aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja/handbook/hw.sgml
diff options
context:
space:
mode:
authorHiroyuki Hanai <hanai@FreeBSD.org>1997-05-27 02:16:17 +0000
committerHiroyuki Hanai <hanai@FreeBSD.org>1997-05-27 02:16:17 +0000
commitb931d47c241efd8114bf007eee1593462aac3610 (patch)
tree0c933083a5c08d8078019739283c2b6bdc4a01a5 /ja/handbook/hw.sgml
parent18770750b268df64f5d37bcb53205284df471071 (diff)
downloaddoc-b931d47c241efd8114bf007eee1593462aac3610.tar.gz
doc-b931d47c241efd8114bf007eee1593462aac3610.zip
Remove LFs in the heading tags.
Submitted by: Yoshiaki Uchikawa <yoshiaki@kt.rim.or.jp>
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=1586
Diffstat (limited to 'ja/handbook/hw.sgml')
-rw-r--r--ja/handbook/hw.sgml114
1 files changed, 36 insertions, 78 deletions
diff --git a/ja/handbook/hw.sgml b/ja/handbook/hw.sgml
index a94932087b..bf30606621 100644
--- a/ja/handbook/hw.sgml
+++ b/ja/handbook/hw.sgml
@@ -1,4 +1,4 @@
-<!-- $Id: hw.sgml,v 1.14 1997-03-28 16:15:08 hanai Exp $ -->
+<!-- $Id: hw.sgml,v 1.15 1997-05-27 02:16:17 hanai Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
<!-- Original revision: 1.66 -->
@@ -445,8 +445,7 @@ name="FreeBSD POWERED hardwares">
&esdi;
&scsi;
-<sect1><heading>* ディスク/テープ コントローラ
- <label id="hw:storage:controllers"></heading>
+<sect1><heading>* ディスク/テープ コントローラ <label id="hw:storage:controllers"></heading>
<sect2><heading>* SCSI</heading>
<sect2><heading>* IDE</heading>
<sect2><heading>* フロッピー</heading>
@@ -522,8 +521,7 @@ C1553A Autoloading DDS2">
<sect2><heading>* パラレルポートドライブ</heading>
<sect2><heading> 詳細な情報 </heading>
- <sect3><heading><label id="hw:storage:anaconda">
-Archive Ananconda 2750</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:anaconda"> Archive Ananconda 2750</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "ARCHIVE
ANCDA 2750 28077 -003 type 1 removable SCSI 2"です.
<p>これは QIC テープドライブです.
@@ -568,8 +566,7 @@ SCSIバスをロックします.
<p>報告者: &a.jmb;
- <sect3><heading><label id="hw:storage:python">
-Archive Python</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:python"> Archive Python</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "ARCHIVE
Python 28454-XXX4ASB" "type 1 removable SCSI 2" "density code
0x8c, 512-byte blocks" です.
@@ -580,8 +577,7 @@ Python 28454-XXX4ASB" "type 1 removable SCSI 2" "density code
411として出しています.
<p>報告者: Bob Bishop rb@gid.co.uk
- <sect3><heading><label id="hw:storage:viper60">
-Archive Viper 60</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:viper60"> Archive Viper 60</heading>
<p>このドライブのブートメッセージ識別子は "ARCHIVE
VIPER 60 21116 -007" "type 1 removable SCSI 1"です.
<p>これは QICテープドライブです.
@@ -590,8 +586,7 @@ VIPER 60 21116 -007" "type 1 removable SCSI 1"です.
<p>このドライブは生産中止になっています.
