aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.EUC/handbook/hw.sgml
diff options
context:
space:
mode:
authorMasafumi Max NAKANE <max@FreeBSD.org>1997-10-14 03:41:53 +0000
committerMasafumi Max NAKANE <max@FreeBSD.org>1997-10-14 03:41:53 +0000
commit3bbf54681d98aca10add3a8be0d5252a35baf261 (patch)
tree75095fb5ba49206dd441c65b1df8c20670b5a574 /ja_JP.EUC/handbook/hw.sgml
parent3ea717cf97f7f3a0a510116aad2d6159f424ec78 (diff)
downloaddoc-3bbf54681d98aca10add3a8be0d5252a35baf261.tar.gz
doc-3bbf54681d98aca10add3a8be0d5252a35baf261.zip
Change some wording for translation improvement.
Submitted by: the Japanese Documentatiion Project
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=2062
Diffstat (limited to 'ja_JP.EUC/handbook/hw.sgml')
-rw-r--r--ja_JP.EUC/handbook/hw.sgml8
1 files changed, 4 insertions, 4 deletions
diff --git a/ja_JP.EUC/handbook/hw.sgml b/ja_JP.EUC/handbook/hw.sgml
index 6088235fe9..4eb6fd7a6f 100644
--- a/ja_JP.EUC/handbook/hw.sgml
+++ b/ja_JP.EUC/handbook/hw.sgml
@@ -1,4 +1,4 @@
-<!-- $Id: hw.sgml,v 1.17 1997-10-13 14:55:11 max Exp $ -->
+<!-- $Id: hw.sgml,v 1.18 1997-10-14 03:41:53 max Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
<!-- Original revision: 1.68 -->
@@ -1182,10 +1182,10 @@ komodo というホスト名の Sun に繋いである Exabyte のテープデバイスに対して
<!--gen-->
<p><tt>pax(1)</tt> は <tt>tar</tt> と <tt>cpio</tt> に対する
- IEEE/POSIX の回答です. 何年もの間, 様々なバージョンの <tt>tar</tt> や
+ IEEE/POSIX の回答です. 長年の間, 様々なバージョンの <tt>tar</tt> や
<tt>cpio</tt> は, 互いにわずかながら非互換性を有していました.
- 各々を虱潰しに標準化させる代わりに, POSIXは新しいアーカイブ
- ユーティリティを作ることにしました. <tt>pax</tt> は自身のために
+ 各々をしらみ潰しに標準化する代わりに, POSIXは新しいアーカイブ
+ ユーティリティを作ることにしました. <tt>pax</tt> は専用に
開発された新しいフォーマットに加えて, いくつもの cpio や tar の
フォーマットの読み書きに対応しようと試みています. コマンド群は
<tt>tar</tt> よりも <tt>cpio</tt> の方にいくぶん似ています.