, 1993
@@ -342,10 +342,10 @@ PRML Partial Response Maximum Likelihood
環境変数を調べます。
.El
.Sh 関連ファイル
-.Bl -tag -width /dev/*rsa[0-9]*xx -compact
-.It Pa /dev/*rwt*
+.Bl -tag -width /dev/*sa[0-9]*xx -compact
+.It Pa /dev/*wt*
QIC-02/QIC-36 磁気テープインタフェース
-.It Pa /dev/*rsa[0-9]*
+.It Pa /dev/*sa[0-9]*
SCSI 磁気テープインタフェース
.El
.Sh 関連項目
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/pawd.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/pawd.1
index 0d83eaf703..321941f562 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/pawd.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/pawd.1
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1990 Jan-Simon Pendry
.\" Copyright (c) 1990 Imperial College of Science, Technology & Medicine
.\" Copyright (c) 1990 The Regents of the University of California.
@@ -38,9 +38,9 @@
.\"
.\" %W% (Berkeley) %G%
.\"
-.\" %Id: pawd.1,v 1.2 1998/09/05 06:56:36 obrien Exp %
-.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/amq/pawd.1,v 1.4 1999/09/15 05:45:14 obrien Exp %
-.\" $FreeBSD: doc/ja_JP.eucJP/man/man1/pawd.1,v 1.5 2001/05/14 01:07:26 horikawa Exp $
+.\" $Id: pawd.1,v 1.7 2003-10-13 02:42:25 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/amq/pawd.1,v 1.5 2003/09/02 15:42:56 mbr Exp %
+.\" $FreeBSD$
.\"
.\" WORD: automounter オートマウンタ[pawd.1]
.\" WORD: current working directory (現在の)作業ディレクトリ[pawd.1]
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/pkg_create.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/pkg_create.1
index bed9e80e46..80a1e4a2fb 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/pkg_create.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/pkg_create.1
@@ -15,7 +15,7 @@
.\"
.\"
.\" @(#)pkg_create.1
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/pkg_install/create/pkg_create.1,v 1.58 2003/04/17 09:56:05 kris Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/pkg_install/create/pkg_create.1,v 1.59 2003/08/26 14:49:11 roam Exp %
.\"
.\" hacked up by John Kohl for NetBSD--fixed a few bugs, extended keywords,
.\" added dependency tracking, etc.
@@ -134,7 +134,7 @@ package のインストール前手続きとして
オプションが指定されない場合、
本スクリプトは当該 package の
pre-install および post-install の両方のスクリプトとして動作します。
-package 名とともにキーワード
+package 名の後にキーワード
.Ar PRE-INSTALL
および
.Ar POST-INSTALL
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/ps.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/ps.1
index 7263d1e561..c07d146bcd 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/ps.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/ps.1
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)ps.1 8.3 (Berkeley) 4/18/94
-.\" %FreeBSD: src/bin/ps/ps.1,v 1.64 2003/08/05 10:31:28 brueffer Exp %
+.\" %FreeBSD: src/bin/ps/ps.1,v 1.65 2003/09/08 19:57:13 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd April 18, 1994
@@ -211,7 +211,7 @@ pid, state, time, sl, re, pagein, vsz, rss, lim, tsiz,
プロセスで使われている実メモリのパーセンテージです。
.It flags
インクルードファイル
-.Aq Pa sys/proc.h
+.In sys/proc.h
でプロセスに定義されたフラグです。
.Bl -column SNOCLDSTOP SNOCLDSTOP
.It Dv "P_ADVLOCK" Ta No "0x00001 プロセスは POSIX 提案ロックを保持している"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/rlogin.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/rlogin.1
index d2590b701b..77537d392a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/rlogin.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/rlogin.1
@@ -30,10 +30,10 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)rlogin.1 8.1 (Berkeley) 6/6/93
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/rlogin/rlogin.1,v 1.21 2002/10/16 12:33:14 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/rlogin/rlogin.1,v 1.23 2003/09/28 08:54:56 tjr Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
-.Dd June 6, 1993
+.Dd September 26, 2003
.Dt RLOGIN 1
.Os
.Sh 名称
@@ -41,7 +41,7 @@
.Nd リモートログイン
.Sh 書式
.Nm
-.Op Fl 468DEKLdx
+.Op Fl 468DEd
.Op Fl e Ar char
.Op Fl i Ar localname
.Op Fl k Ar realm
@@ -81,15 +81,6 @@ IPv6 アドレスのみを使用します。
.Fl 8
オプションと組み合わせて用いると、
完全に透過的なコネクションとなります。
-.It Fl K
-全ての Kerberos 認証を無効にします。
-.It Fl L
-.Nm
-セッションを
-.Dq litout
-モードで動作させます (
-.Xr tty 4
-参照)。
.It Fl d
リモートホストとの通信に用いる TCP ソケットの
ソケットデバッグ機能 (
@@ -103,28 +94,11 @@ IPv6 アドレスのみを使用します。
.It Fl i
認証に使用する別のローカル名を、呼び出し元が指定可能です。
本オプションは、UID 0 のプロセスのみに制限されます。
-.It Fl k
-.Xr krb_realmofhost 3
-で決定されるリモートホストの管理領域 (realm) ではなく、指定した管理領域
-.Ar realm
-におけるリモートホスト用チケットを得るように rlogin に要求します。
-.\" UNIX MAGAZINE 95/4 および FreeBSD Handbook の日本語訳を参考に、
-.\" realm -> 管理領域としています。
-.\" Kazuo Horikawa <horikawa@jp.freebsd.org> 20 Aug 1997
.It Fl l
リモートログインに別の
.Ar username
を指定します。
このオプションを指定しないと、ローカルなユーザ名を使用します。
-.It Fl x
-.Nm
-セッションを通してやりとりされる全てのデータを
-.Tn DES
-暗号化します。
-これは応答時間や
-.Tn CPU
-使用率に影響を及ぼしますが、
-より高いセキュリティが得られます。
.El
.Pp
.Dq Ao escape char Ac Ns \&.
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/script.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/script.1
index 8dbb00f79d..bcb7cec673 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/script.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/script.1
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)script.1 8.1 (Berkeley) 6/6/93
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/script/script.1,v 1.16 2002/04/20 12:16:48 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/script/script.1,v 1.17 2003/09/07 15:43:50 charnier Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd June 6, 1993
@@ -62,13 +62,13 @@
というファイル名で記録されます。
.Pp
引数
-.Ar command ...
+.Ar command
を指定すると、
.Nm
は対話シェルの代りに指定したコマンドをオプションの引数ベクタ付きで実行します。
.Pp
オプションとしては以下のものがあります:
-.Bl -tag -width xxxxxxx
+.Bl -tag -width indent
.It Fl a
.Ar file
もしくは
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/sh.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/sh.1
index 572673feab..a7e8fd9d4d 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/sh.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/sh.1
@@ -33,7 +33,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" from: @(#)sh.1 8.6 (Berkeley) 5/4/95
-.\" %FreeBSD: src/bin/sh/sh.1,v 1.87 2003/05/16 21:19:32 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/bin/sh/sh.1,v 1.88 2003/09/08 19:57:13 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" Japanese Translation amended by Norihiro Kumagai, 3/29/96,
@@ -560,7 +560,7 @@ here-doc-text の各行の行頭のタブを取り除きます。
コマンドがシグナルにより終了 (terminate) させられた場合、
終了ステータスは 128 にシグナル番号を加えたものになります。
シグナル番号はヘッダファイル
-.Aq Pa sys/signal.h
+.In sys/signal.h
に定義されています。
.Ss 複合コマンド (Complex Commands)
複合コマンドは、単純コマンドの組み合わせで作ります。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/sort.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/sort.1
index 879f6b99ff..d1a6021dc1 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/sort.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/sort.1
@@ -1,6 +1,6 @@
.\" $FreeBSD$
-.\" DO NOT MODIFY THIS FILE! It was generated by help2man 1.25.
-.TH SORT "1" "February 2002" "sort (textutils) 2.0.21" "User Commands"
+.\" DO NOT MODIFY THIS FILE! It was generated by help2man 1.28.
+.TH SORT "1" "July 2002" "sort (textutils) 2.1" "User Commands"
.SH 名称
sort \- テキストファイルを行でソートする
.SH 書式
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/su.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/su.1
index 3d5ba477b8..e96eb4fdec 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/su.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/su.1
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)su.1 8.2 (Berkeley) 4/18/94
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/su/su.1,v 1.29 2003/06/08 13:51:40 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/su/su.1,v 1.30 2003/09/28 17:54:48 kensmith Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd April 18, 1994
@@ -148,6 +148,11 @@ MAC ラベルの設定は失敗するかもしれません。
.Ar args
がコマンドラインに指定されると、
それらはターゲットログインのログインシェルに引き渡されます。
+ターゲットログイン名より前のコマンドライン引数はすべて
+.Nm
+自身によって処理され、
+ターゲットログイン名より後のコマンドライン引数はすべて
+ログインシェルに渡されることに注意してください。
.Pp
デフォルトでは (設定がされていなければ) スーパユーザのプロンプトは
.Dq Sy \&#
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/symorder.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/symorder.1
deleted file mode 100644
index 4d80c39348..0000000000
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/symorder.1
+++ /dev/null
@@ -1,97 +0,0 @@
-.\" Copyright (c) 1980, 1990 The Regents of the University of California.
-.\" All rights reserved.
-.\"
-.\" Redistribution and use in source and binary forms, with or without
-.\" modification, are permitted provided that the following conditions
-.\" are met:
-.\" 1. Redistributions of source code must retain the above copyright
-.\" notice, this list of conditions and the following disclaimer.
-.\" 2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
-.\" notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
-.\" documentation and/or other materials provided with the distribution.
-.\" 3. All advertising materials mentioning features or use of this software
-.\" must display the following acknowledgement:
-.\" This product includes software developed by the University of
-.\" California, Berkeley and its contributors.
-.\" 4. Neither the name of the University nor the names of its contributors
-.\" may be used to endorse or promote products derived from this software
-.\" without specific prior written permission.
-.\"
-.\" THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE REGENTS AND CONTRIBUTORS ``AS IS'' AND
-.\" ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
-.\" IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
-.\" ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE REGENTS OR CONTRIBUTORS BE LIABLE
-.\" FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL
-.\" DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS
-.\" OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
-.\" HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT
-.\" LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY
-.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
-.\" SUCH DAMAGE.
-.\"
-.\" @(#)symorder.1 6.5 (Berkeley) 4/22/91
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/symorder/symorder.1,v 1.15 2003/06/08 14:35:11 charnier Exp %
-.\"
-.\" $FreeBSD$
-.\"
-.Dd April 22, 1991
-.Dt SYMORDER 1
-.Os
-.Sh 名称
-.Nm symorder
-.Nd 名前のリストを並べ替える
-.Sh 書式
-.Nm
-.Op Fl c
-.Op Fl m
-.Op Fl t
-.Op Fl x Ar excludelist
-.Ar symlist file
-.Sh 解説
-.Ar symlist
-ファイルは、
-.Ar file
-中に見付かるシンボルのリストを、一行当たり 1 シンボル、含んでいます。
-.Pp
-シンボル表
-.Ar file
-は適切に更新されます。シンボルは
-.Ar symlist
-から読み込まれ、与えられた順番で表の始めから並べられます。
-.Pp
-次のオプションが使用可能です:
-.Bl -tag -width indent
-.It Fl c
-.Ar symlist
-には含まれない全てのシンボルを、このファイルローカルとします。
-.It Fl t
-シンボル表を
-.Ar symlist
-に並んでいるシンボルに制限します。
-.It Fl x Ar excludelist
-シンボル表から
-.Ar excludelist
-に並んでいるシンボルを除きます。
-.It Fl m
-いくつかのシンボルが足りなくても、状態 0 で終了します。
-.El
-.Pp
-このプログラムは、特に
-.Pa /boot/kernel/kernel
-からシンボルを得るためのオーバヘッドを減らすように、
-設計されています。
-.Sh 診断
-.Nm
-は成功した場合 0 で終了します。
-.Ar symlist
-ファイル中のシンボルがシンボル表に見付からない場合は 1 で終了し、
-エラーが起こった場合は 1 より大きな数で終了します。
-.Sh 関連項目
-.Xr nm 1 ,
-.Xr strip 1 ,
-.Xr nlist 3
-.Sh 歴史
-.Nm
-ユーティリティは
-.Bx 3.0
-から導入されました。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/tcopy.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/tcopy.1
index 416988cb49..fec96d15bc 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/tcopy.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/tcopy.1
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)tcopy.1 8.2 (Berkeley) 4/17/94
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/tcopy/tcopy.1,v 1.14 2003/06/08 14:36:22 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/tcopy/tcopy.1,v 1.15 2003/09/05 15:28:09 roam Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd April 17, 1994
@@ -51,7 +51,7 @@
記録したデータの終わりに 2 つのテープマークがあるような
磁気テープを想定しています。
ソーステープ (デフォルトでは
-.Ar /dev/rsa0 )
+.Ar /dev/sa0 )
だけが指定された場合は、
.Nm
ユーティリティは、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/tftp.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/tftp.1
index 66c0ce5d96..6a1133294b 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/tftp.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/tftp.1
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)tftp.1 8.2 (Berkeley) 4/18/94
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/tftp/tftp.1,v 1.14 2002/11/26 17:33:36 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/tftp/tftp.1,v 1.16 2003/10/01 21:01:14 simon Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd April 18, 1994
@@ -41,7 +41,7 @@
.Nd 簡単なファイル転送プログラム
.Sh 書式
.Nm
-.Op Ar host
+.Op Ar host Op Ar port
.Sh 解説
.Nm
ユーティリティは、インターネット
@@ -75,7 +75,7 @@
.It Cm binary
``mode binary'' の略です。
.Pp
-.It Cm connect Ar host-name Op Ar port
+.It Cm connect Ar host Op Ar port
ファイル転送を行なう
.Ar host
を(必要あれば
@@ -101,17 +101,29 @@
.Cm put
コマンドを使用する時にリモートホストを指定することができます。
.Pp
-.It Cm get Ar filename
-.It Cm get Ar remotename localname
-.It Cm get Ar file1 file2 ... fileN
-指定された形式でファイルを取得します。転送元の指定方法には 2 通りあります。
+.It Cm get Oo Ar host : Oc Ns Ar file Op Ar localname
+.It Cm get Xo
+.Oo Ar host1 : Oc Ns Ar file1
+.Oo Ar host2 : Oc Ns Ar file2 ...