<p>報告者: Philippe Regnauld regnauld@hsc.fr
- <sect3><heading><label id="hw:storage:viper150">
-Archive Viper 150</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:viper150"> Archive Viper 150 </heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "ARCHIVE
VIPER 150 21531 -004" "Archive Viper 150 is a known rogue" "type
1 removable SCSI 1"です. このドライブのファームウェアには多くのリビジョ
@@ -615,8 +610,7 @@ blocksize 512</tt>としてください. (ファームウェアリビジョンが
<p>報告者: Pedro A M Vazquez vazquez@IQM.Unicamp.BR
<p> Mike Smith msmith@atrad.adelaide.edu.au
- <sect3><heading><label id="hw:storage:viper2525">
-Archive Viper 2525</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:viper2525"> Archive Viper 2525 </heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "ARCHIVE
VIPER 2525 25462 -011" "type 1 removable SCSI 1"です.
<p>これは QICテープドライブです.
@@ -629,8 +623,7 @@ VIPER 2525 25462 -011" "type 1 removable SCSI 1"です.
<p>このドライブは生産中止になっています.
<p>報告者: &a.hm;
- <sect3><heading><label id="hw:storage:conner420r">
-Conner 420R</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:conner420r"> Conner 420R </heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "Conner tape" です.
<p>これはフロッピーコントローラを使うミニカートリッジテープド
ライブです.
@@ -639,8 +632,7 @@ Conner 420R</heading>
<p>このドライブは QIC-80テープドライブを使います.
<p>報告者: Mark Hannon mark@seeware.DIALix.oz.au
- <sect3><heading><label id="hw:storage:ctms3200">
-Conner CTMS 3200</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:ctms3200"> Conner CTMS 3200 </heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "CONNER
CTMS 3200 7.00" "type 1 removable SCSI 2" です.
<p>これはミニカートリッジテープドライブです.
@@ -649,10 +641,7 @@ CTMS 3200 7.00" "type 1 removable SCSI 2" です.
<p>このドライブは QIC-3080テープカートリッジを使います.
<p>報告者: Thomas S. Traylor tst@titan.cs.mci.com
- <sect3><heading><label id="hw:storage:dectz87">
- <htmlurl
-url="http://www.digital.com/info/Customer-Update/931206004.txt.html"
-name="DEC TZ87"></heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:dectz87"> <htmlurl url="http://www.digital.com/info/Customer-Update/931206004.txt.html" name="DEC TZ87"></heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "DEC
TZ87 (C) DEC 9206" "type 1 removable SCSI 2" "density code 0x19" です.
<p>これは DLTテープドライブです.
@@ -664,12 +653,8 @@ TZ87 (C) DEC 9206" "type 1 removable SCSI 2" "density code 0x19" です.
イブのエミュレートをおこなうよう設定ができます.
<p>報告者: &a.wilko;
- <sect3><heading><label id="hw:storage:exb2501">
- <htmlurl
-url="http://www.Exabyte.COM:80/Products/Minicartridge/2501/Rfeatures.html"
-name="Exabyte EXB-2501"></heading>
- <p>このドライブのブートメッセージ識別子は "EXABYTE
-EXB-2501"です.
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:exb2501"> <htmlurl url="http://www.Exabyte.COM:80/Products/Minicartridge/2501/Rfeatures.html" name="Exabyte EXB-2501"></heading>
+ <p>このドライブのブートメッセージ識別子は "EXABYTE EXB-2501"です.
<p>これはミニカートリッジテープドライブです.
<p>MC3000XLミニカートリッジを使った時の標準容量は 1GBです.
<p>データ転送レートは不明です.
@@ -696,10 +681,9 @@ FreeBSD 2.1.0-RELEASE およびそれ以前の場合は
<p>今のところ, FreeBSDではこのドライブはあまりおすすめできません.
<p>報告者: Bob Beaulieu ez@eztravel.com
- <sect3><heading><label id="hw:storage:exb8200"> Exabyte
-EXB-8200</heading>
- <p>このドライブのブートメッセージの識別子は "EXABYTE
-EXB-8200 252X" "type 1 removable SCSI 1"です.
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:exb8200"> Exabyte EXB-8200</heading>
+ <p>このドライブのブートメッセージの識別子は "EXABYTE EXB-8200
+ 252X" "type 1 removable SCSI 1"です.
