aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP
diff options
context:
space:
mode:
authorRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2020-10-19 11:50:21 +0000
committerRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2020-10-19 11:50:21 +0000
commit74e61745ee9bd5568edfa8c8a22a919a372f97d2 (patch)
tree34d5c8f37c8167ac140e2b4735239748adfc1ae0 /ja_JP.eucJP
parentfa80c16dea81ce50d80492069df6731c022ce166 (diff)
downloaddoc-74e61745ee9bd5568edfa8c8a22a919a372f97d2.tar.gz
doc-74e61745ee9bd5568edfa8c8a22a919a372f97d2.zip
- Merge the following from the English version:
r43883 -> r43884 head/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=54610
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml26
1 files changed, 13 insertions, 13 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml b/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
index d7d446f739..c93473b167 100644
--- a/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
+++ b/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
@@ -3,7 +3,7 @@
The FreeBSD Documentation Project
The FreeBSD Japanese Documentation Project
- Original revision: r43883
+ Original revision: r43884
$FreeBSD$
-->
<chapter xmlns="http://docbook.org/ns/docbook" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" version="5.0" xml:id="l10n">
@@ -159,8 +159,8 @@
といったシングルバイトの文字セットについては、
&man.multibyte.3; を参照してください。
現在有効な文字セットのリストは、<link
- xlink:href="http://www.iana.org/assignments/character-sets">IANA
- Registry</link> で確認できます。</para>
+ xlink:href="http://www.iana.org/assignments/character-sets">IANA
+ Registry</link> で確認できます。</para>
<para>いくつかの言語 (例えば中国語や日本語) は、
<acronym>ASCII</acronym> 文字では表すことができないので、
@@ -818,7 +818,7 @@ Not sure where to put this section, perhaps as a note in the File system chapter
表示されるメニューやテキストを各国語に翻訳できるようにしてくれます。</para>
<para><link xlink:href="&url.base;/ja/ports/index.html">&os; Ports
- Collection </link> の多くのアプリケーションは、
+ Collection </link> の多くのアプリケーションは、
いくつかの言語向けのワイド/多バイト文字への対応を組み込んでいます。
そのようなアプリケーションの名前には、
容易に認識できるように、<literal>-i18n</literal>
@@ -859,11 +859,11 @@ Not sure where to put this section, perhaps as a note in the File system chapter
<secondary>ロシア語</secondary>
</indexterm>
- <para>この節では、&os;
- システムをロシア語へ地域化するための設定例を示します。
- 各設定に関するより詳しい説明については、
- <link linkend="using-localization">地域化の利用</link>
- を参照してください。</para>
+ <para>この節では、&os;
+ システムをロシア語へ地域化するための設定例を示します。
+ 各設定に関するより詳しい説明については、
+ <link linkend="using-localization">地域化の利用</link>
+ を参照してください。</para>
<para>このロケールをログインシェルに設定するには、
以下の行を各ユーザの <filename>~/.login_conf</filename>
@@ -971,11 +971,11 @@ Option "XkbOptions" "grp:toggle"</programlisting>
</note>
<para><application>Xorg</application>
- アプリケーションを地域化する方法については、
- <uri xlink:href="http://koi8.pp.ru/xwin.html">http://koi8.pp.ru/xwin.html</uri>
+ アプリケーションを地域化する方法については、<uri
+ xlink:href="http://koi8.pp.ru/xwin.html">http://koi8.pp.ru/xwin.html</uri>
を参照してください。
- KOI8-R エンコーディングの詳細については、
- <uri xlink:href="http://koi8.pp.ru/">http://koi8.pp.ru/</uri>
+ KOI8-R エンコーディングの詳細については、<uri
+ xlink:href="http://koi8.pp.ru/">http://koi8.pp.ru/</uri>
を参照してください。</para>
</sect2>