aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/man/man4/man4.i386/ep.4
diff options
context:
space:
mode:
authorDoc Manager <doceng@FreeBSD.org>2005-01-21 06:32:14 +0000
committerDoc Manager <doceng@FreeBSD.org>2005-01-21 06:32:14 +0000
commitedf570427d37ad38762448cd0ea316df1c2ad782 (patch)
tree8059b8fd186f408e663832edaab6de248d6ab986 /ja_JP.eucJP/man/man4/man4.i386/ep.4
parentda5e785839a58fa58f9b4cb0db010338a3a61a21 (diff)
downloaddoc-release/4.11.0.tar.gz
doc-release/4.11.0.zip
Create tag '4.11.0'.release/4.11.0
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP/man/man4/man4.i386/ep.4')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man4/man4.i386/ep.4121
1 files changed, 0 insertions, 121 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man4/man4.i386/ep.4 b/ja_JP.eucJP/man/man4/man4.i386/ep.4
deleted file mode 100644
index 6fdb3ba408..0000000000
--- a/ja_JP.eucJP/man/man4/man4.i386/ep.4
+++ /dev/null
@@ -1,121 +0,0 @@
-.\"
-.\" Copyright (c) 1994 Herb Peyerl
-.\" All rights reserved.
-.\"
-.\" Redistribution and use in source and binary forms, with or without
-.\" modification, are permitted provided that the following conditions
-.\" are met:
-.\" 1. Redistributions of source code must retain the above copyright
-.\" notice, this list of conditions and the following disclaimer.
-.\" 2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
-.\" notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
-.\" documentation and/or other materials provided with the distribution.
-.\" 3. All advertising materials mentioning features or use of this software
-.\" must display the following acknowledgement:
-.\" This product includes software developed by Herb Peyerl
-.\" 3. The name of the author may not be used to endorse or promote products
-.\" derived from this software without specific prior written permission
-.\"
-.\" THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR ``AS IS'' AND ANY EXPRESS OR
-.\" IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES
-.\" OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED.
-.\" IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT,
-.\" INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT
-.\" NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE,
-.\" DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY
-.\" THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT
-.\" (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF
-.\" THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
-.\"
-.\" %Id: ep.4,v 1.9 1998/10/22 14:12:55 bde Exp %
-.\" $FreeBSD$
-.\"
-.Dd February 04, 1993
-.Dt EP 4 i386
-.Os
-.Sh 名称
-.Nm ep
-.Nd
-3Com Etherlink III イーサネットデバイスドライバ (3c5x9)
-.Sh 書式
-.Cd "device ep0 at isa? port 0x300 net irq 10"
-.Sh 解説
-.Nm ep
-ドライバは 3c509 (ISA) と 3c579 (EISA) のサポートを提供します。
-これらのカードのさまざまなモデルは、コネクタの配列がそれぞれ異なります。
-.Pp
-.Bl -tag -width xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
-.It AUI/DIX
-標準 15 ピンコネクタ
-.It 10Base2
-BNC (シンケーブルとしても知られているもの)
-.It 10BaseT
-UTP (ツイストペアとしても知られているもの)
-.El
-.Pp
-デフォルトで使用されるポートは、
-セットアップユーティリティで選択されているポートです。
-これをオーバライドするには、
-.Xr ifconfig 8
-または
-.Pa /etc/rc.conf
-ファイルで次のフラグを使用します。
-.Pp
-.Bl -tag -width xxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
-.It link0
-AUI ポートを使用
-.It link1
-BNC ポートを使用
-.It link2
-UTP ポートを使用
-.El
-.Pp
-コンピュータに複数のカードを装着している場合は、次の順番で探されます。
-最初に 3c579 EISA カードが探されます --
-これらは EISA スロット番号順に検出されます。
-次に、3c509 ISA カードが探されます --
-イーサネットアドレスの昇順に検出されます。
-次に、どのようにプローブされるかの例を示します。
-.Pp
-ep0 at isa0 port 0x6000-0x600f irq 10: aui/bnc address 00:60:8c:70:e5:c5
-ep1 at isa0 port 0x300-0x30f irq 3: aui/bnc/utp address 00:20:af:10:62:ab
-.Pp
-カードが発見されることが期待されるポートと IRQ を指定することもできますが、
-この指定は必ずしも必要ではありません。
-カードは ISA バス上での自分の居場所を我々に伝えるに
-十分なインテリジェンスを備えているのです。
-.Pp
-.Sh 注釈
-3c509 カードにはアドレスを設定するジャンパがありません。
-3Com はカードのアドレスを設定するソフトウェアを提供しています。
-ISA バス上でこのカードを見つけるために、
-カーネルは IO アドレス 0x110 で複雑なスキャン操作を行います。
-注意してください! このアドレスに他のカードを配置することは避けてください。
-.Pp
-.Sh 診断
-ep0: reset (status: %x)
-.in +4
-ドライバは FIFO のアンダランまたはオーバランを検出しました。ドライバが
-カードをリセットし、パケットが失われます。これは致命的ではありません。
-.in -4
-ep0: eeprom failed to come ready
-.in +4
-EEPROM の準備ができていません。おそらくカードが死んでいます。
-.in -4
-ep0: 3c509 in test mode. Erase pencil mark!
-.in +4
-誰かがカードの上のテスト領域に鉛筆で落書きをしているかもしれません。鉛筆書き
-の跡を消してリブートしてください (これはジョークではありません)。
-.in -4
-.Sh 関連項目
-.Xr ed 4 ,
-.Xr eg 4 ,
-.Xr el 4 ,
-.Xr ie 4 ,
-.Xr intro 4 ,
-.Xr le 4 ,
-.Xr vx 4 ,
-.Xr ifconfig 8
-.Sh 規格
-は偉大なり。豊富な選択肢があります。
-