aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
diff options
context:
space:
mode:
authorPoul-Henning Kamp <phk@FreeBSD.org>1996-11-21 16:40:50 +0000
committerPoul-Henning Kamp <phk@FreeBSD.org>1996-11-21 16:40:50 +0000
commit11e2d644d077c6942c56d746f66ce243ef1040a7 (patch)
tree42e9602851369da5cec21ca0cb2c899e6818d42f /ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
parentdd1263d8f1590d01e278b499124e010fc4595d77 (diff)
downloaddoc-11e2d644d077c6942c56d746f66ce243ef1040a7.tar.gz
doc-11e2d644d077c6942c56d746f66ce243ef1040a7.zip
YAMFC
Notes
Notes: svn path=/branches/RELENG_2_2/; revision=702
Diffstat (limited to 'ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml')
-rw-r--r--ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml97
1 files changed, 52 insertions, 45 deletions
diff --git a/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml b/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
index 60334459b0..c06f8a2e22 100644
--- a/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
+++ b/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: handbook.sgml,v 1.1.1.1 1996-11-15 05:14:39 asami Exp $ -->
+<!-- $Id: handbook.sgml,v 1.1.1.1.2.1 1996-11-21 16:40:44 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.58 -->
+<!-- Original revision: 1.59 -->
<!DOCTYPE linuxdoc PUBLIC "-//FreeBSD//DTD linuxdoc//EN" [
@@ -25,7 +25,7 @@
%sections;
<!-- The currently released version of FreeBSD -->
-<!ENTITY rel.current CDATA "2.1.5">
+<!ENTITY rel.current CDATA "2.1.6">
]>
@@ -36,39 +36,48 @@
<author>
<name>FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクト</name>
</author>
- <date>1996年7月</date>
-
-<abstract> FreeBSD へようこそ! このハンドブックは <bf>FreeBSD Release
-&rel.current;</bf> のインストールおよび日常での使い方について記述したものです.
-本書は<bf>現在進行中の作業</bf> であって, 多くの個人の手からなる仕事です.
-多くのセクションはまだ存在しませんし, いま存在するセクションのいくつかは
-アップデートされる必要があります.
-この FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクトを手伝うことに興味があるならば,
-&a.doc; まで電子メールを送ってください.
+ <date>1996年11月</date>
+
+<abstract>FreeBSD へようこそ! このハンドブックは<bf>FreeBSD Release
+&rel.current;</bf>のインストールおよび, 日常での使い方について記述したもので,
+FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクトによって編集されています.
+日本語版の作成は FreeBSD 日本語ドキュメンテーションプロジェクトがおこなって
+います. 本書は<bf>現在進行中の作業</bf>であって, 多くの個人の手からなる
+仕事です. 多くのセクションはまだ存在しませんし, いま存在するセクションの
+いくつかはアップデートが必要です. この FreeBSD ドキュメンテーション
+プロジェクトに協力したいと思ったら, &a.doc; まで (英語で) 電子メールを
+送ってください. ハンドブックそのものに関する議論は, こちらで
+おこなわれています. (もちろん英語でです.)
+日本語訳および, 日本語版のみに関することは &a.doc-jp; において日本語で
+議論されています. 必要に応じて日本語ドキュメンテーションプロジェクトから
+本家ドキュメンテーションプロジェクトに対してフィードバックをおこないますので,
+英語が得意でない方は &a.doc-jp; まで日本語でコメントをお寄せください.
このドキュメントの最新バージョンは
+<url url="http://www.jp.FreeBSD.ORG/"
+name="日本国内 FreeBSD World Wide Web サーバ">
<url url="http://www.FreeBSD.ORG/" name="FreeBSD World Wide Web サーバ">
からいつでも入手できます.
-<url url="ftp://ftp.FreeBSD.ORG/pub/FreeBSD/docs "name="FreeBSD FTP サーバ">
-か, または数多くある<ref id="mirrors" name="ミラーサイト">のうちの一つ
-から ascii, LaTeX, postscript, HTML などのファイル形式の中からダウンロード
-してください. </abstract>
+<url url="ftp://ftp.FreeBSD.ORG/pub/FreeBSD/docs" name="FreeBSD FTP サーバ">
+や, たくさんある<ref id="mirrors" name="ミラーサイト">から ascii, LaTeX,
+postscript, HTML などの形式でダウンロードすることができます. </abstract>
+
<toc>
-<!-- ************************************************************ -->
+<!-- ************************************************************ -->
<part><heading>基礎</heading>
<chapt><heading>はじめに</heading>
-<p> FreeBSD は, Intel アーキテクチャ (x86) ベースの PC のための
+<p>FreeBSD は, Intel アーキテクチャ (x86) ベースの PC のための
4.4BSD-Lite をベースとしたオペレーティングシステムです.