+.Oo Ar hostN : Oc Ns Ar fileN
+.Xc
+リモートホストから 1 個以上のファイルを取得します。
.Ar host
-がすでに指定されている場合、リモートホスト上のファイル名を指定し
-ます。もしくは
-.Ar hosts Ns : Ns Ar filename
-のようにリモートマシンとファイル名の両者を指
-定します。もし後者の形式が使用される場合、最後に指定されたリモートホスト名が
-以後のファイル転送の対象ホストとなります。
+引数を使用すると、将来の転送において
+.Ar host
+がデフォルトで使用されます。
+.Ar localname
+が指定されると、ファイルはローカルには
+.Ar localname
+という名前で保存されます。
+そうでない場合には、元のファイル名が使用されます。
+同時に 2 個のファイルをダウンロードできないことに注意してください。
+同時に 1 個、3個、3 個以上のいずれかのみが可能です。
+.Pp
+ホストに IPv6 数値アドレスを指定するには、
+.Dq Li [3ffe:2900:e00c:ffee::1234] : Ns Ar file
+のように角括弧で括り、IPv6 アドレスの区切りのコロンと
+ホストとファイル名の区切りのコロンとが区別できるようにしてください。
.Pp
.It Cm mode Ar transfer-mode
転送モードを設定します。転送モードは
@@ -122,27 +134,22 @@
.Em ascii
となります。
.Pp
-.It Cm put Ar file
-.It Cm put Ar localfile remotefile
-.It Cm put Ar file1 file2 ... fileN remote-directory
-指定されたファイルまたはディレクトリをリモートホストに転送します。
-転送先の指定方法は 2 通りあります。
-.Ar host
-がすでに
-指定されている場合、リモートホスト上に作成されるファイル名を指定します。もしく
-は
-.Ar hosts Ns : Ns Ar filename
-のようにリモートホストとファイル名の両者を指定します。後者
-の形式が使用される場合、最後に指定されたリモートホスト名が以後のファイル転送の
-対象ホストとなります。また、ディレクトリを指定してリモートへのファイル転送を行
-なう場合、リモートホストは
+.It Cm put Ar file Op Oo Ar host : Oc Ns Ar remotename
+.It Cm put Ar file1 file2 ... fileN Op Oo Ar host : Oc Ns Ar remote-directory
+リモートホストへ 1 個のファイルもしくはファイル集合を転送します。
+.Ar remotename
+が指定されると、リモートで保存されるファイル名は
+.Ar remotename
+になります。
+そうでない場合には、元のファイル名が使用されます。
+.Ar remote-directory
+引数が使用されると、リモートホストは
.Ux
マシンとみなされます。
-IPv6 数値アドレスを
-.Ar hosts
-に指定する必要がある場合、コロンの区別ができるように、
-.Bo Ar hosts Bc Ns : Ns Ar filename
-のように角括弧で括ってください。
+.Ar host
+に IPv6 数値アドレスを指定するには、
+.Cm get
+コマンドの例を参照してください。
.Pp
.It Cm quit
.Nm
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/tip.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/tip.1
index f1d6758189..34850e4fc5 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/tip.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/tip.1
@@ -33,7 +33,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)tip.1 8.4 (Berkeley) 4/18/94
-.\" %FreeBSD: src/usr.bin/tip/tip/tip.1,v 1.21 2002/12/24 13:41:47 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.bin/tip/tip/tip.1,v 1.22 2003/09/06 18:36:51 hmp Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd September 9, 2001
@@ -288,7 +288,7 @@ acu を設定します。
を参照してください。
.Pp
システム記述中で
-.Va ba
+.Va br
ケーパビリティを使用することで、
コネクションを確立するボーレートを指定可能です。
指定された値が適当でない場合には、使用されるボーレートは
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/top.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/top.1
index f1bd6faa0a..6639e55be5 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/top.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/top.1
@@ -1,6 +1,6 @@
.\" NOTE: changes to the manual page for "top" should be made in the
.\" file "top.X" and NOT in the file "top.1".
-.\" %FreeBSD: src/contrib/top/top.X,v 1.8 2002/01/24 17:54:04 dwmalone Exp %
+.\" %FreeBSD: src/contrib/top/top.X,v 1.9 2003/08/26 15:37:19 eivind Exp %
.\" $FreeBSD$
.nr N -1
.nr D 2
@@ -318,7 +318,7 @@ TOP ユーザが設定できるオプションのデフォルト値
.br
/etc/passwd uid 値をユーザ名に変換するのに使用
.br
-/kernel システムイメージ
+/boot/kernel/kernel システムイメージ
.SH バグ
.B \-I
のデフォルト値が もう一度変更されましたが、私を責めないで下さい。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/a.out.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/a.out.5
index a2262d8a03..e2957fdb56 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/a.out.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/a.out.5
@@ -33,7 +33,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)a.out.5 8.1 (Berkeley) 6/5/93
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/a.out.5,v 1.15 2002/05/29 17:16:09 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/a.out.5,v 1.17 2003/09/10 19:24:35 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" WORD: byte order バイト順
@@ -51,7 +51,7 @@
.In a.out.h
.Sh 解説
インクルードファイル
-.Aq Pa a.out.h
+.In a.out.h
では 3 つの構造体といくつかのマクロが宣言されています。
これらの構造体は、このシステムで実行可能な機械語コードファイル
.Pq Sq バイナリ
@@ -201,7 +201,7 @@ EX_DYNAMIC と EX_PIC の両方がセットされている場合、
.El
.Pp
インクルードファイル
-.Pa a.out.h
+.In a.out.h
では、
.Fa exec
構造体を用いて一貫性をテストしたりバイナリファイル中のセクションオフセットを
@@ -426,7 +426,7 @@ bss シンボル。テキストシンボルやデータシンボルと似ていますが、
.Dv AUX_OBJECT
のいずれかをとります
(これらの定義については
-.Aq Pa link.h
+.In link.h
を参照してください)。
.Dv AUX_FUNC
はシンボルと呼び出し可能な関数を関連づけ、他方、
@@ -464,7 +464,7 @@ bss シンボル。テキストシンボルやデータシンボルと似ていますが、
.Xr stab 5
.Sh 歴史
インクルードファイル
-.Pa a.out.h
+.In a.out.h
.At v7
で登場しました。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/amd.conf.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/amd.conf.5
index b8469eb3ec..b4fe2564da 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/amd.conf.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/amd.conf.5
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1990 Jan-Simon Pendry
.\" Copyright (c) 1990 Imperial College of Science, Technology & Medicine
.\" Copyright (c) 1990 The Regents of the University of California.
@@ -38,7 +38,7 @@
.\"
.\" %W% (Berkeley) %G%
.\"
-.\" %Id: amd.conf.5,v 1.3 1999/03/30 17:23:08 ezk Exp %
+.\" $Id: amd.conf.5,v 1.19 2003-10-13 02:42:26 horikawa Exp $
.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/scripts/amd.conf.5,v 1.13 2002/12/12 17:25:52 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
@@ -201,16 +201,19 @@ MIT の hesiod ネームサービス
.It Ic mount_type Xo
(文字列、デフォルト = nfs)
.Xc
-amd のすべてのマウントタイプで、デフォルトでは
+amd のすべてのマウントタイプで、
.Tn NFS
-です。つまり、実行しているローカルホストに対して、
+が必須です。
+つまり、実行しているローカルホストに対して、
.Xr amd 8
はマップのマウントポイントにおける
.Tn NFS
サーバとなります。
もし
.Qq autofs
-を指定すると、amd はそのマウントポイントにおける autofs サーバになります。
+を指定すると、amd はエラーを記録し、
+.Tn NFS
+に変換します。
.It Ic search_path Xo
(文字列、デフォルト = サーチパスなし)
.Xc
@@ -269,20 +272,20 @@ am-utils が
.Fl -enable-debug option
を用いてデバッグ機能付きで構築されている場合のみ有効です。
.Qq mem
-オプションだけは
+オプションを含めすべてのオプションが、
.Fl -enable-debug=mem
-によってオンにできます。
+のようにしてオンにできます。
これら以外の場合、デバッグオプションは無視されます。
オプションはコンマで区切ります。
先頭に文字列
.Qq no
を付けることでその意味を反転できます。
サポートされているデバッグオプション一覧を得るには
-.Nm amd Fl v
+.Nm amd Fl H
を実行して下さい。
取りうる値は以下の通りです。
.Pp
-.Bl -tag -width "daemon" -compact
+.Bl -tag -width "xdrtrace" -compact
.It Ic all
全オプション
.It Ic amq
@@ -294,6 +297,10 @@ am-utils が
サーバを fork する
.It Ic full
プログラムトレース
+.It Ic hrtime
+高精度のタイムスタンプを表示
+.Xr ( syslog 3
+が使用されない場合)
.It Ic info
info サービスに固有のデバッグ情報
(hesiod, nis など)
@@ -303,12 +310,18 @@ info サービスに固有のデバッグ情報
ローカルの
.Pa ./mtab
ファイルを用いる
+.It Ic readdir
+browsable_dirs の進捗を表示する
.It Ic str
文字列操作のデバッグ
.It Ic test
完全なデバッグモードだがデーモンにしない
.It Ic trace
-プロトコルのトレース
+RPC プロトコルのトレースと
+.Tn NFS
+マウント引数
+.It Ic xdrtrace
+XDR ルーチンのトレース
.El
.It Ic dismount_interval Xo
(数値、デフォルト = 120)
@@ -319,6 +332,17 @@ info サービスに固有のデバッグ情報
オプションと同じです。
キャッシュ期間を超えたファイルシステムのマウントを外そうとするまでの時間を
秒単位で指定します。
+.It Ic full_os Xo
+(文字列、デフォルト = 組み込みの値)
+.Xc
+オペレーティングシステムの完全な名前にバージョン名を付けたものです。
+組み込まれたオペレーティングの完全な名前とバージョンを上書きできます。
+組み込まれた名前が望ましくない場合に有用です。
+例えば Linux 上では完全なオペレーティングシステム名は
+.Qq linux
+になりますが、これを
+.Qq linux-2.2.5
+に設定可能です。
.It Ic fully_qualified_hosts Xo
(文字列、デフォルト = no)
.Xc
@@ -367,6 +391,7 @@ hesiod マップのためのベース名を指定します。
(文字列、デフォルト = 未設定)
.Xc
LDAP のためのベース名を指定します。
+普通、国名や組織名といった LDAP 固有の値を含みます。
.It Ic ldap_cache_maxmem Xo
(数値、デフォルト = 131072)
.Xc
@@ -378,7 +403,7 @@ LDAP エントリをキャッシュするために amd が使用する最大メモリ量を指定します。
.It Nm ldap_hostports Xo
(文字列、デフォルト = 未設定)
.Xc
-国名や組織名といった LDAP 固有の値を指定します。
+LDAP のホストおよびポート値を指定します。
.It Ic local_domain Xo
(文字列、デフォルト = サブドメインなし)
.Xc
@@ -472,8 +497,24 @@ am-utils
.It Ic warning
警告
.El
+.It Ic nfs_vers Xo
+(数値、デフォルト = まずバージョン 3、次に 2)
+.Xc
+デフォルトでは、
+.Nm amd
+はバージョン 3 を試行し、それからバージョン 2 を試行します。
+このオプションを使用すると、
+すべての NFS プロトコルに 3 または 2 を強制します。
+これは amd maps 中の設定に優先します。
+.Nm amd
+が NFSv3 サポート付きでコンパイルされているが不安定な場合に有用でしょう。
+このオプションを使用することで、
+NFSv3 サポートが再度必要となるような時まで、
+動的に
+.Nm ( amd
+を再コンパイルすることなく) NFSv3 サポートの使用を完全に止められます。
.It Ic nfs_retransmit_counter Xo
-(数値、デフォルト = 110)
+(数値、デフォルト = 11)
.Xc
.Xr amd 8
@@ -487,11 +528,42 @@ am-utils
.Xc
.Xr amd 8
-.Fl t Ar interval.counter
+.Fl t Ar timeout.retransmit
オプションの
-.Ic interval
+.Ic timeout
部と同じです。
-NFS/RPC/UDP 再試行間隔を 1/10 秒単位で指定します。
+NFS/RPC の再試行 (UDP のみ) の間のインターバルを
+.Em 1/10
+秒単位で指定します。
+この値は、カーネルが
+.Nm amd
+との通信に使用します。
+.Pp
+.Nm amd
+はカーネルの RPC 再送信機構がマウント再試行の引き金に
+なることに依存しています。
+.Ar nfs_retransmit_counter
+および
+.Ar nfs_retry_interval
+の値は、最終的なリトライインターバルを変えます。
+インターバルが長過ぎると、対話的な応答性が落ちます。
+インターバルが短か過ぎると、リトライ回数が多くなり過ぎます。
+.It Ic nfs_proto Xo
+(文字列、デフォルト = まず TCP、次に UDP)
+.Xc
+デフォルトでは、
+.Nm amd
+は TCP を試行し、その次に UDP を試行します。
+このオプションを使用すると、
+すべての NFS プロトコルに TCP または UDP を強制します。
+これは amd maps 中の設定に優先します。
+.Nm amd
+が NFSv3 サポート付きでコンパイルされているが不安定な場合に有用でしょう。
+このオプションを使用することで、
+NFSv3 サポートが再度必要となるような時まで、
+動的に
+.Nm ( amd
+を再コンパイルすることなく) NFSv3 サポートの使用を完全に止められます。
.It Ic nis_domain Xo
(文字列、デフォルト = ローカル NIS ドメイン名)
.Xc
@@ -661,12 +733,12 @@ NFS/RPC/UDP 再試行間隔を 1/10 秒単位で指定します。
いるのか判断します。その中に自動マウントすべきファイルシステムがあれば、
.Xr amd 8
はそれを継承します。
-.It Ic selectors_on_default Xo
+.It Ic selectors_in_defaults Xo
(ブール値、デフォルト = no)
.Xc
.Dq yes
とすると、マップの
-.Pa /default
+.Pa /defaults
エントリが検索され、そのマップ中の他のすべてのキーのデフォルト値を
設定する前に、すべてのセレクタを処理します。
あるパラメータに基づき、ある完全なマップに対して異なるオプションを
@@ -680,6 +752,7 @@ NFS/RPC/UDP 再試行間隔を 1/10 秒単位で指定します。
wire==slip-net;opts:=intr,rsize=1024,wsize=1024 \\
wire!=slip-net;opts:=intr,rsize=8192,wsize=8192
.Ed
+廃れた形式: selectors_on_default
.It Ic show_statfs_entries Xo
(ブール値、デフォルト = no)
.Xc
@@ -692,7 +765,8 @@ NFS/RPC/UDP 再試行間隔を 1/10 秒単位で指定します。
.Po この機能は、
.Xr statfs 2
呼び出しに対して非 0 値を返すことで実現されています
-.Pc。
+.Pc
+。
.It Ic unmount_on_exit Xo
(ブール値、デフォルト = no)
.Xc
@@ -713,6 +787,17 @@ NFS/RPC/UDP 再試行間隔を 1/10 秒単位で指定します。
フラグが指定されていない限り、
.Xr amd 8
は起動時以前にマウントされていたファイルシステムのことを関知しません。
+.It Ic vendor Xo
+(文字列、デフォルトは組み込みの値)
+.Xc
+オペレーティングシステムのベンダ名です。
+組み込みのベンダ名を上書きします。
+組み込まれた名前が望ましくない場合に有用です。
+例えば、ほとんどの Intel ベースのシステムはベンダ名を
+.Qq unknown
+にしますが、これを
+.Qq redhat
+に設定可能です。
.El
.Sy "通常のマップセクションに適用されるパラメータ)
.Bl -tag -width 4n
@@ -751,7 +836,7 @@ log_file = /var/log/amd
log_options = all
#debug_options = all
plock = no
-selectors_on_default = yes
+selectors_in_default = yes
# config.guess は "sunos5" を選びました。
# 今のところこれを変えようとは思いません。
os = sos5
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/core.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/core.5
index 6a33814921..5898870254 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/core.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/core.5
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)core.5 8.3 (Berkeley) 12/11/93
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/core.5,v 1.16 2002/03/17 13:09:35 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/core.5,v 1.17 2003/09/08 19:57:20 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -99,7 +99,7 @@
.\" +.Va kern.sugid_coredump
.\" +to 1.
