aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP
diff options
context:
space:
mode:
authorRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2020-09-13 15:28:05 +0000
committerRyusuke SUZUKI <ryusuke@FreeBSD.org>2020-09-13 15:28:05 +0000
commited219fbaecaee59d5d8173f3576b11feb4d66ca8 (patch)
treebc6b79a8d9cb364d088e0d35f1f9e1cd7a844357 /ja_JP.eucJP
parente625d0c6f88869580a7264067bd2d83a8d5b1362 (diff)
downloaddoc-ed219fbaecaee59d5d8173f3576b11feb4d66ca8.tar.gz
doc-ed219fbaecaee59d5d8173f3576b11feb4d66ca8.zip
- Merge the following from the English version:
r28826 -> r35058 head/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
Notes
Notes: svn path=/head/; revision=54486
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml58
1 files changed, 34 insertions, 24 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml b/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
index 382efa336f..24518b6b43 100644
--- a/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
+++ b/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
@@ -3,7 +3,7 @@
The FreeBSD Documentation Project
The FreeBSD Japanese Documentation Project
- Original revision: 28826
+ Original revision: 35058
$FreeBSD$
-->
<chapter xmlns="http://docbook.org/ns/docbook" xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" version="5.0" xml:id="l10n">
@@ -292,15 +292,15 @@
#of Taiwan can manually change each variable
me:\
:lang=zh_TW.Big5:\
- :lc_all=zh_TW.Big:\
- :lc_collate=zh_TW.Big5:\
- :lc_ctype=zh_TW.Big5:\
- :lc_messages=zh_TW.Big5:\
- :lc_monetary=zh_TW.Big5:\
- :lc_numeric=zh_TW.Big5:\
- :lc_time=zh_TW.Big5:\
+ :setenv=LC_ALL=zh_TW.Big:\
+ :setenv=LC_COLLATE=zh_TW.Big5:\
+ :setenv=LC_CTYPE=zh_TW.Big5:\
+ :setenv=LC_MESSAGES=zh_TW.Big5:\
+ :setenv=LC_MONETARY=zh_TW.Big5:\
+ :setenv=LC_NUMERIC=zh_TW.Big5:\
+ :setenv=LC_TIME=zh_TW.Big5:\
:charset=big5:\
- :xmodifiers="@im=xcin": #Setting the XIM Input Server</programlisting>
+ :xmodifiers="@im=gcin": #Set gcin as the XIM Input Server</programlisting>
<para>詳細に関しては
<link linkend="adm-setup">管理者の設定</link> と
@@ -320,7 +320,7 @@ me:\
:tc=default:</programlisting>
<para>先ほどの例のように Latin-1
- での設定はこのようになります。</para>
+ での設定は以下のようになります。</para>
<programlisting>german:German Users Accounts:\
:charset=ISO-8859-1:\
@@ -464,8 +464,7 @@ font8x8=<replaceable>フォント名</replaceable></programlisting>
</indexterm>
<indexterm><primary>keymap</primary></indexterm>
<indexterm><primary>screenmap</primary></indexterm>
- <para>また、<command>sysinstall</command> (&os; バージョンが 5.2
- よりも古い場合は <command>/stand/sysinstall</command>)
+ <para>また、<command>sysinstall</command>
を使って、C 言語の char で表現できるシングルバイトの文字セット用の正しい
キーマップとスクリーンマップを指定するようにしてください。
<application>sysinstall</application> では、<guimenuitem>Configure</guimenuitem>
@@ -832,12 +831,7 @@ font8x8="cp866-8x8"</programlisting>
既存の <literal>FontPath</literal>
エントリの<emphasis>前に</emphasis>以下の行を追加しなければなりません。</para>
- <programlisting>FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/cyrillic/misc"
-FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/cyrillic/75dpi"
-FontPath "/usr/X11R6/lib/X11/fonts/cyrillic/100dpi"</programlisting>
-
- <para>もし高解像度のビデオモードを使っている場合には、
- 75 dpi と 100 dpi の行を入れ替えてください。</para>
+ <programlisting>FontPath "/usr/local/lib/X11/fonts/cyrillic"</programlisting>
<note>
<para>他の cyrillic フォントについては、
@@ -856,19 +850,19 @@ Option "XkbOptions" "grp:toggle"</programlisting>
(コメントアウト) になっていることを確認してください。
</para>
- <para><literal>grp:caps_toggle</literal>
+ <para><literal>grp:toggle</literal>
については、ロシア語/ラテン文字の切り替えは
<keycap>Right Alt</keycap> で行います。
<literal>grp:ctrl_shift_toggle</literal>
の切り替えは
<keycombo action="simul"><keycap>Ctrl</keycap><keycap>Shift</keycap></keycombo>
で行います。
+ <literal>grp:caps_toggle</literal>
+ については、ロシア語/ラテン文字の切り替えは
+ <keycap>CapsLock</keycap> で行います。
従来の <keycap>CapsLock</keycap> の機能は
<keycombo action="simul"><keycap>Shift</keycap><keycap>CapsLock</keycap></keycombo>
で使うことができます (ラテン文字モードの時のみ)。
- <literal>grp:toggle</literal>
- については、ロシア語/ラテン文字の切り替えは
- <keycap>Right Alt</keycap> で行います。
<application>&xorg;</application> では、理由は不明ですが
<literal>grp:caps_toggle</literal> は動作しません。</para>
@@ -931,11 +925,27 @@ Option "XkbOptions" "grp:toggle"</programlisting>
<para>Slaven Rezic <email>eserte@cs.tu-berlin.de</email> は
FreeBSD マシン上でウムラウトを使うためのチュートリアルを書きました。
チュートリアルはドイツ語で書かれており、
- <uri xlink:href="http://www.de.FreeBSD.org/de/umlaute/">http://www.de.FreeBSD.org/de/umlaute/</uri>
+ <uri xlink:href="http://user.cs.tu-berlin.de/~eserte/FreeBSD/doc/umlaute/umlaute.html"></uri>
から入手できます。</para>
</sect2>
<sect2>
+ <title>ギリシャ語への地域化</title>
+
+ <indexterm>
+ <primary>地域化</primary>
+ <secondary>Greek</secondary>
+ </indexterm>
+ <para>Nikos Kokkalis <email>nickkokkalis@gmail.com</email> は、
+ &os; におけるギリシャ語のサポートについての記事を書きました。
+ これは、公式の &os; ギリシャ語ドキュメンテーションの一部として
+ <uri
+ xlink:href="&url.doc.base;/el_GR.ISO8859-7/articles/greek-language-support/index.html">http://www.freebsd.org/doc/el_GR.ISO8859-7/articles/greek-language-support/index.html</uri>
+ から読むことができます。
+ この文書は、ギリシャ語 <emphasis>のみ</emphasis> で書かれています。</para>
+ </sect2>
+
+ <sect2>
<title>日本語/韓国語への地域化</title>
<indexterm>
<primary>地域化</primary>
@@ -955,7 +965,7 @@ Option "XkbOptions" "grp:toggle"</programlisting>
<sect2>
<title>英語以外の FreeBSD ドキュメント</title>
- <para>FreeBSD の一部を他の言語に翻訳してくれている人たちがいます。
+ <para>FreeBSD の文書の一部を他の言語に翻訳してくれている人たちがいます。
これらは <link xlink:href="&url.base;/ja/index.html">メインサイト</link>のリンクを辿るか
<filename>/usr/share/doc</filename>
から入手できます。</para>