FreeBSD の概要については,
<ref id="nutshell" name="FreeBSD とは">をご覧ください.
このプロジェクトの歴史については, <ref id="history" name="FreeBSD 小史">
-を読んでください. 最新のリリースについての記述は,
-<ref id="relnotes" name="現在のリリースについて">をご覧ください.
+をご覧ください. 最新のリリースについての記述は,
+<ref id="relnotes" name="現在のリリースについて">をご覧ください.
FreeBSD プロジェクトへの何らかの貢献 (ソースコード, 機器, 資金の提供など)
-について, 興味があれば, <ref id="submitters" name="FreeBSD への貢献">
+について興味があれば, <ref id="submitters" name="FreeBSD への貢献">
の章をご覧ください.
&nutshell;
@@ -85,7 +94,7 @@ FreeBSD プロジェクトへの何らかの貢献 (ソースコード, 機器, 資金の提供など)
&ports;
-<!-- ************************************************************ -->
+<!-- ************************************************************ -->
<part><heading>システム管理</heading>
@@ -100,14 +109,13 @@ FreeBSD プロジェクトへの何らかの貢献 (ソースコード, 機器, 資金の提供など)
&quotas;
<chapt><heading>X ウィンドウシステム</heading>
-<p> この節の完成は保留されています.
- そのかわりに <url url="http://www.xfree86.org/"
- name="The XFree86 Project, Inc">
- のドキュメントを参考にしてください.
+<p>この節の完成は保留にしてあります.
+ <url url="http://www.xfree86.org/" name="The XFree86 Project, Inc">
+ から提供されるドキュメントを参考にしてください.
&hw;
-<!-- ************************************************************ -->
+<!-- ************************************************************ -->
<part><heading>ネットワーク通信</heading>
@@ -117,48 +125,48 @@ FreeBSD プロジェクトへの何らかの貢献 (ソースコード, 機器, 資金の提供など)
&term;
&dialup;
- <chapt><heading> PPPとSLIP </heading>
+ <chapt><heading>PPP と SLIP</heading>
-<p> もしあなたがモデムを使ってインターネットに接続したり,
-FreeBSD を使って, 他の人々にインターネットへのダイヤルアップ接続を
-提供しようとしているのでしたら, PPP または SLIP 接続を選ぶことができます.
-PPP 接続には, 2 種類の方法が提供されています.
-<em>ユーザ</em> PPP (iijpppとも呼ばれます) と <em>カーネル</em> PPP です.
+<p>もしあなたがモデムを使ってインターネットに接続したり,
+他の人々に FreeBSD によるインターネットへのダイヤルアップ接続を
+提供しようとしているのでしたら, PPP または SLIP 接続を選択することができます.
+PPP 接続には, 2 種類の方法が提供されています:
+<em>ユーザ</em>PPP (iijppp とも呼ばれます) と<em>カーネル</em>PPP です.
両方の PPP の設定手順と, SLIP の設定方法については以下の章に書かれています.
&userppp;
&ppp;
- &slipc;
+ &slipc;
&slips;
- <chapt><heading> 高度なネットワーク </heading>
+ <chapt><heading>高度なネットワーク</heading>
&routing;
&nfs;
&diskless;
- <sect><heading>* イエローページ/NIS </heading>
- &isdn;
+ <sect><heading>* イエローページ/NIS</heading>
+ &isdn;
- <chapt><heading>* 電子メール </heading>
+ <chapt><heading>* 電子メール</heading>
-<!-- ************************************************************ -->
+<!-- ************************************************************ -->
- <part><heading> さらに進んだ話題 </heading>
+ <part><heading>さらに進んだ話題</heading>
&current;
&stable;
- &synching;
+ &synching;
&submitters;
&troubleshooting;
&kerneldebug;
&linuxemu;
- <chapt><heading> FreeBSD の内部</heading>
+ <chapt><heading>FreeBSD の内部</heading>
&booting;
&memoryuse;
&dma;
-<!-- ************************************************************ -->
+<!-- ************************************************************ -->
<part><heading>付録</heading>
@@ -171,7 +179,6 @@ PPP 接続には, 2 種類の方法が提供されています.
&jcontrib;
<!-- &glossary; -->
-
+
</book>
</linuxdoc>
-