aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
authorRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2011-01-09 01:39:45 +0000
committerRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2011-01-09 01:39:45 +0000
commit2b853877e87d524e143b7064016ceae6f707af66 (patch)
treec06b1f9c4717684effbe76137d0a1cd69ec1bf20
parent4fe53e142e2b4ec5ce3147751d02cbeb38f56edd (diff)
downloaddoc-2b853877e87d524e143b7064016ceae6f707af66.tar.gz
doc-2b853877e87d524e143b7064016ceae6f707af66.zip
Merge the following from the English version:
1.337 -> 1.343 doc/ja_JP.eucJP/books/handbook/install/chapter.sgml
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=36781
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/books/handbook/install/chapter.sgml212
1 files changed, 14 insertions, 198 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/books/handbook/install/chapter.sgml b/ja_JP.eucJP/books/handbook/install/chapter.sgml
index 10358792d5..8f61cc8c19 100644
--- a/ja_JP.eucJP/books/handbook/install/chapter.sgml
+++ b/ja_JP.eucJP/books/handbook/install/chapter.sgml
@@ -2,7 +2,7 @@
The FreeBSD Documentation Project
The FreeBSD Japanese Documentation Project
- Original revision: 1.337
+ Original revision: 1.343
$FreeBSD$
-->
@@ -2448,11 +2448,11 @@ installation menus to retry whichever operations have failed.
<term>ネットマスク</term>
<listitem>
- <para>この例では、LAN で使うアドレスブロッククラス C
- (<hostid role="ipaddr">192.168.0.0</hostid> -
- <hostid role="ipaddr">192.168.255.255</hostid>)
+ <para>この例では、LAN で使うアドレスブロックは、
+ <hostid role="ipaddr">192.168.0.0</hostid> -
+ <hostid role="ipaddr">192.168.0.255</hostid>
です。
- ネットマスクのデフォルト値はクラス C
+ ネットマスクは
(<hostid role="netmask">255.255.255.0</hostid>) です。</para>
</listitem>
</varlistentry>
@@ -2766,181 +2766,6 @@ Press [Enter] now to invoke an editor on /etc/exports
</sect3>
</sect2>
- <sect2 id="securityprofile">
- <title>セキュリティプロファイル</title>
-
- <para><quote>セキュリティプロファイル</quote> は、
- あるプログラムやその他の設定を有効にしたり無効にすることで、
- 希望する安全性と快適性のバランスを達成しようとするための設定オプションのセットです。
- セキュリティプロファイルを厳密にするに従い、
- デフォルトで有効になるプログラムは少なくなるでしょう。
- これは、必要とするプログラム以外は実行しないという、
- セキュリティの基本的な原則の一つです。</para>
-
- <para>セキュリティプロファイルはデフォルトの設定のままにしてください。
- すべてのプログラムは、FreeBSD のインストール後に
- <filename>/etc/rc.conf</filename> の適切な行を編集したり、追加することで、
- 有効、無効にできます。
- より多くの情報を得るために、
- &man.rc.conf.5; マニュアルページをご覧ください。</para>
-
- <para>以下の表では、
- セキュリティプロファイルのそれぞれについて説明しています。
- 列は、あるセキュリティプロファイルに対して行った選択を表し、
- 行はプロファイルが有効もしくは無効に設定したプログラムまたは機能を表しています。</para>
-
- <table>
- <title>セキュリティプロファイル</title>
-
- <tgroup cols=3>
- <thead>
- <row>
- <entry></entry>
-
- <entry>Extreme</entry>
-
- <entry>Moderate</entry>
- </row>
- </thead>
-
- <tbody>
-
- <row>
- <entry>&man.sendmail.8;</entry>
-
- <entry>NO</entry>
-
- <entry>YES</entry>
- </row>
-
- <row>
- <entry>&man.sshd.8;</entry>
-
- <entry>NO</entry>
-
- <entry>YES</entry>
- </row>
-
- <row>
- <entry>&man.portmap.8;</entry>
-
- <entry>NO</entry>
-
- <entry>MAYBE
- <footnote>
- <para>インストールの最初の方で NFS
- クライアントまたはサーバとして設定した場合には、
- portmapper は有効になっています。</para>
- </footnote>
- </entry>
- </row>
-
- <row>
- <entry>NFS server</entry>
-
- <entry>NO</entry>
-
- <entry>YES</entry>
- </row>
-
- <row>
- <entry>&man.securelevel.8;</entry>
-
- <entry>YES
- <footnote>
- <para>セキュリティプロファイルに
- <quote>Extreme</quote> または <quote>High</quote>
- のセキュリティレベルを選ぶのであれば、
- その意味を理解している必要があります。
- &man.init.8; マニュアルページを読み、
- セキュリティレベルの意味について特に注意してください。
- さもないと後で重大なトラブルに出会うでしょう!</para>
- </footnote>
- </entry>
-
- <entry>NO</entry>
- </row>
- </tbody>
- </tgroup>
- </table>
-
- <screen> User Confirmation Requested
- Do you want to select a default security profile for this host (select
- No for "medium" security)?