コアファイルは、(ページ数での) 大きさが
-.Aq Pa sys/param.h
+.In sys/param.h
ファイルで
.Dv UPAGES
と定義されている
@@ -107,7 +107,7 @@
領域からなります。
.Fa u.
領域は
-.Aq Pa sys/user.h
+.In sys/user.h
に記述されている
.Fa user
構造体から始まります。
@@ -126,7 +126,7 @@
``ページ'' サイズは定数
.Dv PAGE_SIZE
で与えられます (これも
-.Aq Pa sys/param.h
+.In sys/param.h
から与えられます)。
.Sh 使用例
全コアイメージを、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/device.hints.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/device.hints.5
index 89863acd96..cf7ba6e397 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/device.hints.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/device.hints.5
@@ -23,7 +23,7 @@
.\" (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF
.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/device.hints.5,v 1.8 2002/12/19 18:26:26 trhodes Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/device.hints.5,v 1.10 2003/09/19 22:27:54 jb Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.\" WORDS
@@ -96,12 +96,16 @@ boot loader がファイルを読み込んでからは、
デバイスがアタッチされるバスを指定します。
.It Li port
デバイスが使用する I/O ポートのスタートアドレスを指定します。
+.It Li portsize
+デバイスが使用するポート数です。
.It Li irq
使用する割り込みライン番号です。
.It Li drq
DMA チャネル番号です。
.It Li maddr
デバイスが使用する物理メモリアドレスを指定します。
+.It Li msize
+デバイスが使用する物理メモリサイズを指定します。
.It Li flags
デバイスのいろいろなフラグビットを設定します。
.It Li disabled
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/dhclient.conf.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/dhclient.conf.5
index 1224c17a7f..fd16166aff 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/dhclient.conf.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/dhclient.conf.5
@@ -35,8 +35,8 @@
.\" see ``http://www.vix.com''. To learn more about Nominum, Inc., see
.\" ``http://www.nominum.com''.
.\"
-.\" $Id: dhclient.conf.5,v 1.10 2003-03-24 04:55:30 horikawa Exp $
-.\" %FreeBSD: src/contrib/isc-dhcp/client/dhclient.conf.5,v 1.12 2003/01/16 07:31:49 obrien Exp %
+.\" $Id: dhclient.conf.5,v 1.11 2003-10-13 02:42:26 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/isc-dhcp/client/dhclient.conf.5,v 1.13 2003/09/02 11:13:20 mbr Exp %
.\" $FreeBSD$
.\" WORD: lease リース(アドレスの貸与)[dhclient.conf.5]
.\" WORD: lease discovery request リース発見要求[dhclient.conf.5]
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/dhcp-options.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/dhcp-options.5
index 3ff4ebe8a3..f060fb1781 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/dhcp-options.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/dhcp-options.5
@@ -35,8 +35,8 @@
.\" see ``http://www.vix.com''. To learn more about Nominum, Inc., see
.\" ``http://www.nominum.com''.
.\"
-.\" $Id: dhcp-options.5,v 1.15 2003-03-24 04:55:30 horikawa Exp $
-.\" %FreeBSD: src/contrib/isc-dhcp/common/dhcp-options.5,v 1.5 2003/01/16 07:19:43 obrien Exp %
+.\" $Id: dhcp-options.5,v 1.16 2003-10-13 02:42:26 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/isc-dhcp/common/dhcp-options.5,v 1.6 2003/09/02 11:13:20 mbr Exp %
.\" $FreeBSD$
.\" WORD: Dynamic Host Configuration Protocol 動的ホスト構成プロトコル
.\" WORD: Path MTU Discovery パス MTU 探索
@@ -436,8 +436,8 @@ domain-name-servers オプションは、クライアントが利用可能な
\fIip-address\fR... ]\fB;\fR
.RS 0.25i
.PP
-Finger サーバオプションは、クライアントが利用可能な Finger のリストを
-指定します。
+Finger サーバオプションは、クライアントが利用可能な
+Finger サーバのリストを指定します。
サーバは、優先されるものから順にリストしてください。
.RE
.PP
@@ -514,7 +514,8 @@ MTU に対する最小の正当値は 68 です。
\fIip-address\fR... ]\fB;\fR
.RS 0.25i
.PP
-IRC サーバオプションは、クライアントが利用可能な IRC のリストを指定します。
+IRC サーバオプションは、クライアントが利用可能な
+IRC サーバのリストを指定します。
サーバは、優先されるものから順にリストしてください。
.RE
.PP
@@ -681,7 +682,8 @@ NetBIOS スコープオプションは、RFC 1001/1002 に規定されているように、
\fIip-address\fR... ]\fB;\fR
.RS 0.25i
.PP
-NNTP サーバオプションは、クライアントが利用可能な NNTP のリストを指定します。
+NNTP サーバオプションは、クライアントが利用可能な
+NNTP サーバのリストを指定します。
サーバは、優先されるものから順にリストしてください。
.RE
.PP
@@ -769,7 +771,8 @@ NetWare/IP クライアント用のサブオプションのシーケンスです。
.B option \fBpop-server\fR \fIip-address\fR [\fB,\fR \fIip-address\fR... ]\fB;\fR
.RS 0.25i
.PP
-POP3 サーバオプションは、クライアントが利用可能な POP3 のリストを指定します。
+POP3 サーバオプションは、クライアントが利用可能な
+POP3 サーバのリストを指定します。
サーバは、優先されるものから順にリストしてください。
.RE
.PP
@@ -1086,7 +1089,8 @@ vendor-class-identifier オプションは、通常 DHCP Server によって、
\fIip-address\fR... ]\fB;\fR
.RS 0.25i
.PP
-WWW サーバオプションは、クライアントが利用可能な WWW のリストを指定します。
+WWW サーバオプションは、クライアントが利用可能な
+WWW サーバのリストを指定します。
サーバは、優先されるものから順にリストしてください。
.RE
.PP
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/dir.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/dir.5
index 590edfc1fc..33ca668cea 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/dir.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/dir.5
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)dir.5 8.3 (Berkeley) 4/19/94
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/dir.5,v 1.19 2002/12/12 17:25:57 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/dir.5,v 1.20 2003/09/10 19:24:35 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -86,7 +86,7 @@
参照)。
.Pp
ディレクトリエントリの形式はファイル
-.Aq sys/dirent.h
+.In sys/dirent.h
で定義されています
(これは直接アプリケーションからはインクルードされません):
.Bd -literal
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/elf.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/elf.5
index 2e7737dc88..3f3515fef0 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/elf.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/elf.5
@@ -22,7 +22,7 @@
.\"OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\"SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/elf.5,v 1.23 2003/06/09 09:19:21 roam Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/elf.5,v 1.25 2003/09/10 19:24:35 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd July 31, 1999
@@ -35,7 +35,7 @@
.In elf.h
.Sh 解説
ヘッダファイル
-.Aq Pa elf.h
+.In elf.h
は、ELF 実行形式バイナリファイルのフォーマットを定義しています。
ELF には普通の実行可能ファイル、再配置可能なオブジェクトファイル、
コアファイル、共有ライブラリがあります。
@@ -52,7 +52,7 @@ ELF ヘッダで定義されています。
.Pp
ネイティブアーキテクチャの ELF バイナリファイルを処理するアプリケーションは、
そのソースコードに
-.Pa elf.h
+.In elf.h
をインクルードするだけですみます。
これらのアプリケーションは、総称名
.Dq Elf_xxx
@@ -65,11 +65,11 @@ ELF ヘッダで定義されています。
ということを気にしないで、コンパイル可能です。
.Pp
未知のアーキテクチャの ELF ファイルを処理する必要があるアプリケーションは、
-.Pa elf.h
+.In elf.h
ではなく、
-.Pa sys/elf32.h
+.In sys/elf32.h
-.Pa sys/elf64.h
+.In sys/elf64.h
の両方をインクルードする必要があります。
さらに、全てのタイプと構造体は、
.Dq Elf32_xxx
@@ -83,9 +83,9 @@ ELF ヘッダで定義されています。
によって区別する必要があります。
.Pp
システムのアーキテクチャがたとえ何であっても、常に
-.Pa sys/elf_generic.h
+.In sys/elf_generic.h
だけでなく、
-.Pa sys/elf_common.h
+.In sys/elf_common.h
もインクルードします。
.Pp
これらのヘッダファイルでは、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/fs.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/fs.5
index 24ab94fea6..aaa2dbd1b6 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/fs.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/fs.5
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)fs.5 8.2 (Berkeley) 4/19/94
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/fs.5,v 1.19 2003/05/21 15:55:40 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/fs.5,v 1.20 2003/09/08 19:57:20 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -51,9 +51,9 @@
.In ufs/ufs/inode.h
.Sh 解説
ファイル
-.Aq Pa fs.h
+.In fs.h
-.Aq Pa inode.h
+.In inode.h
は、ランダムアクセスデバイス (ディスク) 上のファイルシステムオブジェクト
の基本フォーマットを作成、管理する際に使われるいくつかの構造体、
定義済み変数、マクロを宣言します。
@@ -77,7 +77,7 @@
.Em スーパブロック
があります。
ファイル
-.Aq Pa ufs/ffs/fs.h
+.In ufs/ffs/fs.h
にある以下の構造体は、スーパブロックを記述しています。
.Bd -literal
/*
@@ -369,7 +369,7 @@ inode は、
テキストファイル、root には、それぞれユニークな inode が割り当てられます。
inode はそのデバイス / i 番号によって `名前付け' されています。
詳しくはインクルードファイル
-.Aq Pa ufs/ufs/inode.h
+.In ufs/ufs/inode.h
を参照して下さい。
.Sh 歴史
filsys と名付けられたスーパブロック構造は
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/group.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/group.5
index 9438999b42..d05c42e47a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/group.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/group.5
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" From: @(#)group.5 8.3 (Berkeley) 4/19/94
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/group.5,v 1.26 2003/07/03 06:03:12 jkoshy Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/group.5,v 1.27 2003/09/08 19:57:20 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -100,7 +100,7 @@ NIS マップの `group.byname' および `group.bygid' と組み合わせて
.\" the fields are read into the structure
.\" .Fa group
.\" declared in
-.\" .Aq Pa grp.h :
+.\" .In grp.h :
.\" .Bd -literal -offset indent
.\" struct group {
.\" char *gr_name; /* group name */
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/isdnd.rc.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/isdnd.rc.5
index 0d28927e4e..0d5de89d47 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/isdnd.rc.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/isdnd.rc.5
@@ -22,7 +22,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/i4b/isdnd/isdnd.rc.5,v 1.32 2003/01/01 18:49:01 schweikh Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/i4b/isdnd/isdnd.rc.5,v 1.33 2003/09/14 13:41:58 ru Exp %
.\"
.\" last edit-date: [Sun Aug 11 20:07:38 2002]
.\"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/link.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/link.5
index a864bfe021..ec0915b72f 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/link.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/link.5
@@ -26,7 +26,7 @@
.\" (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF
.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/link.5,v 1.25 2002/12/12 17:25:57 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/link.5,v 1.26 2003/09/08 19:57:20 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -42,7 +42,7 @@
.In link.h
.Sh 解説
インクルードファイル
-.Aq Pa link.h
+.In link.h
では、ダイナミックにリンクされたプログラムやライブラリに含まれる
数種の構造体が宣言されています。
その構造体は、リンクエディタとローダ機構のいくつかの構成要素間の
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/make.conf.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/make.conf.5
index 3d946c8f4a..c8511b2b2b 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/make.conf.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/make.conf.5
@@ -22,7 +22,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/make.conf.5,v 1.76 2003/07/06 19:01:41 gshapiro Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/make.conf.5,v 1.80 2003/09/24 04:19:26 gshapiro Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -86,6 +86,17 @@ world、カーネル、ドキュメント、ports です。
.Pa Makefile )
で用いられる変数の名前と簡単な説明です。
.Bl -tag -width Ar
+.It Va ALWAYS_CHECK_MAKE
+.Pq Vt bool
+ソースツリー (通常は
+.Pa /usr/src )
+のトップレベル makefile に対し、
+.Xr make 1
+が最新であるか常に確認するよう指示します。
+通常これは、古いバージョンの
+.Fx
+からのアップグレードを扱えるようにするために、
+world および buildworld ターゲットに対してのみ実行されます。
.It Va CFLAGS
.Pq Vt str
