aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
diff options
context:
space:
mode:
-rw-r--r--FAQ/FAQ.sgml4
-rw-r--r--handbook/porting.sgml9
-rw-r--r--handbook/relnotes.sgml42
-rw-r--r--ja/handbook/relnotes.sgml48
-rw-r--r--ja/handbook/scsi.sgml7
-rw-r--r--ja/handbook/synching.sgml4
-rw-r--r--ja_JP.EUC/handbook/relnotes.sgml48
-rw-r--r--ja_JP.EUC/handbook/scsi.sgml7
-rw-r--r--ja_JP.EUC/handbook/synching.sgml4
9 files changed, 93 insertions, 80 deletions
diff --git a/FAQ/FAQ.sgml b/FAQ/FAQ.sgml
index c8ba0252f0..e6c0457899 100644
--- a/FAQ/FAQ.sgml
+++ b/FAQ/FAQ.sgml
@@ -1,11 +1,11 @@
<!DOCTYPE linuxdoc PUBLIC "-//FreeBSD//DTD linuxdoc//EN">
-<!-- $Id: FAQ.sgml,v 1.13.2.1 1996-11-21 16:38:29 phk Exp $ -->
+<!-- $Id: FAQ.sgml,v 1.13.2.2 1996-11-25 07:32:23 phk Exp $ -->
<article>
<title>Frequently Asked Questions for FreeBSD 2.X
<author>The FreeBSD FAQ Team, <tt/FAQ@FreeBSD.ORG/
-<date>$Date: 1996-11-21 16:38:29 $
+<date>$Date: 1996-11-25 07:32:23 $
<abstract>
This is the FAQ for FreeBSD systems version 2.X All entries are
assumed to be relevant to FreeBSD 2.0.5+, unless otherwise noted.
diff --git a/handbook/porting.sgml b/handbook/porting.sgml
index e3ffff4bb8..44aee5aff4 100644
--- a/handbook/porting.sgml
+++ b/handbook/porting.sgml
@@ -1,4 +1,4 @@
-<!-- $Id: porting.sgml,v 1.32.2.4 1996-11-21 16:39:16 phk Exp $ -->
+<!-- $Id: porting.sgml,v 1.32.2.5 1996-11-25 07:32:28 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Documentation Project -->
<sect1><heading>Porting an existing piece of free software<label id="porting"></heading>
@@ -582,9 +582,9 @@ work/foozolix-1.0/
to add support for automatically determining the closest
master site and fetching from there!
- <p>If your the original tarball is part of one of the following
+ <p>If the original tarball is part of one of the following
popular archives: X-contrib, GNU, Perl CPAN, TeX CTAN, or
- Linux Sunsite, you refer to those sites in an easy compack
+ Linux Sunsite, you refer to those sites in an easy compact
form using MASTER_SITE_XCONTRIB, MASTER_SITE_GNU,
MASTER_SITE_PERL_CPAN, MASTER_SITE_TEX_CTAN, and
MASTER_SITE_SUNSITE. Simply set MASTER_SITE_SUBDIR to the path
@@ -1103,7 +1103,8 @@ MAN8= baz.8
paradigm. Many of the files should me moved to one of the
following: `<tt>etc</tt>' (setup/configuration files),
`<tt>libexec</tt>' (executables started internally),
- `<tt>sbin</tt>' (executables for superusers/managers) or
+ `<tt>sbin</tt>' (executables for superusers/managers),
+ `<tt>info</tt>' (documentation for info browser) or
`<tt>share</tt>' (architecture independent files). See
<tt>hier(7)</tt> for details, the rule governing
<tt>/usr</tt> pretty much applies to <tt>/usr/local</tt>
diff --git a/handbook/relnotes.sgml b/handbook/relnotes.sgml
index 88e3aaccd2..7c6173467b 100644
--- a/handbook/relnotes.sgml
+++ b/handbook/relnotes.sgml
@@ -1,4 +1,4 @@
-<!-- $Id: relnotes.sgml,v 1.15 1996-10-23 03:15:10 jfieber Exp $ -->
+<!-- $Id: relnotes.sgml,v 1.15.2.1 1996-11-25 07:32:30 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Documentation Project -->
<!--
@@ -8,13 +8,13 @@
<sect><heading>About the current release<label id="relnotes"></heading>
<p>FreeBSD is a freely available, full source 4.4BSD-Lite
- based release for Intel i386/i486/Pentium (or
+ based release for Intel i386/i486/Pentium/PentiumPro (or
compatible) based PC's. It is based primarily on
software from U.C. Berkeley's CSRG group, with some
enhancements from NetBSD, 386BSD, and the Free Software
Foundation.