<p>これは8mmテープドライブです.
<p>標準容量は 2.3GBです.
<p>データ転送レートは 270kB/sです.
@@ -712,8 +696,7 @@ EXB-8200 252X" "type 1 removable SCSI 1"です.
<p>このドライブは生産中止になっています.
<p>報告者: Mike Smith msmith@atrad.adelaide.edu.au
- <sect3><heading><label id="hw:storage:exb8500">
-Exabyte EXB-8500</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:exb8500"> Exabyte EXB-8500</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "EXABYTE
EXB-8500-85Qanx0 0415" "type 1 removable SCSI 2" です.
<p>これは 8mmテープドライブです.
@@ -721,10 +704,7 @@ EXB-8500-85Qanx0 0415" "type 1 removable SCSI 2" です.
<p>データ転送レートは 300kB/sです.
<p>報告者: Greg Lehey grog@lemis.de
- <sect3><heading><label id="hw:storage:exb8505">
- <htmlurl
-url="http://www.Exabyte.COM:80/Products/8mm/8505XL/Rfeatures.html"
-name="Exabyte EXB-8505"></Heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:exb8505"> <htmlurl url="http://www.Exabyte.COM:80/Products/8mm/8505XL/Rfeatures.html" name="Exabyte EXB-8505"></Heading>
<p>このドライブのブートメッセージ識別子は "EXABYTE
EXB-85058SQANXR1 05B0" "type 1 removable SCSI 2"です.
<p>これは 圧縮機能を持った 8mmテープドライブで, EXB-5200 と
@@ -734,8 +714,7 @@ EXB-85058SQANXR1 05B0" "type 1 removable SCSI 2"です.
<p>データ転送レートは 300kB/sです.
<p>報告者: Glen Foster gfoster@gfoster.com
- <sect3><heading><label id="hw:storage:hp1533a">
-Hewlett-Packard HP C1533A</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:hp1533a"> Hewlett-Packard HP C1533A</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "HP
C1533A 9503" "type 1 removable SCSI 2"です.
<p>これはDDS-2テープドライブです. DDS-2 とはデータ容量を増や
@@ -767,8 +746,7 @@ C1533A 9503" "type 1 removable SCSI 2"です.
す. ある FreeBSDコアチームのメンバは このドライブを2つ返品しました.
<p>報告者: &a.se;
- <sect3><heading><label id="hw:storage:hp1534a">
-Hewlett-Packard HP 1534A</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:hp1534a"> Hewlett-Packard HP 1534A</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "HP
HP35470A T503" type 1 removable SCSI 2" "Sequential-Access
density code 0x13, variable blocks"です.
@@ -789,8 +767,7 @@ read/write動作中は速く点滅します. 黄色のランプは警告灯で, クリーニング
の場合は点灯します(工場での修理が必要かもしれません).
<p>報告者:Gary Crutcher gcrutchr@nightflight.com
- <sect3><heading><label id="hw:storage:hp1553a">
-Hewlett-Packard HP C1553A Autoloading DDS2</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:hp1553a"> Hewlett-Packard HP C1553A Autoloading DDS2</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は未確認です.
<p>これは DDS-2テープドライブです. DDS-2 とはデータ容量を増や
すためにハードウェア圧縮と狭いトラックを採用したものです.
@@ -846,8 +823,7 @@ esac
scsi -f $2 -s 100 -c "1b 0 0 $cdb3 $cdb4 $cdb5"
</verb></tscreen>
- <sect3><heading><label id="hw:storage:hp35450a">
-Hewlett-Packard HP 35450A</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:hp35450a"> Hewlett-Packard HP 35450A</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は"HP
HP35450A -A C620" "type 1 removable SCSI 2" "Sequential-Access
density code 0x13" です.
@@ -857,8 +833,7 @@ density code 0x13" です.
<p>データ転送レートは 160kB/sです.