C のコードをコンパイルするときのコンパイラの設定を制御します。
@@ -161,10 +172,15 @@ C++ のコードをコンパイルするときのコンパイラの設定を制御します。
.It Va INSTALL
.Pq Vt str
デフォルトのインストールコマンドです。
-インストールを行う前に比較を行いたい場合は、次の例を用いてください。
+ターゲットと異なるか存在しないファイルのみをインストールする場合、
+次の例を用いてください。
.Bd -literal -offset indent
INSTALL="install -C"
.Ed
+.Pa ( /usr/share/mk
+にあるものを含めて) makefile によっては、
+与えられたインストールコマンドに対して
+固定のオプションを与えてしまうものがあることに注意してください。
.It Va LOCAL_DIRS
.Pq Vt str
この変数には
@@ -439,10 +455,35 @@ isdn4bsd パッケージをビルドしない場合に設定します。
.It Va NO_IPFILTER
.Pq Vt bool
IP Filter パッケージをビルドしない場合に設定します。
+.It Va NO_TOOLCHAIN
+.Pq Vt bool
+プログラム開発に使用するプログラム、
+すなわちコンパイラやデバッガ等をビルドしない場合に設定します。
+.It Va NOINET6
+.Pq Vt bool
+IPv6 ネットワークに関連するプログラムやライブラリを
+ビルドしない場合に設定します。
+.It Va NOATM
+.Pq Vt bool
+ATM ネットワークに関連するプログラムやライブラリを
+ビルドしない場合に設定します。
+.It Va NO_USB
+.Pq Vt bool
+.Xr usbd 8
+および関連プログラムをビルドしない場合に設定します。
.It Va NO_LPR
.Pq Vt bool
.Xr lpr 1
と関連プログラムをビルドしない場合に設定します。
+.It Va NO_ACPI
+.Pq Vt bool
+.Xr acpiconf 8 ,
+.Xr acpidump 8
+および関連プログラムをビルドしない場合に設定します。
+.It Va NO_VINUM
+.Pq Vt bool
+.Xr vinum 8
+と関連プログラムをビルドしない場合に設定します。
.It Va NO_MAILWRAPPER
.Pq Vt bool
MTA セレクタである
@@ -572,6 +613,13 @@ make install すると、既存の
.Pa /etc/mail/foo.mc
.Pa /etc/mail/bar.mc
など。
+.It Va SENDMAIL_CF_DIR
+.Pq Vt str
+.Pa .mc
+ファイルから
+.Pa .cf
+ファイルをビルドするために使用する m4 設定ファイルのデフォルトの場所を
+オーバライドします。
.It Va SENDMAIL_M4_FLAGS
.Pq Vt str
.Pa .mc
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/procfs.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/procfs.5
index f4e77975fc..dd6aca362d 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/procfs.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/procfs.5
@@ -1,4 +1,4 @@
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/procfs.5,v 1.28 2003/05/21 15:49:01 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/procfs.5,v 1.29 2003/09/10 19:24:35 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" Written by Garrett Wollman
@@ -73,7 +73,7 @@ proc /proc procfs rw 0 0
.Pf ( Xr (sigaction 2
参照)。
.It Pa dbregs
-.Pa <machine/reg.h>
+.In machine/reg.h
中の
.Dv "struct dbregs"
で定義されるデバッグレジスタ。現在
@@ -90,7 +90,7 @@ proc /proc procfs rw 0 0
.Ql unknown
です。
.It Pa fpregs
-.Pa <machine/reg.h>
+.In machine/reg.h
中の
.Dv "struct fpregs"
で定義される浮動小数点レジスタ。
@@ -111,7 +111,7 @@ proc /proc procfs rw 0 0
.It Pa regs
プロセスのレジスタセットへの読み書き手段を提供します。
このファイルは
-.Pa <machine/reg.h>
+.In machine/reg.h
中で定義されている
.Dv "struct regs"
バイナリデータ構造体を含んでいます。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/publickey.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/publickey.5
index d68bf2d856..8024ab4666 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/publickey.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/publickey.5
@@ -1,4 +1,4 @@
-.\" %FreeBSD: src/lib/libc/rpc/publickey.5,v 1.6 2001/01/17 18:26:21 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/lib/libc/rpc/publickey.5,v 1.7 2003/08/26 15:52:47 eivind Exp %
.\" @(#)publickey.5 2.1 88/08/07 4.0 RPCSRC; from 1.6 88/02/29 SMI;
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -15,7 +15,8 @@
.Pa /etc/publickey
.Sh 解説
.Pa /etc/publickey
-は、安全なネットワークで用いられる公開鍵のデータベースです。
+は、安全な RPC (リモートプロシジャコール)
+で用いられる公開鍵のデータベースです。
このデータベースは、ネットワークユーザ名 (これは、ユーザまたは
ホスト名を指します)、ユーザの公開鍵 (16 進表現)、コロン、ログイン
パスワードで暗号化されたユーザの秘密鍵 (16 進表現) を順につなげた
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/pw.conf.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/pw.conf.5
index 86fc1edc10..a6c30d8dc0 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/pw.conf.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/pw.conf.5
@@ -22,7 +22,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/pw/pw.conf.5,v 1.14 2003/06/08 14:28:38 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/pw/pw.conf.5,v 1.15 2003/09/08 19:57:21 ru Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd December 9, 1996
@@ -33,7 +33,7 @@
.Nd pw.conf 設定ファイルのフォーマット
.Sh 解説
ファイル
-.Aq Pa /etc/pw.conf
+.In /etc/pw.conf
には
.Xr pw 8
ユーティリティで使用される設定データが含まれています。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/rc.conf.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/rc.conf.5
index f265f11fff..06a4b57b11 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/rc.conf.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/rc.conf.5
@@ -22,7 +22,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/rc.conf.5,v 1.199 2003/08/15 17:20:40 ceri Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/rc.conf.5,v 1.201 2003/09/18 09:59:37 dougb Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -897,6 +897,19 @@ IPv6 ネットワークコードは
.Pa /etc/rc.conf.local
です。
+.It Va gbde_autoattach_all
+.Pq Vt ブール値
+.Dq Li YES
+に設定すると、
+.Pa /etc/rc.d/gbde
+は
+.Pa /etc/fstab
+中の .bde デバイスを自動的に初期化しようとします。
+.It Va gbde_devices
+.Pq Vt 文字列
+スクリプトがアタッチしようとするデバイスのリストもしくは
+.Dq Li AUTO
+です。
.It Va fsck_y_enable
.Pq Vt ブール値
.Dq Li YES
@@ -1829,8 +1842,6 @@ ATM 物理インタフェース
.Xr natm 4
インタフェースのリストに設定します。
このリストが空ではない場合、このリスト中のすべてのインタフェースが
-.\" オリジナル (1.199)で ifconfig 9 になっているが、
-.\" ifconfig 8 の間違いと思われる (docs/56488 で send-pr 済)
.Xr ifconfig 8
で立ち上げられ、
.Xr harp 4
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/rtadvd.conf.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/rtadvd.conf.5
index 026d715b61..a0bc915ec2 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/rtadvd.conf.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/rtadvd.conf.5
@@ -1,4 +1,4 @@
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/rtadvd/rtadvd.conf.5,v 1.12 2003/08/15 19:13:53 ume Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/rtadvd/rtadvd.conf.5,v 1.13 2003/09/14 13:41:58 ru Exp %
.\" $KAME: rtadvd.conf.5,v 1.49 2003/07/24 21:51:26 jinmei Exp $
.\"
.\" Copyright (C) 1995, 1996, 1997, and 1998 WIDE Project.
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/ssh_config.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/ssh_config.5
index 05d86a004e..bffdc205c6 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/ssh_config.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/ssh_config.5
@@ -35,10 +35,10 @@
.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
.\" $OpenBSD: ssh_config.5,v 1.7 2003/03/28 10:11:43 jmc Exp $
-.\" Japanese translation: $Id: ssh_config.5,v 1.5 2003-05-22 07:22:10 horikawa Exp $
+.\" Japanese translation: $Id: ssh_config.5,v 1.6 2003-10-13 02:42:26 horikawa Exp $
.\" by Yusuke Shinyama <yusuke @ cs . nyu . edu>
.\"
-.\" %FreeBSD: src/crypto/openssh/ssh_config.5,v 1.9 2003/04/23 17:10:53 des Exp %
+.\" %FreeBSD: src/crypto/openssh/ssh_config.5,v 1.10 2003/09/24 19:20:23 des Exp %
.\" $FreeBSD$
.Dd September 25, 1999
.Dt SSH_CONFIG 5
@@ -671,7 +671,7 @@ known_hosts ファイルに含まれているホスト鍵は
OS もしくはサイトに特化した修正を示すために、通常のバージョン文字列に
付け加える文字列を指定します。
デフォルトは
-.Dq FreeBSD-20030423
+.Dq FreeBSD-20030924
です。
.It Cm XAuthLocation (xauth の位置)
.Xr xauth 1
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/sshd_config.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/sshd_config.5
index 9eaf23da59..a2f3503e27 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/sshd_config.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/sshd_config.5
@@ -35,10 +35,10 @@
.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
.\" $OpenBSD: sshd_config.5,v 1.15 2003/03/28 10:11:43 jmc Exp $
-.\" Japanese translation: $Id: sshd_config.5,v 1.5 2003-05-22 07:22:10 horikawa Exp $
+.\" Japanese translation: $Id: sshd_config.5,v 1.6 2003-10-13 02:42:26 horikawa Exp $
.\" by Yusuke Shinyama <yusuke @ cs . nyu . edu>
.\"
-.\" %FreeBSD: src/crypto/openssh/sshd_config.5,v 1.11 2003/04/23 17:10:53 des Exp %
+.\" %FreeBSD: src/crypto/openssh/sshd_config.5,v 1.12 2003/09/24 19:20:23 des Exp %
.\" $FreeBSD$
.Dd September 25, 1999
.Dt SSHD_CONFIG 5
@@ -666,7 +666,7 @@ root 権限による被害の拡大を防ぐためです。
OS もしくはサイトに特化した修正を示すために、通常のバージョン文字列に
付け加える文字列を指定します。
デフォルトは
-.Dq FreeBSD-20030423
+.Dq FreeBSD-20030924
です。
.It Cm X11DisplayOffset (X11 ディスプレイ番号のオフセット値)
.Nm sshd
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/stab.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/stab.5
index b7339dce25..adfef48ad8 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/stab.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/stab.5
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)stab.5 8.1 (Berkeley) 6/5/93
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/stab.5,v 1.9 2001/10/01 16:09:23 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/stab.5,v 1.10 2003/09/08 19:57:20 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" WORD: symbol table シンボルテーブル
@@ -45,7 +45,7 @@
.Sh 書式
.In stab.h
.Sh 解説
-.Aq Pa stab.h
+.In stab.h
ファイルは
a.out ファイルで使われる、シンボルテーブルのいくつかの
.Fa n_type
@@ -97,7 +97,7 @@ struct nlist {
.Fa n_type
フィールドの下位ビットは、シンボルをたかだか 1 つのセグメントに置くため
に使用します。どのセグメントに置くかは
-.Aq Pa a.out.h
+.In a.out.h
内で定義されている以下のマスクに基づきます。
これらのセグメントビットを設定しないようにすることで、シンボルをどの
セグメントにも属さないようにすることができます。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man5/utmp.5 b/ja_JP.eucJP/man/man5/utmp.5
index 6f03fc7ae3..5ca4cad75e 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man5/utmp.5
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man5/utmp.5
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)utmp.5 8.2 (Berkeley) 3/17/94
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/utmp.5,v 1.20 2003/07/08 12:46:25 dannyboy Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man5/utmp.5,v 1.21 2003/09/08 19:57:20 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd November 14, 2001
@@ -45,7 +45,7 @@
.In sys/types.h
.In utmp.h
.Sh 解説
-.Aq Pa utmp.h
+.In utmp.h
ファイルは、
.Nm
ファイルでの現在のユーザについての情報や
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man7/groff_mdoc.7 b/ja_JP.eucJP/man/man7/groff_mdoc.7
index 9b3802e574..159d002163 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man7/groff_mdoc.7
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man7/groff_mdoc.7
@@ -841,7 +841,7 @@ troff の制限により
次の例では、マニュアルページのヘッダの左側 (これは右側と同じものです) と
中央に書かれる文字列を示しています。
.Ql \e&
-が数値 1 を正当な数値として解釈されないようにしている点に注意してください。
+が数値 7 を正当な数値として解釈されないようにしている点に注意してください。
.
.Bd -ragged
.Bl -tag -width ".Li .Dt\ FOO\ 2\ i386" -compact -offset indent
@@ -1172,6 +1172,15 @@ troff コマンドは一般的に以下のような形式をとります。
.Ql \e&
でエスケープしてください。
.Pp
+.Nm \-mdoc
+は次の句読点文字を認識します。
+.
+.Bl -column -offset indent-two XXXXXX XXXXXX XXXXXX XXXXXX
+.It Li .\& Ta Li ,\& Ta Li :\& Ta Li ;\& Ta Li (\&
+.It Li )\& Ta Li [\& Ta Li ]\& Ta Li ?\& Ta Li !\&
+.El
+.Pp
+.
.Xr troff
はマクロ言語としての限界から、以下のような、数学、論理学、引用符の
集合のメンバを含んだ文字列を表現するのは困難です。
@@ -1770,6 +1779,12 @@ C ヘッダファイルを指定します。
.Ql .Lb
マクロとともに使用されるキーワードを示しています。
+.Pp
+.Sx ライブラリ
+のセクションでは、
+.Ql .Lb
+コマンドは、引数の表示の前後でラインブレイクを引き起こします。
+.Pp
.
.Ss リテラル
.
