aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
diff options
context:
space:
mode:
authorDoc Manager <doceng@FreeBSD.org>1996-11-15 05:14:45 +0000
committerDoc Manager <doceng@FreeBSD.org>1996-11-15 05:14:45 +0000
commit777a035192e2e7e5493c2f50fb9b675d3650bd6a (patch)
tree40c50c64d9b0849524b6148842cee4d072f9b5b9 /ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
parent1c0ad5d11d26ec76e95a1b28815746653d309fb7 (diff)
downloaddoc-777a035192e2e7e5493c2f50fb9b675d3650bd6a.tar.gz
doc-777a035192e2e7e5493c2f50fb9b675d3650bd6a.zip
Create branch 'RELENG_2_2'.
Notes
Notes: svn path=/branches/RELENG_2_2/; revision=664
Diffstat (limited to 'ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml')
-rw-r--r--ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml177
1 files changed, 177 insertions, 0 deletions
diff --git a/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml b/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
new file mode 100644
index 0000000000..60334459b0
--- /dev/null
+++ b/ja_JP.EUC/handbook/handbook.sgml
@@ -0,0 +1,177 @@
+<!-- $Id: handbook.sgml,v 1.1.1.1 1996-11-15 05:14:39 asami Exp $ -->
+<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
+<!-- Original revision: 1.58 -->
+
+<!DOCTYPE linuxdoc PUBLIC "-//FreeBSD//DTD linuxdoc//EN" [
+
+<!-- Conditional flags for this version of the document -->
+<!ENTITY % boothelp.only "IGNORE">
+<!ENTITY % handbook.only "INCLUDE">
+
+<!-- Entity shorthand for authors' names and email addresses -->
+<!ENTITY % authors SYSTEM "authors.sgml">
+%authors;
+
+<!-- Entity shorthand for translator's names and email addresses -->
+<!ENTITY % jmembers SYSTEM "jmembers.sgml">
+%jmembers;
+
+<!-- Entity shorthand for mailing list email addresses -->
+<!ENTITY % lists SYSTEM "lists.sgml">
+%lists;
+
+<!-- Entity definitions for all the parts -->
+<!ENTITY % sections SYSTEM "sections.sgml">
+%sections;
+
+<!-- The currently released version of FreeBSD -->
+<!ENTITY rel.current CDATA "2.1.5">
+
+]>
+
+<linuxdoc>
+ <book>
+
+ <title>FreeBSD ハンドブック</title>
+ <author>
+ <name>FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクト</name>
+ </author>
+ <date>1996年7月</date>
+
+<abstract> FreeBSD へようこそ! このハンドブックは <bf>FreeBSD Release
+&rel.current;</bf> のインストールおよび日常での使い方について記述したものです.
+本書は<bf>現在進行中の作業</bf> であって, 多くの個人の手からなる仕事です.
+多くのセクションはまだ存在しませんし, いま存在するセクションのいくつかは
+アップデートされる必要があります.
+この FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクトを手伝うことに興味があるならば,
+&a.doc; まで電子メールを送ってください.
+このドキュメントの最新バージョンは
+<url url="http://www.FreeBSD.ORG/" name="FreeBSD World Wide Web サーバ">
+からいつでも入手できます.
+<url url="ftp://ftp.FreeBSD.ORG/pub/FreeBSD/docs "name="FreeBSD FTP サーバ">
+か, または数多くある<ref id="mirrors" name="ミラーサイト">のうちの一つ
+から ascii, LaTeX, postscript, HTML などのファイル形式の中からダウンロード
+してください. </abstract>
+ <toc>
+
+<!-- ************************************************************ -->
+
+<part><heading>基礎</heading>
+
+ <chapt><heading>はじめに</heading>
+
+<p> FreeBSD は, Intel アーキテクチャ (x86) ベースの PC のための
+4.4BSD-Lite をベースとしたオペレーティングシステムです.
+FreeBSD の概要については,
+<ref id="nutshell" name="FreeBSD とは">をご覧ください.
+このプロジェクトの歴史については, <ref id="history" name="FreeBSD 小史">
+を読んでください. 最新のリリースについての記述は,
+<ref id="relnotes" name="現在のリリースについて">をご覧ください.
+FreeBSD プロジェクトへの何らかの貢献 (ソースコード, 機器, 資金の提供など)
+について, 興味があれば, <ref id="submitters" name="FreeBSD への貢献">
+の章をご覧ください.
+
+ &nutshell;
+ &history;
+ &goals;
+ &development;
+ &relnotes;
+
+ &install;
+ &basics;
+
+<chapt><heading>アプリケーションのインストール</heading>
+ <sect><heading>* パッケージのインストール</heading>
+ &ports;
+
+
+<!-- ************************************************************ -->
+
+ <part><heading>システム管理</heading>
+
+&kernelconfig;
+ <chapt><heading>ユーザ, グループ, セキュリティ</heading>
+ &crypt;
+ &skey;
+ &kerberos;
+ &firewalls;
+
+ &printing;
+
+ &quotas;
+ <chapt><heading>X ウィンドウシステム</heading>
+<p> この節の完成は保留されています.
+ そのかわりに <url url="http://www.xfree86.org/"
+ name="The XFree86 Project, Inc">
+ のドキュメントを参考にしてください.
+
+ &hw;
+
+<!-- ************************************************************ -->
+
+ <part><heading>ネットワーク通信</heading>
+
+ <chapt><heading>ネットワークの基礎</heading>
+ <sect><heading>* イーサネットの基礎</heading>
+ <sect><heading>* シリアル接続の基礎</heading>
+ &term;
+ &dialup;
+
+ <chapt><heading> PPPとSLIP </heading>
+
+<p> もしあなたがモデムを使ってインターネットに接続したり,
+FreeBSD を使って, 他の人々にインターネットへのダイヤルアップ接続を
+提供しようとしているのでしたら, PPP または SLIP 接続を選ぶことができます.
+PPP 接続には, 2 種類の方法が提供されています.
+<em>ユーザ</em> PPP (iijpppとも呼ばれます) と <em>カーネル</em> PPP です.
+両方の PPP の設定手順と, SLIP の設定方法については以下の章に書かれています.
+
+ &userppp;
+ &ppp;
+ &slipc;
+ &slips;
+
+ <chapt><heading> 高度なネットワーク </heading>
+ &routing;
+ &nfs;
+ &diskless;
+ <sect><heading>* イエローページ/NIS </heading>
+ &isdn;
+
+ <chapt><heading>* 電子メール </heading>
+
+
+
+<!-- ************************************************************ -->
+
+ <part><heading> さらに進んだ話題 </heading>
+ &current;
+ &stable;
+ &synching;
+ &submitters;
+ &troubleshooting;
+ &kerneldebug;
+ &linuxemu;
+ <chapt><heading> FreeBSD の内部</heading>
+ &booting;
+ &memoryuse;
+ &dma;
+
+
+<!-- ************************************************************ -->
+
+ <part><heading>付録</heading>
+
+ &mirrors;
+ &bibliography;
+ &eresources;
+ &contrib;
+ &policies;
+ &pgpkeys;
+ &jcontrib;
+
+<!-- &glossary; -->
+
+ </book>
+</linuxdoc>
+