aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP
diff options
context:
space:
mode:
authorRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2020-10-03 03:14:01 +0000
committerRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2020-10-03 03:14:01 +0000
commit5fec95096c644a46c19dab96c8bc0e6d2ee6f592 (patch)
treede097a5d353054785f1a144dc7488db793161643 /ja_JP.eucJP
parent73cf8438c3dd84a70a5111569f0cd711f99fead8 (diff)
downloaddoc-5fec95096c644a46c19dab96c8bc0e6d2ee6f592.tar.gz
doc-5fec95096c644a46c19dab96c8bc0e6d2ee6f592.zip
- Merge the following from the English version:
r43126 -> r43860 head/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=54568
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml84
1 files changed, 31 insertions, 53 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml b/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
index 4f44802c0c..8602b4617b 100644
--- a/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
+++ b/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
@@ -3,7 +3,7 @@
The FreeBSD Documentation Project
The FreeBSD Japanese Documentation Project
- Original revision: r43126
+ Original revision: r43860
$FreeBSD$
-->
<chapter xmlns="http://docbook.org/ns/docbook" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" version="5.0" xml:id="l10n">
@@ -26,8 +26,36 @@
<para>&os; は、
ユーザーおよび貢献者が世界中に分散したプロジェクトです。
- この章では、英語以外の言語を使うユーザーの実用に耐えられるようにする
- &os; の国際化 (internationalization)
+ そのため、&os; は多くの言語への地域化に対応しており、
+ ユーザは、英語以外の言語を見たり、入力したり、処理したりできます。
+ 現在では、主要な言語のほとんどから選ぶことができます。
+ たとえば中国語、ドイツ語、日本語、韓国語、フランス語、ロシア語、
+ ベトナム語などがありますが、これらに限定されるわけではありません。</para>
+
+ <indexterm>
+ <primary>国際化 (internationalization)</primary>
+ <see>地域化 (localization)</see>
+ </indexterm>
+ <indexterm><primary>地域化(localization)</primary></indexterm>
+
+ <para>internationalization は、<acronym>i18n</acronym>
+ と短縮して表記されます。
+ これは internationalization
+ の最初と最後の間の文字数に由来します。
+ <acronym>L10n</acronym> も同じ命名法を用いて
+ <quote>localization</quote> を縮めたものです。
+ これらを合わせて、<acronym>i18n</acronym>/<acronym>L10n</acronym>
+ された (すなわち国際化/地域化された)
+ 手法、プロトコル、アプリケーションは、
+ 自分達の好みの言語を使うことを可能にしてくれます。</para>
+
+ <para>国際化 (<acronym>i18n</acronym>)
+ されたアプリケーションは、ライブラリとして <acronym>i18n</acronym>
+ 化キットを用いてプログラミングされます。
+ これは開発者が単純なファイルを書いて、
+ 表示されるメニューやテキストを各国語に翻訳できるようにしてくれます。</para>
+
+ <para>この章では、&os; の国際化 (internationalization)
と地域化 (localization) 機能について解説します。
システムレベルでもアプリケーションレベルでも、
国際化 (<acronym>i18n</acronym>) の実装には様々な側面があるので、
@@ -70,56 +98,6 @@
</itemizedlist>
</sect1>
- <sect1 xml:id="l10n-basics">
- <title>基礎知識</title>
-
- <sect2>
- <title><acronym>i18n</acronym>/<acronym>L10n</acronym> とは?</title>
-
- <indexterm>
- <primary>国際化 (internationalization)</primary>
- <see>地域化 (localization)</see>
- </indexterm>
- <indexterm><primary>地域化(localization)</primary></indexterm>
-
- <para>internationalization は、<acronym>i18n</acronym>
- と短縮して表記されます。
- これは internationalization
- の最初と最後の間の文字数に由来します。
- <acronym>L10n</acronym> も同じ命名法を用いて
- <quote>localization</quote> を縮めたものです。
- これらを合わせて、<acronym>i18n</acronym>/<acronym>L10n</acronym>
- された (すなわち国際化/地域化された)
- 手法、プロトコル、アプリケーションは、
- 自分達の好みの言語を使うことを可能にしてくれます。</para>
-
- <para>国際化 (<acronym>i18n</acronym>)
- されたアプリケーションは、ライブラリとして <acronym>i18n</acronym>
- 化キットを用いてプログラミングされます。
- これは開発者が単純なファイルを書いて、
- 表示されるメニューやテキストを各国語に翻訳できるようにしてくれます。</para>
- </sect2>
-
- <sect2>
- <title>なぜ <acronym>i18n</acronym>/<acronym>L10n</acronym>
- を使わなければいけないの?</title>
-
- <para><acronym>i18n</acronym>/<acronym>L10n</acronym> を使うと、
- 英語以外の言語を見たり、入力したり、処理したりできます。</para>
- </sect2>
-
- <sect2>
- <title>どのような言語が対応しているの?</title>
-
- <para><acronym>i18n</acronym> や <acronym>L10n</acronym> は、
- &os; に限った話題ではありません。
- 現在では、主要な言語のほとんどから選ぶことができます。
- たとえば中国語、ドイツ語、日本語、韓国語、フランス語、ロシア語、
- ベトナム語などがありますが、これらに限定されるわけではありません。</para>
- <indexterm><primary>ロケール(locale)</primary></indexterm>
- </sect2>
- </sect1>
-
<sect1 xml:id="using-localization">
<title>地域化の利用</title>