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man7/hier.7 b/ja_JP.eucJP/man/man7/hier.7
index b8c2a8b207..4c69aeea49 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man7/hier.7
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man7/hier.7
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)hier.7 8.1 (Berkeley) 6/5/93
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/hier.7,v 1.86 2003/08/08 11:15:57 simon Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/hier.7,v 1.87 2003/09/13 16:23:49 eivind Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd June 5, 1993
@@ -698,9 +698,10 @@ crontab ファイル。
.It Pa db/
システム固有のさまざまなデータベースファイル。自動生成される。
.It Pa empty/
-特権分離のために
+特別に空のディレクトリが必要なプログラムによって使用される、空のディレクトリ。
+例えば、特権分離のために
.Xr sshd 8
-が使用する空のディレクトリ。
+が使用します。
.Xr sshd 8
参照
.It Pa games/
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man7/ports.7 b/ja_JP.eucJP/man/man7/ports.7
index 17e39a63be..09a40400a5 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man7/ports.7
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man7/ports.7
@@ -23,7 +23,7 @@
.\" (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF
.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/ports.7,v 1.37 2003/06/23 20:01:58 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/ports.7,v 1.38 2003/09/13 16:16:31 eivind Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd January 25, 1998
@@ -380,9 +380,6 @@ package を置くディレクトリ。
このマニュアルページは、もともとは
.An David O'Brien
によるものです。
-ports コレクションは
-.An Satoshi Asami
-と恐るべき port チームによって維持管理されています。
.Sh 歴史
ports コレクション
は、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man7/release.7 b/ja_JP.eucJP/man/man7/release.7
index 714d98d389..ee7128f910 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man7/release.7
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man7/release.7
@@ -22,7 +22,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/release.7,v 1.31 2003/08/04 21:00:35 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/release.7,v 1.32 2003/09/21 06:33:14 ru Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.\" WORD: clean system まっさらのシステム[release.7]
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man7/tuning.7 b/ja_JP.eucJP/man/man7/tuning.7
index e97433e068..a4b442e9ae 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man7/tuning.7
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man7/tuning.7
@@ -2,7 +2,7 @@
.\" the BSD Copyright as specified in the file "/usr/src/COPYRIGHT" in
.\" the source tree.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/tuning.7,v 1.61 2003/05/21 15:49:01 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/tuning.7,v 1.62 2003/09/14 23:44:55 hmp Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd June 25, 2002
@@ -50,7 +50,7 @@ VM ページ走査コードが効率的に動かなくなります。
メモリをさらに追加した時も同様です。
最後に、複数の SCSI ディスク (あるいは異なるコントローラ上にある
複数の IDE ディスク) を備えた大規模なシステムにおいては、
-それぞれのドライブ (最大 4 ドライブ) にスワップを置くことを強く推奨します。
+それぞれのドライブにスワップを置くことを強く推奨します。
各ドライブ上のスワップパーティションがほぼ同じ大きさになる
ようにしてください。
カーネルは任意の大きさを扱うことができますが、内部のデータ構造は
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/adduser.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/adduser.8
index a8f19b6810..3514178a58 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/adduser.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/adduser.8
@@ -24,7 +24,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/adduser/adduser.8,v 1.50 2003/06/20 19:23:55 mtm Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/adduser/adduser.8,v 1.51 2003/09/10 19:24:35 ru Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd August 14, 2002
@@ -74,7 +74,7 @@ passwd/group の登録を行い、
.Ux
における基本的なパラメータを変更するほどの重要な理由ではありま
せんでした。
-.Pa /usr/include/utmp.h
+.In utmp.h
ファイル内の
.Dv UT_NAMESIZE
パラメータを変更し、全てを再コンパイルすることで、変更できますが、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/amd.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/amd.8
index ac6e224bde..d96bf3696a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/amd.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/amd.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1989 Jan-Simon Pendry
.\" Copyright (c) 1989 Imperial College of Science, Technology & Medicine
.\" Copyright (c) 1989 The Regents of the University of California.
@@ -38,8 +38,8 @@
.\"
.\" %W% (Berkeley) %G%
.\"
-.\" %Id: amd.8,v 1.3 1999/09/30 21:01:29 ezk Exp %
-.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/amd/amd.8,v 1.17 2002/12/12 17:25:52 ru Exp %
+.\" $Id: amd.8,v 1.26 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/amd/amd.8,v 1.18 2003/09/02 15:42:56 mbr Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/amq.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/amq.8
index f4ffaba06e..eea497e686 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/amq.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/amq.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1990 Jan-Simon Pendry
.\" Copyright (c) 1990 Imperial College of Science, Technology & Medicine
.\" Copyright (c) 1990 The Regents of the University of California.
@@ -40,8 +40,8 @@
.\"
.\" %W% (Berkeley) %G%
.\"
-.\" %Id: amq.8,v 1.2 1999/01/10 21:53:58 ezk Exp %
-.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/amq/amq.8,v 1.9 2002/12/12 17:25:52 ru Exp %
+.\" $Id: amq.8,v 1.18 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/amq/amq.8,v 1.10 2003/09/02 15:42:56 mbr Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/boot0cfg.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/boot0cfg.8
index 1f0500967a..7a9fd0815f 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/boot0cfg.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/boot0cfg.8
@@ -22,7 +22,7 @@
.\" OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE,
.\" EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/boot0cfg/boot0cfg.8,v 1.21 2003/04/15 21:03:19 jhb Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/boot0cfg/boot0cfg.8,v 1.22 2003/09/14 13:41:57 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/bsdlabel.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/bsdlabel.8
index 524f214958..add2897f3a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/bsdlabel.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/bsdlabel.8
@@ -33,7 +33,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)disklabel.8 8.2 (Berkeley) 4/19/94
-.\" %FreeBSD: src/sbin/bsdlabel/bsdlabel.8,v 1.54 2003/05/24 19:53:08 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/bsdlabel/bsdlabel.8,v 1.55 2003/09/08 19:57:18 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -316,7 +316,7 @@ Vinum ドライブでは
ユーティリティは多くの他のパーティション型を知っていますが、
それらは現在使用されていません。
(詳細は、
-.Aq Pa sys/disklabel.h
+.In sys/disklabel.h
ファイルで
.Dv FS_UNUSED
で始まっている定義を参照してください。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/edquota.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/edquota.8
index 172b3706e5..3d3112545a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/edquota.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/edquota.8
@@ -33,7 +33,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)edquota.8 8.1 (Berkeley) 6/6/93
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/edquota/edquota.8,v 1.18 2003/07/29 13:25:56 yar Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/edquota/edquota.8,v 1.19 2003/09/10 19:24:35 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -198,7 +198,7 @@
ハードリミットと同じ意味を持つようになり、
それ以上のファイルの割り当てができなくなります。
デフォルトの猶予期間は
-.Pa /usr/include/ufs/ufs/quota.h
+.In ufs/ufs/quota.h
で定義されています。
.Fl t
オプションにより猶予期間を変更することができます。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/fixmount.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/fixmount.8
index 63f6ba9b85..0ac7450abb 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/fixmount.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/fixmount.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1990 Jan-Simon Pendry
.\" Copyright (c) 1990 Imperial College of Science, Technology & Medicine
.\" Copyright (c) 1990 The Regents of the University of California.
@@ -38,8 +38,8 @@
.\"
.\" %W% (Berkeley) %G%
.\"
-.\" %Id: fixmount.8,v 1.2 1999/01/10 21:54:26 ezk Exp %
-.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/fixmount/fixmount.8,v 1.8 2002/12/12 17:25:52 ru Exp %
+.\" $Id: fixmount.8,v 1.12 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/fixmount/fixmount.8,v 1.9 2003/09/02 15:42:56 mbr Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd February 26, 1993
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/fsdb.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/fsdb.8
index 0be087e173..c0c9c3bb2a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/fsdb.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/fsdb.8
@@ -26,7 +26,7 @@
.\" ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE
.\" POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/sbin/fsdb/fsdb.8,v 1.23 2002/08/21 18:10:35 trhodes Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/fsdb/fsdb.8,v 1.25 2003/08/30 07:49:42 brueffer Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd September 14, 1995
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/fsinfo.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/fsinfo.8
index 9de7597bbe..b0cb5ae8cc 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/fsinfo.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/fsinfo.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1993 Jan-Simon Pendry.
.\" Copyright (c) 1993
.\" The Regents of the University of California. All rights reserved.
@@ -33,8 +33,8 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" from: @(#)fsinfo.8 8.1 (Berkeley) 6/28/93
-.\" %Id: fsinfo.8,v 1.2 1999/01/10 21:54:28 ezk Exp %
-.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/fsinfo/fsinfo.8,v 1.7 2002/12/12 17:25:52 ru Exp %
+.\" $Id: fsinfo.8,v 1.13 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/fsinfo/fsinfo.8,v 1.8 2003/09/02 15:42:56 mbr Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/ftpd.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/ftpd.8
index 2163c73a59..1da5ec0fc0 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/ftpd.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/ftpd.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)ftpd.8 8.2 (Berkeley) 4/19/94
-.\" %FreeBSD: src/libexec/ftpd/ftpd.8,v 1.64 2003/06/08 12:39:17 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/libexec/ftpd/ftpd.8,v 1.66 2003/09/14 16:42:46 ume Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd January 27, 2000
@@ -68,11 +68,9 @@
.Bl -tag -width indent
.It Fl 4
.Fl D
-が指定されている場合、IPv4 接続を受け付けます。
-.Fl 6
-もまた指定されている場合、IPv4 接続を AF_INET6 ソケット経由で受け付けます。
-.Fl 6
-が指定されていない場合、IPv4 接続を AF_INET ソケット経由で受け付けます。
+が指定されている場合、IPv4 接続を
+.Dv AF_INET4
+ソケット経由で受け付けます。
.It Fl 6
.Fl D
が指定されている場合、AF_INET6 ソケット経由の接続を受け付けます。
@@ -202,6 +200,9 @@ RETR が無効化され、
詳細は
.Xr umask 2
を参照してください。
+このオプションに対し、
+.Xr login.conf 5
+の設定が優先します。
.It Fl v
.Fl d
と同じ意味です。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/hlfsd.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/hlfsd.8
index b5c918933a..cde8a4f5f5 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/hlfsd.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/hlfsd.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1989 Jan-Simon Pendry
.\" Copyright (c) 1989 Imperial College of Science, Technology & Medicine
.\" Copyright (c) 1989 The Regents of the University of California.
@@ -36,8 +36,8 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %Id: hlfsd.8,v 1.2 1999/01/10 21:54:32 ezk Exp %
-.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/hlfsd/hlfsd.8,v 1.11 2002/12/12 17:25:52 ru Exp %
+.\" $Id: hlfsd.8,v 1.15 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/hlfsd/hlfsd.8,v 1.12 2003/09/02 15:42:57 mbr Exp %
.\"
.\" HLFSD was written at Columbia University Computer Science Department, by
.\" Erez Zadok <ezk@cs.columbia.edu> and Alexander Dupuy <dupuy@smarts.com>
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/ifconfig.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/ifconfig.8
index b4142dc662..1de8e4c224 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/ifconfig.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/ifconfig.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" From: @(#)ifconfig.8 8.3 (Berkeley) 1/5/94
-.\" %FreeBSD: src/sbin/ifconfig/ifconfig.8,v 1.71 2003/05/14 16:22:16 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/ifconfig/ifconfig.8,v 1.72 2003/10/01 08:32:37 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -225,6 +225,13 @@ NS アドレスを全て無効にすることにより再度ホスト部分を指定可能となります。
アドレス解決プロトコル
.Pq Xr arp 4
の使用を禁止します。
+.It Cm staticarp
+アドレス解決プロトコルが有効な場合、
+ホストはそれ自身のアドレスについての要求に対してのみ応答し、
+いかなる要求も送信しません。
+.It Fl staticarp
+アドレス解決プロトコルが有効な場合、
+通常のように動作、すなわち要求を送信して応答を聞き取ります。
.It Cm broadcast
ネットワークに対するブロードキャストアドレスを指定します。
ブロードキャストアドレスのデフォルト値は、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/ip6fw.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/ip6fw.8
index 64a0e7bd33..4306707b29 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/ip6fw.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/ip6fw.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" %FreeBSD: src/sbin/ip6fw/ip6fw.8,v 1.18 2003/03/03 22:46:35 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/ip6fw/ip6fw.8,v 1.19 2003/09/10 19:24:34 ru Exp %
.\"
.\" $KAME$
.\"
@@ -347,7 +347,7 @@ TCP および UDP プロトコルでは、オプションで
範囲は最初の値としてのみ指定でき、ポートリスト長は
.Dv IPV6_FW_MAX_PORTS
(
-.Pa /usr/src/sys/netinet6/ip6_fw.h
+.In netinet6/ip6_fw.h
で指定) 個のポートまでに制限されています。
.Pp
0 ではないオフセットを持つ (すなわち、最初のフラグメントではない)
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/ipfw.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/ipfw.8
index d33b8bb1f6..6a32817f34 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/ipfw.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/ipfw.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" %FreeBSD: src/sbin/ipfw/ipfw.8,v 1.131 2003/07/22 07:41:24 luigi Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/ipfw/ipfw.8,v 1.133 2003/09/26 12:22:28 rse Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -1101,11 +1101,31 @@ ether_demux() と ether_output_frame() から
.Cm any
キーワード (任意の MAC アドレスにマッチします) または
コロンで区切った 16 進数 6 個の組で指定します。
-この 6 個組アドレスの後ろには、オプションとして、次に示すような
-(何ビットが重要かを表す) マスクをつけることができます。
+この 6 個組アドレスの後ろには、オプションとして、
+重要なビットを表現するマスクをつけることができます。
+マスクは次のいずれかの方法で指定可能です:
+.Bl -enum -width indent
+.It
+スラッシュ
+.Pq /
+に続けて、重要なビット数を指定します。
+例えば、重要なビットが 33 ビットであるアドレスは次のように指定します:
.Pp
.Dl "MAC 10:20:30:40:50:60/33 any"
.Pp
+.It
+アンパサンド
+.Pq &
+に続けて、
+コロン区切りの 6 組の 16 進数として指定されるビットマスクを指定します。
+例えば、最後の 16 ビットが重要であるアドレスは次のように指定します:
+.Pp
+.Dl "MAC 10:20:30:40:50:60&00:00:00:00:ff:ff any"
+.Pp
+多くのシェルでアンパサンド文字は特別な意味を持ちますので、
+普通はエスケープが必要であることに注意してください。
+.Pp
+.El
MAC アドレスの順序 (宛先が最初で 2 番目に発信元) は
物理的な線上のものと同じですが、
IP アドレスで使用されるものとは反対であることに注意して下さい。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/isdndebug.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/isdndebug.8
index c235fd2dd0..1445ece2bc 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/isdndebug.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/isdndebug.8
@@ -22,9 +22,9 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" $Id: isdndebug.8,v 1.14 2002-12-16 03:22:09 horikawa Exp $
+.\" $Id: isdndebug.8,v 1.15 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/i4b/isdndebug/isdndebug.8,v 1.16 2002/07/14 14:43:15 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/i4b/isdndebug/isdndebug.8,v 1.17 2003/09/14 13:41:58 ru Exp %
.\"
.\" last edit-date: [Wed May 31 10:15:07 2000]
.\"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/mk-amd-map.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/mk-amd-map.8
index f35f0f97f0..8920e3d7e5 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/mk-amd-map.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/mk-amd-map.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1993 Jan-Simon Pendry
.\" Copyright (c) 1993
.\" The Regents of the University of California. All rights reserved.