-
- [ Yes ] No</screen>
-
- <para>&gui.no; を選択して、
- <keycap>Enter</keycap> を押してください。
- セキュリティプロファイルが中程度に設定されます。</para>
-
- <para>&gui.yes; を選択して、
- <keycap>Enter</keycap> を押すと、別のセキュリティプロファイルを選択できます。</para>
-
- <figure id="security-profile">
- <title>セキュリティプロファイルオプション</title>
-
- <mediaobject>
- <imageobject>
- <imagedata fileref="install/security" format="PNG">
- </imageobject>
- </mediaobject>
- </figure>
-
- <para><keycap>F1</keycap> を押すとヘルプが表示されます。
- <keycap>Enter</keycap> を押して、選択メニューに戻ってください。
-
- <para>システムが他のレベルを必要としないことを確認したら、
- 矢印キーを使って <guimenuitem>Medium</guimenuitem> を選択してください。
- &gui.ok; がハイライトされたら、<keycap>Enter</keycap> を押してください。</para>
-
- <para>選んだセキュリティの設定に応じて、確認のメッセージが表示されます。</para>
-
- <screen> Message
-
-Moderate security settings have been selected.
-
-Sendmail and SSHd have been enabled, securelevels are
-disabled, and NFS server setting have been left intact.
-PLEASE NOTE that this still does not save you from having
-to properly secure your system in other ways or exercise
-due diligence in your administration, this simply picks
-a standard set of out-of-box defaults to start with.
-
-To change any of these settings later, edit /etc/rc.conf
-
- [OK]</screen>
-
- <screen> Message
-
-Extreme security settings have been selected.
-
-Sendmail, SSHd, and NFS services have been disabled, and
-securelevels have been enabled.
-PLEASE NOTE that this still does not save you from having
-to properly secure your system in other ways or exercise
-due diligence in your administration, this simply picks
-a more secure set of out-of-box defaults to start with.
-
-To change any of these settings later, edit /etc/rc.conf
-
- [OK]</screen>
-
- <para><keycap>Enter</keycap> を押して、インストール後の設定を続けてください。</para>
-
- <warning>
- <para>セキュリティプロファイルは特効薬ではありません!
- たとえあなたが極めて厳しい設定を選択したとしても、
- 適切なメーリングリスト (<xref linkend="eresources-mail">)
- を読んだり、
- 適切なパスワードやパスフレーズを用い、
- セキュリティの対策を実践していく必要があります。
- そうすることで、
- 望んでいる安全性と快適性のバランスを簡単に設定できるでしょう。</para>
- </warning>
-
- </sect2>
-
<sect2 id="console">
<title>システムコンソールの設定</title>
@@ -5123,7 +4948,8 @@ Please press any key to reboot.</screen>
</table>
<table frame="none">
- <title>FreeBSD 5.<replaceable>X</replaceable> ISO イメージの名前と内容</title>
+ <title>FreeBSD 5.<replaceable>X</replaceable> および
+ 6.<replaceable>X</replaceable> ISO イメージの名前と内容</title>
<tgroup cols="2">
<thead>
@@ -5145,42 +4971,32 @@ Please press any key to reboot.</screen>
</row>
<row>
- <entry><filename><replaceable>version</replaceable>-RELEASE-<replaceable>arch</replaceable>-miniinst.iso</filename></entry>
-
- <entry>FreeBSD のインストールに必要なものすべて</entry>
- </row>
-
- <row>
<entry><filename><replaceable>version</replaceable>-RELEASE-<replaceable>arch</replaceable>-disc1.iso</filename></entry>
<entry>&os; のインストールに必要なものすべてと
<application>sysinstall</application> の
- <quote>Repair</quote> 機能とともに用いられる
- <quote>live filesystem</quote></entry>
+ <quote>Repair</quote> 機能と組み合わせて使われる
+ <quote>live filesystem</quote>。</entry>
</row>
<row>
<entry><filename><replaceable>version</replaceable>-RELEASE-<replaceable>arch</replaceable>-disc2.iso</filename></entry>
<entry>&os; のドキュメントとディスクに収まる容量のサードパーティ製
- package</entry>
+ package が含まれています。</entry>
</row>
</tbody>
</tgroup>
</table>
- <para>mini ISO イメージまたは disc 1 のイメージのどちらかをダウンロード
+ <para>(利用可能であれば) miniinst ISO イメージまたは
+ disc 1 のイメージのどちらかをダウンロード
<emphasis>しなければ</emphasis> なりません。
- disc 1 には、mini ISO イメージに含まれているものはすべて含まれているので、
+ disc 1 には、miniinst ISO イメージに含まれているものはすべて含まれているので、
両方をダウンロードする必要はありません。</para>
- <note>
- <para>miniinst ISO イメージは、5.4-RELEASE
- より前のリリースでのみ利用できます。</para>
- </note>
-
<para>インターネットへのアクセスが安く利用できるのであれば、
- mini ISO を使ってください。
+ miniinst ISO を使ってください。
FreeBSD をインストールし、その後必要であれば、
ports/packages システム (<xref linkend="ports"> をご覧ください)
を用いてサードパーティ製の package