aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP
diff options
context:
space:
mode:
authorRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2020-09-25 14:55:51 +0000
committerRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2020-09-25 14:55:51 +0000
commitb02a3f5ab112591b97d54f09b2483e0c7d6e89f5 (patch)
treebe47498457815dfa1fcb78ce54029dcfabfb0511 /ja_JP.eucJP
parent882b82fbe5e48113d386718f27b34640be7ed89b (diff)
downloaddoc-b02a3f5ab112591b97d54f09b2483e0c7d6e89f5.tar.gz
doc-b02a3f5ab112591b97d54f09b2483e0c7d6e89f5.zip
- Merge the following from the English version:
r53992 -> r54495 head/ja_JP.eucJP/books/handbook/bsdinstall/chapter.xml
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=54532
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/books/handbook/bsdinstall/chapter.xml63
1 files changed, 11 insertions, 52 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/books/handbook/bsdinstall/chapter.xml b/ja_JP.eucJP/books/handbook/bsdinstall/chapter.xml
index 99be9f8543..4b4ca0e944 100644
--- a/ja_JP.eucJP/books/handbook/bsdinstall/chapter.xml
+++ b/ja_JP.eucJP/books/handbook/bsdinstall/chapter.xml
@@ -3,7 +3,7 @@
The FreeBSD Documentation Project
The FreeBSD Japanese Documentation Project
- Original revision: r53992
+ Original revision: r54495
$FreeBSD$
-->
<chapter xmlns="http://docbook.org/ns/docbook"
@@ -136,19 +136,16 @@
この章を正確で忠実な手順書としてではなく、
一般的なガイドとしてご利用ください。</para>
- <note>
- <para>グラフィカルなインストーラで
- &os; をインストールしたいと考えているユーザは、
- TrueOS プロジェクトのインストーラである
- <application>pc-sysinstall</application>
- に興味を持たれるかもしれません。
- このインストーラは、グラフィカルなデスクトップ (TrueOS)
- や、コマンドラインの &os; のインストールに利用できます。
- 詳細については、TrueOS のユーザハンドブック (<link
- xlink:href="https://www.trueos.org/handbook/trueos.html">https://www.trueos.org/handbook/trueos.html</link>)
- をご覧ください。</para>
+ <note><para>グラフィカルなインストーラで
+ &os; をインストールしたいと考えているユーザは、
+ <link xlink:href="https://www.furybsd.org">FuryBSD</link>,
+ <link xlink:href="https://ghostbsd.org">GhostBSD</link> もしくは
+ <link
+ xlink:href="https://www.midnightbsd.org">MidnightBSD</link>
+ に興味を持たれるでしょう。</para>
</note>
+
<para>この章では、以下について説明します。</para>
<itemizedlist>
@@ -751,45 +748,6 @@ commit your changes?</programlisting>
<para>と入力してください。</para>
</sect2>
- <sect2>
- <title>&sparc64; での起動</title>
-
- <para>ほとんどの &sparc64; システムは、
- ディスクから自動的に起動するように設定されています。
- &os; を <acronym>CD</acronym> からインストールするには、
- <acronym>PROM</acronym> に入る必要があります。</para>
-
- <para><acronym>PROM</acronym> に入るにはシステムを再起動し、
- ブートメッセージが表示されるまで待ってください。
- モデルによりますが、以下のようなメッセージが表示されます。</para>
-
- <screen>Sun Blade 100 (UltraSPARC-IIe), Keyboard Present
-Copyright 1998-2001 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved.
-OpenBoot 4.2, 128 MB memory installed, Serial #51090132.
-Ethernet address 0:3:ba:b:92:d4, Host ID: 830b92d4.</screen>
-
- <para>もしシステムがこの時点でディスクから起動するようでしたら、
- キーボードから <keycombo
- action="simul"><keycap>L1</keycap><keycap>A</keycap></keycombo>
- または <keycombo
- action="simul"><keycap>Stop</keycap><keycap>A</keycap></keycombo>
- を押すか、シリアルコンソールから <command>BREAK</command>
- を送信してください。
- <application>tip</application> または <application>cu</application>
- を使用する場合には、<command>~#</command>
- によって BREAK を送ることができます。
- 単一の <acronym>CPU</acronym> を持つシステムでの
- <acronym>PROM</acronym> プロンプトは、<prompt>ok</prompt> で、
- <acronym>SMP</acronym> システムのプロンプトは、
- <prompt>ok {0} </prompt> です。
- 数字はアクティブな <acronym>CPU</acronym>
- の数を表しています。</para>
-
- <para>ここで、<acronym>CD</acronym> をドライブに挿入し、
- <acronym>PROM</acronym> プロンプトで
- <command>boot cdrom</command> と入力してください。</para>
- </sect2>
-
<sect2 xml:id="bsdinstall-view-probe">
<title>&os; ブートメニュー</title>
@@ -2410,7 +2368,8 @@ Ethernet address 0:3:ba:b:92:d4, Host ID: 830b92d4.</screen>
<listitem>
<para><literal>secure_console</literal> -
このオプションを有効にすると、シングルユーザモードに入る際に、
- プロンプトに対して root パスワードが必要となります。</para>
+ プロンプトに対して <systemitem class="username">root</systemitem>
+ パスワードが必要となります。</para>
</listitem>
<listitem>