@@ -33,8 +33,8 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" from: @(#)mk-amd-map.8 8.1 (Berkeley) 6/28/93
-.\" %Id: mk-amd-map.8,v 1.2 1999/01/10 21:54:41 ezk Exp %
-.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/mk-amd-map/mk-amd-map.8,v 1.4 2001/07/10 10:40:02 ru Exp %
+.\" $Id: mk-amd-map.8,v 1.11 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/mk-amd-map/mk-amd-map.8,v 1.5 2003/09/02 15:42:57 mbr Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/mksnap_ffs.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/mksnap_ffs.8
index b8c646a71f..e6c35523c9 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/mksnap_ffs.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/mksnap_ffs.8
@@ -32,7 +32,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/sbin/mksnap_ffs/mksnap_ffs.8,v 1.2 2003/05/24 19:53:08 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/mksnap_ffs/mksnap_ffs.8,v 1.3 2003/09/07 14:11:02 charnier Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd January 19, 2003
@@ -69,7 +69,7 @@
.Sh 関連項目
.Xr chmod 2 ,
.Xr chown 8 ,
-.Xr mount_ffs 8
+.Xr mount 8
.Sh 歴史
.Nm
ユーティリティが最初に登場したのは
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_cd9660.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_cd9660.8
index 1c3f9a33b8..2fe3d88d4f 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_cd9660.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_cd9660.8
@@ -34,7 +34,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)mount_cd9660.8 8.3 (Berkeley) 3/27/94
-.\" %FreeBSD: src/sbin/mount_cd9660/mount_cd9660.8,v 1.21 2002/08/21 18:10:55 trhodes Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/mount_cd9660/mount_cd9660.8,v 1.22 2003/09/26 20:26:21 fjoe Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd March 27, 1994
@@ -48,6 +48,7 @@
.Op Fl begjrv
.Op Fl o Ar options
.Op Fl s Ar startsector
+.Op Fl C Ar charset
.Ar special | node
.Sh 解説
.Nm
@@ -125,6 +126,11 @@
ここで正しい
.Ar startsector
を指定することで、マルチセッション CD の任意のセッションをマウント可能です。
+.It Fl C Ar charset
+Joliet 拡張使用時に Unicode ファイル名を変換するために使用する、
+ローカルの
+.Ar charset
+を指定します。
.It Fl v
どのセクタから開始するかについての決定について冗長に報告します。
.El
@@ -153,3 +159,7 @@ ECMA はサポートしていません。
ユーティリティは、
.Bx 4.4
で最初に登場しました。
+.Pp
+Unicode 変換ルーチンは 2003 年に
+.An Ryuichiro Imura Aq imura@ryu16.org
+が追加しました。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_msdosfs.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_msdosfs.8
index 98d312f026..ae2340132b 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_msdosfs.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_msdosfs.8
@@ -28,7 +28,7 @@
.\" (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF
.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/sbin/mount_msdosfs/mount_msdosfs.8,v 1.27 2003/08/12 20:06:55 trhodes Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/mount_msdosfs/mount_msdosfs.8,v 1.28 2003/09/26 20:26:21 fjoe Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -50,6 +50,7 @@
.Op Fl 9
.\".Op Fl G
.Op Fl L Ar locale
+.Op Fl D Ar dos-codepage
.Op Fl W Ar table
.Pa special
.Pa node
@@ -161,54 +162,39 @@ Win'95 のロングファイル名のリストおよび生成を強制し、
.\"limited to the boot block. This option enforces
.\".Fl s .
.It Fl L Ar locale
-DOS と Win'95 の国際大文字小文字名前変換において使用される
+DOS と Win'95 のファイル名変換において使用される
ロケール名を指定します。
デフォルトでは ISO 8859-1 がローカルな文字セットと仮定されます。
+.It Fl D Ar dos-codepage
+DOS 名用にファイル名変換に使用する、
+MS-DOS コードページ (IBM/OEM コードページとも呼ばれます) の名前を指定します。
.It Fl W Ar table
-3 個の変換表を含むテキストファイルを指定します:
-.Bl -enum
-.It
-Win'95 のロングファイル名に対して、
-ローカル文字セットから Unicode へ変換する表 (上半分)であり、
-行ごとに 8 個に分割された 128 Unicode コードです。
-Unicode に存在しないコードがあった場合、
-0x003F コード ('?') を代わりに使用します。
-.It
-DOS 名に対して、
-DOS からローカル文字セットへ変換する表 (上半分) であり、
-行ごとに 8 個に分割された 128 文字コードです。
-変換できないものに対しては、
-コード 0x3F ('?') を使用します。
-.It
-DOS 名に対して、
-ローカル文字セットから DOS へ変換する表 (上半分) であり、
-行ごとに 8 個に分割された 128 文字コードです。
-特殊な意味を持つコードがあります:
-.Bl -hang
-.It 0x00
-DOS フィイル名において禁止されている文字;
-.It 0x01
-DOS ファイル名において '_' に変換されるべき文字;
-.It 0x02
-DOS ファイル名においてスキップされるべき文字;
-.El
-.El
+このオプションは後方互換性のために維持されており、
+将来削除されます。
+このオプションを使用しないでください。
.Pp
-デフォルトでは ISO 8859-1 がローカル文字セットとして仮定されます。
-パスが絶対パスでない場合、
-.Pa /usr/libdata/msdosfs/
-プレフィックスが前に付きます。
-.El
-.Sh 関連ファイル
-.Bl -tag -width /usr/libdata/msdosfs -compact
-.It Pa /usr/libdata/msdosfs
-文字セット変換表のデフォルトの置き場所
+変換表には次のようなテキストファイル名を指定します:
+iso22dos, iso72dos, koi2dos, koi8u2dos。
.El
+.Sh 使用例
+/dev/ad1s1 にあるロシア語 MSDOS ファイルシステムをマウントする場合:
+.Bd -literal -offset indent
+# mount_msdosfs -L ru_RU.KOI8-R -D CP866 /dev/ad1s1 /mnt
+.Ed
+.Pp
+/dev/ad1s1 にある日本語 MSDOS ファイルシステムをマウントする場合:
+.Bd -literal -offset indent
+# mount_msdosfs -L ja_JP.eucJP -D CP932 /dev/ad1s1 /mnt
+.Ed
.Sh 関連項目
.Xr mount 2 ,
.Xr unmount 2 ,
.Xr fstab 5 ,
.Xr mount 8
+.Pp
+ローカライズされた MS オペレーティングシステムの一覧:
+.Pa http://www.microsoft.com/globaldev/reference/oslocversion.mspx
+。
.Sh 警告
Win'95 で使用しているものと同様の手続きを使用して注意しているにもかかわらず、
.Fl 9
@@ -234,3 +220,7 @@ MS-DOS ファイルシステムをマウントするだけで、
よりそれらしい名前の
.Nm
が出来たため廃止されました。
+.Pp
+文字コード変換ルーチンは 2003 年に
+.An Ryuichiro Imura Aq imura@ryu16.org
+が追加しました。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_nfs.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_nfs.8
index 3fa70f62e4..03bb5968ae 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_nfs.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_nfs.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)mount_nfs.8 8.3 (Berkeley) 3/29/95
-.\" %FreeBSD: src/sbin/mount_nfs/mount_nfs.8,v 1.39 2003/05/17 22:53:44 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/mount_nfs/mount_nfs.8,v 1.40 2003/09/10 08:24:33 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\""
@@ -235,12 +235,14 @@ NQNFS と NFSV3 において、\fBReaddir_and_Lookup\fR RPCを使うことを
の接続を無効化します。
同じ名前で A レコードと AAAA レコードを持つホストにおいて有用です。
.El
-.Bl -tag -width ".Cm dumbtimer"
+.Pp
.Ss 歴史的な Fl o Ss オプション
+.Pp
これらのオプションを使用する事は勧められません。
歴史的な
.Nm
との互換性のためにここに記述してあります。
+.Bl -tag -width ".Cm dumbtimer"
.It Cm bg
.Fl b
と同じ。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_ntfs.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_ntfs.8
index 5578c14d92..de680ec4f0 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_ntfs.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/mount_ntfs.8
@@ -28,7 +28,7 @@
.\" (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF
.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/sbin/mount_ntfs/mount_ntfs.8,v 1.18 2002/08/21 18:11:03 trhodes Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/mount_ntfs/mount_ntfs.8,v 1.19 2003/09/26 20:26:21 fjoe Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" revision 1.2.2.2 に追従済
@@ -45,6 +45,7 @@
.Op Fl u Ar uid
.Op Fl g Ar gid
.Op Fl m Ar mask
+.Op Fl C Ar charset
.Op Fl W Ar u2wtable
.Pa special
.Pa node
@@ -85,6 +86,12 @@ POSIX 名以外のすべての名前に対し、
ファイルシステムがマウントされたディレクトリのグループです。
.It Fl m Ar mask
ファイルシステム中のファイルの、最大のパーミッションを指定します。
+.It Fl C Ar charset
+Unicode ファイル名を変換するローカルな
+.Ar charset
+を指定します。
+現在のところ、読み取りのみがサポートされていますので、
+ファイルシステムは読み取り専用でマウントしてください。
.It Fl W Ar u2wtable
.Ux
から
@@ -93,6 +100,9 @@ POSIX 名以外のすべての名前に対し、
本オプションについての記述は、
.Xr mount_msdosfs 8
を参照してください。
+このオプションは後方互換性のために維持されていますので
+このオプションを使用しないでください。
+このオプションは将来削除されます。
.El
.Sh 特徴
NTFS のファイル属性は、次のようにアクセスされます:
@@ -121,6 +131,13 @@ foo[[:ATTRTYPE]:ATTRNAME]
.Bd -literal -offset indent
# cat /mnt/foodir:\\$INDEX_ROOT:\\$I30
.Ed
+.Pp
+/dev/ad0s1 にある
+.Pa 日本語の
+NTFS ボリュームをマウントするには次のようにします:
+.Bd -literal -offset indent
+# mount_ntfs -C eucJP /dev/ad0s1 /mnt
+.Ed
.Sh 書き込み
書き込み能力には制限があります。
制限:
@@ -129,6 +146,7 @@ foo[[:ATTRTYPE]:ATTRNAME]
である必要があり、
疎であっては (未初期化領域を持っていては) なりません。
また圧縮ファイルもサポートしていません。
+ファイル名には、マルチバイト文字を含んではなりません。
.Sh 関連項目
.Xr mount 2 ,
.Xr unmount 2 ,
@@ -145,6 +163,9 @@ NTFS ボリュームへの書き込みに関する詳細は、
ユーティリティが最初に登場したのは
.Fx 3.0
です。
+Unicode 変換ルーチンは 2003 年に
+.An Ryuichiro Imura Aq imura@ryu16.org
+が追加しました。
.Sh 作者
NTFS のカーネル実装と、
.Nm
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/mrouted.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/mrouted.8
index d2f9609a84..50980518e8 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/mrouted.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/mrouted.8
@@ -1,6 +1,6 @@
.\"COPYRIGHT 1989 by The Board of Trustees of Leland Stanford Junior University.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/mrouted/mrouted.8,v 1.27 2002/12/27 12:15:38 schweikh Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/mrouted/mrouted.8,v 1.28 2003/09/14 13:41:58 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd May 8, 1995
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/mtree.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/mtree.8
index 714dda6468..11cb6b2a96 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/mtree.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/mtree.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" From: @(#)mtree.8 8.2 (Berkeley) 12/11/93
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/mtree/mtree.8,v 1.39 2002/12/12 17:26:02 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/mtree/mtree.8,v 1.40 2003/09/14 13:41:58 ru Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd February 26, 1999
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/natd.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/natd.8
index a89d1f8942..da994ec8cf 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/natd.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/natd.8
@@ -1,4 +1,4 @@
-.\" %FreeBSD: src/sbin/natd/natd.8,v 1.60 2003/08/13 15:13:33 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/natd/natd.8,v 1.61 2003/09/23 07:41:55 marcus Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd February 28, 2003
@@ -33,6 +33,7 @@
.Op Fl log_denied
.Op Fl log_facility Ar facility_name
.Op Fl punch_fw Ar firewall_range
+.Op Fl skinny_port Ar port
.Op Fl log_ipfw_denied
.Op Fl pid_file | P Ar pidfile
.Ek
@@ -485,6 +486,13 @@ divert ポートが用いられます。
.Ar count
個のルールが使用され、ファイアウォールに穴を開けます。
すべてのルールに対する範囲は、起動時にクリアされます。
+.It Fl skinny_port Ar port
+このオプションで、Skinny Station プロトコルに使用する TCP ポートを
+指定可能です。
+Cisco Call Managers と通信してボイスオーバ IP コールを設定するために、
+Cisco IP 電話が Skinny を使用します。
+デフォルトでは、Skinny エイリアスは実行されません。
+Skinny 用の典型的なポート番号は 2000 です。
.It Fl log_ipfw_denied
.Xr ipfw 8
ルールがブロックしたことにより、パケットが再挿入できなかったときに、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/newfs.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/newfs.8
index cce1d06d56..27a6a96d8d 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/newfs.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/newfs.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)newfs.8 8.6 (Berkeley) 5/3/95
-.\" %FreeBSD: src/sbin/newfs/newfs.8,v 1.61 2003/04/20 19:16:21 brueffer Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/newfs/newfs.8,v 1.63 2003/09/14 20:35:22 ceri Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd May 18, 2002
@@ -155,7 +155,7 @@ inode 数を多くしたい場合は小さな値を指定します。
指定します。
これは最低限の空き領域のしきい値となります。
デフォルト値は
-.Aq Pa ufs/ffs/fs.h
+.In ufs/ffs/fs.h
にて
.Dv MINFREE
と定義され、現在 8% です。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/ping.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/ping.8
index d685b9e380..d0c51e8520 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/ping.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/ping.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)ping.8 8.2 (Berkeley) 12/11/93
-.\" %FreeBSD: src/sbin/ping/ping.8,v 1.49 2003/06/25 13:02:18 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/ping/ping.8,v 1.50 2003/09/08 19:57:18 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -463,8 +463,7 @@ IP パケットの
から少なくとも 1 回の応答を受信した場合、終了値 0 を返します;
送出は成功したものの応答を受信できない場合は 2 を返します;
エラーが発生した場合は、他の値
-.No ( Aq Pa sysexits.h
-に記述されている値)
+.In ( sysexits.h
が返されます。
.Sh 関連項目
.Xr netstat 1 ,
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/ppp.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/ppp.8
index 21c5f4411b..b05c20150a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/ppp.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/ppp.8
@@ -23,7 +23,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/ppp/ppp.8.m4,v 1.305 2003/06/20 18:14:57 ume Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/ppp/ppp.8.m4,v 1.306 2003/09/23 07:41:54 marcus Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -3398,6 +3398,17 @@ FTP または IRC DCC 接続用にファイアウォールに穴を開けるよう指示します。
コマンドを実行すると、この範囲は削除されます。
.Pp
引数を指定しないと、ファイアウォールの穴開けは無効になります。
+.It nat skinny_port Op Ar port
+このコマンドは、
+.Nm
+に対し、
+どの TCP ポートが Skinny Station プロトコルによって使用されるかを通知します。
+Cisco Call Managers と通信してボイスオーバ IP コールを設定するために、
+Cisco IP 電話が Skinny を使用します。
+デフォルトでは、Skinny エイリアスは実行されません。
+Skinny 用の典型的なポート番号は 2000 です。
+.Pp
+引数を指定しないと、Skinny エイリアスは無効化されます。
.It nat same_ports yes|no
有効になると、
ネットワークアドレス変換エンジンに対して、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/rarpd.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/rarpd.8
index 8e3a84d18d..a9e7097c77 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/rarpd.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/rarpd.8
@@ -1,4 +1,4 @@
-.\" @(#) %FreeBSD: src/usr.sbin/rarpd/rarpd.8,v 1.19 2002/07/14 14:45:20 charnier Exp % (LBL)
+.\" @(#) %FreeBSD: src/usr.sbin/rarpd/rarpd.8,v 1.20 2003/08/16 22:23:16 charnier Exp % (LBL)
.\"
.\" Copyright (c) 1990, 1991, 1993 The Regents of the University of
.\" California. All rights reserved.