<p>報告者: mark thompson mark.a.thompson@pobox.com
- <sect3><heading><label id="hw:storage:hp35470a">
-Hewlett-Packard HP 35470A</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:hp35470a"> Hewlett-Packard HP 35470A</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "HP
HP35470A 9 09" type 1 removable SCSI 2"です.
<p>これは DDS-1テープドライブです. DDS-1は最初の DAT
@@ -875,8 +850,7 @@ DDSフォーマットDATドライブ, HP C1536A DDS フォーマットDATドライブと同
ました. 9ヶ月以上もったものはありません.
<p>報告者: David Dawes dawes@rf900.physics.usyd.edu.au (9 09)
- <Sect3><heading><label id="hw:storage:hp35480a">
-Hewlett-Packard HP 35480A</heading>
+ <Sect3><heading><label id="hw:storage:hp35480a"> Hewlett-Packard HP 35480A</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は
"HP HP35480A 1009" "type 1 removable SCSI 2" "Sequential-Access
density code 0x13" です.
@@ -898,10 +872,7 @@ url="http://www.dmo.hp.com/tape/sst5000.htm" name="5000i"> テープドラ
をつけてこのドライブを使っている時にすべての SCSIディスクのパーティショ
ンが失われたことがあります. この問題は解析も解決もできていません.
- <sect3><heading><label id="hw:storage:sdt5000">
- <htmlurl
-url="http://www.sel.sony.com/SEL/ccpg/storage/tape/t5000.html"
-name="Sony SDT-5000"</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:sdt5000"> <htmlurl url="http://www.sel.sony.com/SEL/ccpg/storage/tape/t5000.html" name="Sony SDT-5000"</heading>
<p>これらには少なくとも DDS-1のものと DDS-2のものの2つのモデルが
あります. DDS-1のものは "SDT-5000 3.02"です. DDS-2のものは "SONY
SDT-5000 327M" です. DDS-2バージョンには 1MBのキャッシュがあります. この
@@ -921,8 +892,7 @@ density code 0x13"です.
henrich@msu.edu による報告です.
<p>報告者: &a.jmz;
- <sect3><heading><label id="hw:storage:tandberg3600">
-Tandberg TDC 3600</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:tandberg3600"> Tandberg TDC 3600</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は
"TANDBERG TDC 3600 =08:" "type 1 removable SCSI 2"です.
<p>このドライブはQIC テープドライブです.
@@ -936,15 +906,13 @@ Tandberg TDC 3600</heading>
問題を解決するためにファームウェア EPROMを交換してください.
<p>報告者: Michael Smith msmith@atrad.adelaide.edu.au
- <sect3><heading><label id="hw:storage:tandberg3620">
-Tandberg TDC 3620</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:tandberg3620"> Tandberg TDC 3620</heading>
<p>これは<ref
id="hw:storage:tandberg3600" name="Tandberg TDC 3600">ドライ
ブに非常によく似ています.
<p>報告者: &a.joerg;
- <sect3><heading><label id="hw:storage:tandberg4222">
-Tandberg TDC 4222</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:tandberg4222"> Tandberg TDC 4222</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は
"TANDBERG TDC 4222 =07" "type 1 removable SCSI 2"です.
<p>これは QICテープドライブです.
@@ -961,8 +929,7 @@ SCSIテープデバイスドライバ (<tt>st(4)</tt>) には対応が組み込まれています.
トリッジを使った場合にはレートは下がります.
<p>報告者: &a.joerg;
- <sect3><heading><label id="hw:storage:wangtek5525es">
-Wangtek 5525ES</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:wangtek5525es"> Wangtek 5525ES</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "WANGTEK
5525ES SCSI REV7 3R1" "type 1 removable SCSI 1" "density code 0x11, 1024-byte
blocks"です.
@@ -984,8 +951,7 @@ blocks"です.