@@ -28,9 +28,13 @@
.Nd 逆 ARP デーモン
.Sh 書式
.Nm
-.Op Fl adfsv
+.Fl a
+.Op Fl dfsv
.Op Fl t Ar directory
-.Op Ar interface
+.Nm
+.Op Fl dfsv
+.Op Fl t Ar directory
+.Ar interface
.Sh 解説
.Nm
ユーティリティは、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/route.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/route.8
index 07f3ddac93..bf76b0e61c 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/route.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/route.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)route.8 8.3 (Berkeley) 3/19/94
-.\" %FreeBSD: src/sbin/route/route.8,v 1.32 2002/07/06 19:34:51 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/route/route.8,v 1.34 2003/09/26 18:10:11 bms Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -328,6 +328,15 @@ prefixlen のデフォルト値は 64 であり、
.Xr arp 8
はそのように報告します。
.Pp
+省略可能な
+.Fl genmask
+修正子は、クローンマスクが存在することを指定します。
+これは、子の経路が作成されるべきかどうかを判断するときに、
+マスクが適用されることを指定します。
+これは、
+.Dv RTF_CLONING
+フラグが設定されたネットワーク経路に対してのみ適用されます。
+.Pp
.Ar destination
.Ar gateway
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/rtsold.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/rtsold.8
index 65e3a1ad79..4b23331648 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/rtsold.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/rtsold.8
@@ -1,4 +1,4 @@
-.\" $KAME: rtsold.8,v 1.16 2000/10/15 13:19:05 itojun Exp $
+.\" $KAME: rtsold.8,v 1.20 2003/04/11 12:46:12 jinmei Exp $
.\"
.\" Copyright (C) 1995, 1996, 1997, and 1998 WIDE Project.
.\" All rights reserved.
@@ -27,7 +27,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/rtsold/rtsold.8,v 1.11 2003/08/08 16:42:37 ume Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/rtsold/rtsold.8,v 1.12 2003/08/17 11:11:32 ume Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" WORD: mobility 可搬性 [WIDE IPv6 working group]
@@ -71,7 +71,7 @@ ICMPv6 ルータ要請メッセージを、指定されたインタフェース上で送信します。
.Pp
.Nm
ユーティリティは、IPv6 ホスト
-(非ルータノード)
+.Pq 非ルータノード
のみで実行すべきです。
.Pp
本プログラムを
@@ -157,7 +157,7 @@ OtherConfig フラグがセットされたルータ通知をデーモンが受け取ると、
.Pa /var/run/rtsold.dump
にダンプします。
.\"
-.Sh オプション
+オプションは次の通りです:
.Bl -tag -width indent
.It Fl a
出力インタフェースを自動検出します。
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/savecore.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/savecore.8
index 8ad0e3378a..143ad8391a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/savecore.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/savecore.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" From: @(#)savecore.8 8.1 (Berkeley) 6/5/93
-.\" %FreeBSD: src/sbin/savecore/savecore.8,v 1.19 2002/08/21 18:11:42 trhodes Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/savecore/savecore.8,v 1.20 2003/09/04 10:07:01 dougb Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd September 23, 1994
@@ -43,6 +43,10 @@
.Nm
.Fl c
.Nm
+.Fl C
+.Op Fl v
+.Op Ar directory device
+.Nm
.Op Fl fkvz
.Op Ar directory Op Ar device ...
.Ar directory
@@ -57,6 +61,14 @@
.Pp
オプションは以下の通りです:
.Bl -tag -width indent
+.It Fl C
+ダンプが存在するかどうかチェックし、
+状態を示すために短かいメッセージを表示します。
+終了値 0 はダンプが存在することを意味し、
+1 は存在しないことを意味します。
+このオプションは、
+.Op Fl v
+オプションとのみ互換です。
.It Fl c
ダンプをクリアし、これ以降起動される
.Nm
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/sendmail.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/sendmail.8
index 9b9945dc22..3bc455d9e3 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/sendmail.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/sendmail.8
@@ -9,13 +9,13 @@
.\" the sendmail distribution.
.\"
.\"
-.\" $Id: sendmail.8,v 8.51 2002/05/24 15:42:13 ca Exp %
+.\" $Id: sendmail.8,v 1.19 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" WORD: recipient 受け手[sendmail.8]
.\" WORD: envelope sender エンベロープ中の送り手[sendmail.8]
.\"
-.TH SENDMAIL 8 "$Date: 2002-11-18 06:17:45 $"
+.TH SENDMAIL 8 "$Date: 2003-10-13 02:42:27 $"
.SH 名称
sendmail
\- 電子メール配送デーモン
@@ -290,21 +290,21 @@ syslog メッセージ中で使われる識別子を、指定した
.I name
という名前のキューグループ中のジョブのみ処理します。
.TP
-\fB\-q\fR[\fI!\fR]I substr
+\fB\-q\fR[\fI!\fR]I\fIsubstr\fR
キュー ID の文字列に
.I substr
が含まれるジョブのみを処理します。
.I !
が指定されると、その逆となります。
.TP
-\fB\-q\fR[\fI!\fR]R substr
+\fB\-q\fR[\fI!\fR]R\fIsubstr\fR
受け手のリストの文字列に
.I substr
が含まれるジョブのみを処理します。
.I !
が指定されると、その逆となります。
.TP
-\fB\-q\fR[\fI!\fR]S substr
+\fB\-q\fR[\fI!\fR]S\fIsubstr\fR
送り手の文字列に
.I substr
が含まれるジョブのみを処理します。
@@ -700,4 +700,4 @@ http://www.sendmail.org/
コマンドは
4.2BSD
から登場しました。
-.\" %FreeBSD: src/contrib/sendmail/src/sendmail.8,v 1.10 2002/08/28 18:12:22 gshapiro Exp %
+.\" %FreeBSD: src/contrib/sendmail/src/sendmail.8,v 1.11 2003/09/19 23:14:57 gshapiro Exp %
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/smrsh.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/smrsh.8
index 3ffd9852ae..df3f4b8278 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/smrsh.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/smrsh.8
@@ -9,11 +9,11 @@
.\" the sendmail distribution.
.\"
.\"
-.\" $Id: smrsh.8,v 8.16 2002/04/25 13:33:40 ca Exp %
+.\" $Id: smrsh.8,v 1.14 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
-.TH SMRSH 8 "$Date: 2002-11-18 06:17:45 $"
+.TH SMRSH 8 "$Date: 2003-10-13 02:42:27 $"
.SH 名称
smrsh \- sendmail用に制限されたシェル
.SH 書式
@@ -51,7 +51,7 @@ sendmail からプログラムを実行する事ができたとしても、
`\en' (改行文字)
の文字を含むコマンドは実行しません。
``||'' と ``&&'' は、許可されており、次のようなコマンドを使用可能です:
-``"|exec /usr/local/bin/procmail -f- /etc/procmailrcs/user || exit 75"''
+``"|exec /usr/local/bin/filter || exit 75"''
.PP
プログラム名の前にあるパス名は全て取り除かれるため、
``/usr/bin/vacation'', ``/home/server/mydir/bin/vacation'', ``vacation''
@@ -61,8 +61,6 @@ sendmail からプログラムを実行する事ができたとしても、
sm.bin ディレクトリに置くプログラムを選ぶ際には慎重な
判断をすべきです。適切な物としては、
.IR vacation (1)
-や
-.IR procmail (1)
などがあげられるでしょう。いかなる要望があっても、シェルや、
.IR perl (1)
などのシェルに似たプログラムを
@@ -72,6 +70,12 @@ sm.bin
``#!''書式を用いた、シェルスクリプトや perl スクリプトを
sm.bin
ディレクトリに入れる事を制限する訳ではありません。
+.IR procmail (1)
+のようなメールフィルタプログラムを入れるのも、よくありません。
+.IR procmail (1)
+は、
+.IR procmailrc (5)
+を使用することで、ユーザが任意のプログラムを実行可能となってしまうからです。
.SH コンパイル
コンパイルはほとんどのシステムでつまらないものです。
デフォルトのサーチパス
@@ -86,4 +90,4 @@ sm.bin
/usr/libexec/sm.bin \- 制限されたプログラム用のディレクトリ
.SH 関連項目
sendmail(8)
-.\" %FreeBSD: src/contrib/sendmail/smrsh/smrsh.8,v 1.9 2002/08/28 18:12:13 gshapiro Exp %
+.\" %FreeBSD: src/contrib/sendmail/smrsh/smrsh.8,v 1.10 2003/09/19 23:14:57 gshapiro Exp %
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/sticky.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/sticky.8
index 6b8ed68bfe..a6ecd8bb50 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/sticky.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/sticky.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)sticky.8 8.1 (Berkeley) 6/5/93
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man8/sticky.8,v 1.8 2001/07/10 15:30:54 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man8/sticky.8,v 1.9 2003/09/10 19:24:35 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -50,7 +50,7 @@
ファイルのモードについての説明は、
.Xr chmod 2
や、
-.Pa /usr/include/sys/stat.h
+.In sys/stat.h
ファイルを参照してください。
.Sh スティッキーディレクトリ
`スティッキービット' が設定されたディレクトリは追加専用ディレクトリ、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/sysctl.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/sysctl.8
index a9e63f5c8a..147514a961 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/sysctl.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/sysctl.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" From: @(#)sysctl.8 8.1 (Berkeley) 6/6/93
-.\" %FreeBSD: src/sbin/sysctl/sysctl.8,v 1.50 2003/06/08 12:57:39 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/sbin/sysctl/sysctl.8,v 1.51 2003/09/08 19:57:18 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -260,22 +260,22 @@ compctl -K listsysctls sysctl
もっとも良く、かつ、おそらく唯一の方法は、それらを定義しているソースコードを
みる事であることは疑いのない事実でしょう。
.Sh 関連ファイル
-.Bl -tag -width ".Aq Pa netinet/icmp_var.h" -compact
-.It Aq Pa sys/sysctl.h
+.Bl -tag -width ".In netinet/icmp_var.h" -compact
+.It In sys/sysctl.h
トップレベルの識別子、第 2 レベルのカーネル/ハードウェア識別子、
そしてユーザレベル識別子の定義
-.It Aq Pa sys/socket.h
+.It In sys/socket.h
第 2 レベルのネットワーク識別子の定義
-.It Aq Pa sys/gmon.h
+.It In sys/gmon.h
第 3 レベルのプロファイル識別子の定義
-.It Aq Pa vm/vm_param.h
+.It In vm/vm_param.h
第 2 レベルの仮想メモリ識別子の定義
-.It Aq Pa netinet/in.h
+.It In netinet/in.h
第 3 レベルのインターネット識別子と
第 4 レベルの IP 識別子の定義
-.It Aq Pa netinet/icmp_var.h
+.It In netinet/icmp_var.h
第 4 レベルの ICMP 識別子の定義
-.It Aq Pa netinet/udp_var.h
+.It In netinet/udp_var.h
第 4 レベルの UDP 識別子の定義
.El
.Sh 互換性
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/syslogd.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/syslogd.8
index 79ed760d56..9baec2d6cf 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/syslogd.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/syslogd.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)syslogd.8 8.1 (Berkeley) 6/6/93
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/syslogd/syslogd.8,v 1.49 2002/12/12 17:26:04 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/syslogd/syslogd.8,v 1.50 2003/09/08 19:57:22 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -270,7 +270,7 @@ IPv4 または IPv6 のアドレスが使用されます。
優先順位コードを含んでいます。このコードは
.Sq Aq 5
のように括弧でくくられた 10 進数から構成されており、インクルードファイル
-.Aq Pa sys/syslog.h
+.In sys/syslog.h
で定義されている優先順位に対応します。
.Pp
セキュリティ上の理由から、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/talkd.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/talkd.8
index 422053dce2..a2ef8b6c52 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/talkd.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/talkd.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)talkd.8 8.2 (Berkeley) 12/11/93
-.\" %FreeBSD: src/libexec/talkd/talkd.8,v 1.6 2002/07/06 19:19:39 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/libexec/talkd/talkd.8,v 1.7 2003/09/08 19:57:18 ru Exp %
.\" $FreeBSD$
.\"
.Dd December 11, 1993
@@ -54,7 +54,7 @@
通常の操作では、呼び出し元のクライアントは、サーバに
メッセージタイプが
.Dv LOOK_UP
-.Pf ( Aq Pa protocols/talkd.h
+.In ( protocols/talkd.h
参照) である
.Dv CTL_MSG
構造体のメッセージを送って、
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/timed.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/timed.8
index 3a4813b114..725edeb32d 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/timed.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/timed.8
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)timed.8 8.1 (Berkeley) 6/6/93
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/timed/timed/timed.8,v 1.13 2002/07/14 14:46:33 charnier Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/timed/timed/timed.8,v 1.14 2003/10/03 00:44:11 naddy Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -43,8 +43,7 @@
.Sh 書式
.Nm
.Op Fl dtM
-.Op Fl i Ar network
-.Op Fl n Ar network
+.Op Fl i Ar network | Fl n Ar network
.Op Fl F Ar host ...
.Sh 解説
.Nm
@@ -195,7 +194,8 @@
マシンが返答しないというシステムログメッセージは、通常、
当該マシンがクラッシュまたは動作停止したことを示します。
マシンの初期時刻設定時の返答失敗に関する不平は、大概の場合、
-“マルチホーム” のマシンが複数のネットワークでタイムマスタを探した後、
+.Dq マルチホーム
+のマシンが複数のネットワークでタイムマスタを探した後、
別のネットワークにおいてスレーブになることを選択したことを示します。
.Sh 警告
2 つ以上の時刻デーモンが同じ時計を更新しようとした場合に、
@@ -217,14 +217,19 @@
ブロードキャストパケットが届くマシン間では、
.Fl F
フラグを使用する管理ドメインを 2 つ以上持つことはできません。
-このルールに従わないと、通常、"信用できない" マシンに関する不平が
+このルールに従わないと、通常、
+.Dq 信用できない
+マシンに関する不平が
システムログに書かれます。
.Sh 関連ファイル
.Bl -tag -width /var/log/timed.masterlog -compact
.It Pa /var/log/timed.log
-timed のトレースファイル
+.Nm
+のトレースファイル
.It Pa /var/log/timed.masterlog
-マスタ timed 用のトレースファイル
+マスタ
+.Nm
+用のトレースファイル
.El
.Sh 関連項目
.Xr date 1 ,
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/vinum.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/vinum.8
index dc1543225e..bf3ba04c10 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/vinum.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/vinum.8
@@ -34,8 +34,8 @@
.\" otherwise) arising in any way out of the use of this software, even if
.\" advised of the possibility of such damage.
.\"
-.\" $Id: vinum.8,v 1.33 2003-05-24 06:09:23 horikawa Exp $
-.\" %FreeBSD: src/sbin/vinum/vinum.8,v 1.63 2003/05/19 20:03:28 ru Exp %
+.\" $Id: vinum.8,v 1.34 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/sbin/vinum/vinum.8,v 1.64 2003/09/08 19:57:18 ru Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\" WORD: attach 結合 (する)
@@ -565,7 +565,7 @@ Vinum 論理ボリュームマネージャのカーネルコンポーネントと通信します。
内部デバッグフラグのビットマスクを設定します。
本製品が改良されるにつれ、このビットマスクは警告無しに変更されるでしょう。
確認のために、ヘッダファイル
-.Aq Pa sys/dev/vinumvar.h
+.In sys/dev/vinumvar.h
を見てください。
ビットマスクは次の値から構成されます:
.Bl -tag -width indent
@@ -1158,7 +1158,7 @@ vinum の設定は削除されました。
.Nm
は各オブジェクトについて多数の統計カウンタを保持しています。詳細は
ヘッダファイル
-.Aq Pa sys/dev/vinumvar.h
+.In sys/dev/vinumvar.h
を参照して下さい。
.\" XXX 仕上がったらここに入れる
これらのカウンタをリセットするためには
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/wicontrol.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/wicontrol.8
index 1b2650bdcf..ef6fe8d08a 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/wicontrol.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/wicontrol.8
@@ -28,7 +28,7 @@
.\" ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF
.\" THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/wicontrol/wicontrol.8,v 1.40 2003/05/22 11:52:23 ru Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/wicontrol/wicontrol.8,v 1.42 2003/09/29 06:34:47 imp Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
@@ -37,13 +37,21 @@
.Os
.Sh 名称
.Nm wicontrol
-.Nd WaveLAN/IEEE デバイスの設定
+.Nd Lucent, Intersil, Atheros のワイヤレスデバイスの設定
.Sh 書式
.Nm
.Op Fl i
.Ar iface Op Fl o
.Nm
.Op Fl i
+.Ar iface Fl l
+(関連付けられたステーションのダンプ)
+.Nm
+.Op Fl i
+.Ar iface Fl L
+(使用可能なアクセスポイント列挙)
+.Nm
+.Op Fl i
.Ar iface Fl t Ar tx_rate
.Nm
.Op Fl i
@@ -94,42 +102,41 @@
.Nm
.Op Fl i
.Ar iface Fl Z
-(zero signal cache)
+(シグナルキャッシュの 0 クリア)
.Nm
.Op Fl i
.Ar iface Fl C
-(display signal cache)
-.Nm
-.Op Fl i
-.Ar iface Fl L
-(list avail access points)
-.Nm
-.Op Fl i
-.Ar iface Fl l
-(dump associated stations)
+(シグナルキャッシュ表示)
.Sh 解説
.Nm
ユーティリティは、
-.Xr wi 4
+.Xr wi 4 ,
+.Xr ath 4
ドライバを介し、
-WaveLAN/IEEE ワイヤレスネットワークデバイスの動作を制御します。
+Lucent, Intersil, Atheros ベースの
+ワイヤレスネットワークデバイスの動作を制御します。
.Pp
IEEE 802.11 パラメータの設定にはこのプログラムを使うべきではありません。
-これらの目的のためには代りに
+これらの目的
+(すなわち SSID や WEP 鍵の設定等)
+のためには代りに
.Xr ifconfig 8
を使用してください。
.Pp
.Nm
ユーティリティを使用して、
-これらのパラメータの現在の設定を見ることができますし、
-カードの統計情報カウンタの値をダンプできます。
+これらのパラメータの現在の設定を見ること、
+カードの統計情報カウンタの値をダンプすること、
+(HostAP モードでは) 関連付けられたステーションを列挙すること、
+使用可能なアクセスポイントをスキャンすることが、可能です。
.Pp
.Nm
に与えられる
.Ar iface
引数は、
-WaveLAN/IEEE デバイスに関連付けられる論理インタフェース名であることが必要です
-.Li ( wi0 , wi1
+Lucent, Intersil, Atheros
+デバイスに関連付けられる論理インタフェース名であることが必要です
+.Li ( wi0 , wi1 , ath0
等)。
指定しない場合には
.Dq Li wi0
@@ -138,7 +145,7 @@ WaveLAN/IEEE デバイスに関連付けられる論理インタフェース名であることが必要です
オプションを示します:
.Bl -tag -width indent
.It Oo Fl i Oc Ar iface Op Fl o
-指定した WaveLAN/IEEE インタフェースの現在の設定を表示します。
+指定したワイヤレスインタフェースの現在の設定を表示します。
現在のカードの設定をドライバから取り出し、表示します。
追加の
.Fl o
@@ -148,6 +155,56 @@ WaveLAN/IEEE デバイスに関連付けられる論理インタフェース名であることが必要です
暗号化キーは、
.Nm
が root で実行された場合のみ表示されます。
+.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl a Ar access_point_density
+指定したインタフェースの
+アクセスポイント密度
+を指定します。
+正当な値は、
+.Cm 1
+(低)、
+.Cm 2
+(中)、
+.Cm 3
+(高) です。
+この設定は、電波モデムの閾値の設定に影響します。
+.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl m Ar mac_address
+指定したインタフェースのステーションアドレスを設定します。
+.Ar mac_address
+は、コロンで区切られる 6 個の 16 進数の連続として指定されます。
+例えば
+.Dq Li 00:60:1d:12:34:56
+となります。
+これにより、新規アドレスがカード上にプログラムされ、
+インタフェースも更新されます。
+.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl d Ar max_data_length
+指定したインタフェースの、送受信フレームサイズの最大を指定します。
+.Ar max_data_length
+は、350 から 2304 までの任意の数値です。デフォルトは 2304 です。
+.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl r Ar RTS_threshold
+指定したインタフェースの RTS/CTS 閾値を設定します。
+これは、RTS/CTS ハンドシェーク境界に使用するバイト数を制御します。
+.Ar RTS_threshold
+は 0 から 2347 までの任意の数値です。デフォルトは 2347 です。
+.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl Z
+.Xr wi 4
+ドライバ内部で管理される信号強度キャッシュをクリアします。
+.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl C
+.Xr wi 4
+ドライバ内部で管理されるキャッシュされた信号強度情報を表示します。
+ドライバは、他のホストから受信するパケットに関し、
+信号強度とノイズレベルに関する情報を維持します。
+信号強度とノイズレベルの値は dBms の単位で表示されます。
+信号品質値は、信号強度からノイズレベルを減じたものです
+(すなわち、低ノイズで良い信号の場合、信号品質が向上します)。
+.El
+.Sh 価値が低下したオプションと廃れたオプション
+.Nm
+ユーティリティには、
+今となっては価値が低下したり廃れた数多くのオプションがあります。
+.Xr ifconfig 8
+の拡張やドライバの変更によってとって代わられたために、このようになりました。
+価値が低下したオプションと廃れたオプションは次の通りです:
+.Bl -tag -width indent
.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl t Ar tx_rate
このフラグは価値が低下したものです。
.Xr ifconfig 8
@@ -293,31 +350,6 @@ Lucent カードでの意味合いと、
Prism カードでの意味合いと、
Symbol カードでの意味合いはすべて違います。
このフラグを使用しないでください。
-.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl a Ar access_point_density
-指定したインタフェースの
-アクセスポイント密度
-を指定します。
-正当な値は、
-.Cm 1
-(低)、
-.Cm 2
-(中)、
-.Cm 3
-(高) です。
-この設定は、電波モデムの閾値の設定に影響します。
-.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl m Ar mac_address
-指定したインタフェースのステーションアドレスを設定します。
-.Ar mac_address
-は、コロンで区切られる 6 個の 16 進数の連続として指定されます。
-例えば
-.Dq Li 00:60:1d:12:34:56
-となります。
-これにより、新規アドレスがカード上にプログラムされ、
-インタフェースも更新されます。
-.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl d Ar max_data_length
-指定したインタフェースの、送受信フレームサイズの最大を指定します。
-.Ar max_data_length
-は、350 から 2304 までの任意の数値です。デフォルトは 2304 です。
.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl e Cm 0 | 1
このフラグは価値が低下したものです。
.Xr ifconfig 8
@@ -387,11 +419,6 @@ Silver カードでサポートされている書式に加え、
詳細は
.Sx バグ
の節を見てください。
-.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl r Ar RTS_threshold
-指定したインタフェースの RTS/CTS 閾値を設定します。
-これは、RTS/CTS ハンドシェーク境界に使用するバイト数を制御します。
-.Ar RTS_threshold
-は 0 から 2347 までの任意の数値です。デフォルトは 2347 です。
.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl f Ar frequency
このフラグは価値が低下したものです。
.Xr ifconfig 8
@@ -472,19 +499,9 @@ WaveLAN PCMCIA アダプタのバージョン 2.00 以降のファームウェアのみです。
電源管理が有効なときに使用するスリープ間隔を指定します。
.Ar max sleep interval
はミリ秒で指定します。デフォルトは 100 です。
-.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl Z
-.Xr wi 4
-ドライバ内部で管理される信号強度キャッシュをクリアします。
-.It Oo Fl i Oc Ar iface Fl C
-.Xr wi 4
-ドライバ内部で管理されるキャッシュされた信号強度情報を表示します。
-ドライバは、他のホストから受信するパケットに関し、
-信号強度とノイズレベルに関する情報を維持します。
-信号強度とノイズレベルの値は dBms の単位で表示されます。
-信号品質値は、信号強度からノイズレベルを減じたものです
-(すなわち、低ノイズで良い信号の場合、信号品質が向上します)。
.El
.Sh 関連項目
+.Xr ath 4 ,
.Xr awi 4 ,
.Xr ipsec 4 ,
.Xr wi 4 ,
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/wire-test.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/wire-test.8
index 401b178012..92446c2a81 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/wire-test.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/wire-test.8
@@ -1,5 +1,5 @@
.\"
-.\" Copyright (c) 1997-1999 Erez Zadok
+.\" Copyright (c) 1997-2003 Erez Zadok
.\" Copyright (c) 1990 Jan-Simon Pendry
.\" Copyright (c) 1990 Imperial College of Science, Technology & Medicine
.\" Copyright (c) 1990 The Regents of the University of California.
@@ -38,8 +38,8 @@
.\"
.\" %W% (Berkeley) %G%
.\"
-.\" %Id: wire-test.8,v 1.2 1999/01/10 21:54:44 ezk Exp %
-.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/wire-test/wire-test.8,v 1.3 1999/09/15 05:45:17 obrien Exp %
+.\" $Id: wire-test.8,v 1.8 2003-10-13 02:42:27 horikawa Exp $
+.\" %FreeBSD: src/contrib/amd/wire-test/wire-test.8,v 1.4 2003/09/02 15:42:57 mbr Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.\"
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man8/zzz.8 b/ja_JP.eucJP/man/man8/zzz.8
index 13e5e35790..31990ce70b 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man8/zzz.8
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man8/zzz.8
@@ -22,7 +22,7 @@
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
-.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/zzz/zzz.8,v 1.2 2003/07/14 18:25:45 hmp Exp %
+.\" %FreeBSD: src/usr.sbin/zzz/zzz.8,v 1.3 2003/08/16 19:59:53 charnier Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd July 13, 2003
@@ -58,7 +58,7 @@
.Xr apm 4 ,
.Xr acpiconf 8 ,
.Xr apm 8
-.Sh
+.Sh 作者
このマニュアルページは
.An Nate Lawson Aq njl@FreeBSD.ORG
が書きました。