<p>報告者: Marc van Kempen marc@bowtie.nl "REV73R1"
Andrew Gordon Andrew.Gordon@net-tel.co.uk "M75D"
- <sect3><heading><label id="hw:storage:wangtek6200">
-Wangtek 6200</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:wangtek6200"> Wangtek 6200</heading>
<p>このドライブのブートメッセージの識別子は "WANGTEK
6200-HS 4B18" "type 1 removable SCSI 2" "Sequential-Access density
code 0x13"です.
@@ -1003,8 +969,7 @@ code 0x13"です.
<sect1><heading> テープとバックアップ<label id="hw:storage:tapebackups"></heading>
<sect2><heading>* フロッピーへのバックアップはいかが?</heading>
<sect2><heading> テープメディア</heading>
- <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:4mm">
- 4mm (DDS: Digital Data Storage)</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:4mm"> 4mm (DDS: Digital Data Storage)</heading>
<!--gen-->
<p>4mm テープはワークステーションのバックアップメディアとして
QICから置き換えられつつあります. この流れは QICドライブの製造のリーダ
@@ -1030,8 +995,7 @@ QICから置き換えられつつあります. この流れは QICドライブの製造のリーダ
<p>テープの寿命は 2000回のパスあるいは 100回のフルパックアップ
です.
- <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:8mm">
-8mm (Exabyte)</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:8mm"> 8mm (Exabyte)</heading>
<!--gen-->
<p>8mmテープは SCSIテープドライブとして最もよく使われているもの
@@ -1058,8 +1022,7 @@ QICから置き換えられつつあります. この流れは QICドライブの製造のリーダ
する間, 円筒は回転しています. この結果, トラックはテープの上端と下端の間に
角度を持って横切り, データは高密度に詰められることになります.
- <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:qic">
-QIC</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:qic"> QIC</heading>
<!--gen-->
<p>QIC-150テープとドライブはたぶん最も一般的に使われているドライブとメ
ディアでしょう。QICテープドライブは現実的なバックアップドライブとして
@@ -1095,11 +1058,9 @@ name="ミニカートリッジ"> で使われている 1/4インチ幅のテープについては別に
<p>テープは 5000回のバックアップで寿命となるでしょう.
- <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:mini">
-* ミニカートリッジ</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:mini"> * ミニカートリッジ</heading>
- <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:dlt">
-DLT</heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:tapebackups:dlt"> DLT</heading>
<!--gen-->
<p>DLTはここに示したドライブのタイプの中で最高速のデータ転送レー
トです. 1/2インチ (12.5mm) テープが単リールのカートリッジ (4 x 4 x 1 イン
@@ -1211,9 +1172,7 @@ Exabyteテープドライブへ
りません. リモートテープドライブにはパイプラインと <tt>rsh(1)</tt>を使っ
て送る事ができます. (コマンド使用例はまだです)
- <sect3><heading><label id="hw:storage:amanda"><htmlurl
-url="http://www.freebsd.org/ports/misc.html#amanda-2.2.6.5"
-name="Amanda"></heading>
+ <sect3><heading><label id="hw:storage:amanda"><htmlurl url="http://www.freebsd.org/ports/misc.html#amanda-2.2.6.5" name="Amanda"></heading>
<p>Amanda (Advanced Maryland Network Disk Archiver) は単一のプ
ログラムではなくクライアント/サーバ型のバックアップシステムです. Amanda サー
バは, Amandaクライアントであるネットワークでサーバに接続された複数のコン
@@ -1511,8 +1470,7 @@ fixit.flp を入れてください. <tt>restore</tt>とその他の必要なプログラムは
してください. どのような理由で再び事故が起きたりデータが失われるかはわか
りません. これに時間を費す事で, 後々の災難から救われる事になります.
- <sect3><heading>* 災難対策をしていませんでした. どうしたらいいでしょ
-う?</heading>
+ <sect3><heading>* 災難対策をしていませんでした. どうしたらいいでしょう?</heading>
<sect1><heading>* シリアルポート</heading>
<sect1><heading>* サウンドカード</heading>
<sect1><heading>* PCMCIA</heading>