- Since our release of FreeBSD 2.0 one year ago, the
+ Since our release of FreeBSD 2.0 in January of 95, the
performance, feature set, and stability of FreeBSD has
improved dramatically. The largest change is a
revamped VM system with a merged VM/file buffer cache
@@ -35,24 +35,26 @@
(constantly evolving) process is especially welcome!
In addition to the base distributions, FreeBSD offers a
- new ported software collection with some 350 commonly
- sought-after programs. The list of ports ranges from
+ new ported software collection with hundreds of commonly
+ sought-after programs. At the end of November 96 there was
+ an amount of 710 ports ! The list of ports ranges from
http (WWW) servers, to games, languages, editors and
- almost everything in between. The entire ports
- collection requires only 10MB of storage, all ports
- being expressed as ``deltas'' to their original sources.
- This makes it much easier for us to update ports, and
- greatly reduces the disk space demands made by the
- older 1.0 ports collection. To compile a port, you
- simply change to the directory of the program you wish
- to install, type make and let the system do the rest.
- The full original distribution for each port you build
- is retrieved dynamically off of CDROM or a local ftp
- site, so you need only enough disk space to build the
- ports you want. (Almost) every port is also provided
- as a pre-compiled "package" which can be installed with
- a simple command (pkg_add) by those who do not wish to
- compile their own ports from source.
+ almost everything in between. The entire ports collection
+ requires only 10MB of storage, all ports being expressed
+ as ``deltas'' to their original sources. This makes it
+ much easier for us to update ports, and greatly reduces
+ the disk space demands made by the older 1.0 ports
+ collection. To compile a port, you simply change to the
+ directory of the program you wish to install, type ``make
+ all'' followed by ``make install'' after successful
+ compilation and let the system do the rest. The full
+ original distribution for each port you build is retrieved
+ dynamically off of CDROM or a local ftp site, so you need
+ only enough disk space to build the ports you want.
+ (Almost) every port is also provided as a pre-compiled
+ "package" which can be installed with a simple command
+ (pkg_add) by those who do not wish to compile their own
+ ports from source.
A number of additional documents which you may find
very helpful in the process of installing and using
diff --git a/ja/handbook/relnotes.sgml b/ja/handbook/relnotes.sgml
index 0a1a7ff438..cfa6d10f34 100644
--- a/ja/handbook/relnotes.sgml
+++ b/ja/handbook/relnotes.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: relnotes.sgml,v 1.1.1.1 1996-11-15 05:14:41 asami Exp $ -->
+<!-- $Id: relnotes.sgml,v 1.1.1.1.2.1 1996-11-25 07:32:35 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.15 -->
+<!-- Original revision: 1.17 -->
<!--
<!DOCTYPE linuxdoc PUBLIC '-//FreeBSD//DTD linuxdoc//EN'>
@@ -8,13 +8,14 @@
-->
<sect><heading>現在のリリースについて<label id="relnotes"></heading>
- <p>FreeBSD は自由に利用でき Intel i386/i486/Pentium(とその互換 CPU)
- の PCで動作する, 4.4BSD-Lite ベースの全ソースつきのリリース
- です. これはもともとにカリフォルニア大学バークレイ校 CSRGグループの
- ソフトウェアがベースとなっており, NetBSD, 386BSD, そして Free
- Software Foundation のソフトウェアなどにより拡張されています.
+ <p>FreeBSD は自由に利用でき Intel i386/i486/Pentium/PentiumPro
+ (とその互換 CPU) の PCで動作する, 4.4BSD-Lite ベースの全ソー
+ スつきのリリースです. これはもともとカリフォルニア大学バーク
+ レイ校 CSRGグループのソフトウェアがベースとなっており,
+ NetBSD, 386BSD, そして Free Software Foundation のソフトウェ
+ アなどにより拡張されています.
- 1年前の FreeBSD 2.0 のリリースからみると, FreeBSD は性能, 機能,
+ 95年1月の FreeBSD 2.0 のリリースからみると, FreeBSD は性能, 機能,
安定性の面で劇的に改善されました. もっとも大きな変化は VM システムに
おける改良で, 統合化された VM/file バッファキャッシュを用いる
ことで性能を向上させながらも FreeBSD のメモリの使用量を減らすことが
@@ -22,30 +23,33 @@
ようになりました. その他の拡張としては NIS のクライアントとサーバの
完全サポート, トランザクション TCP のサポート, ダイヤルオンデマンド
PPP, 改良 SCSI サブシステム, ISDN の初期サポート,
- FDDI や Fast Ethernet(100Mbps)などのサポート,
- Adaptech 2940 (WIDE と narrow)のサポートの改良と数百件のバグの修正,
+ FDDI や Fast Ethernet (100Mbps) などのサポート,
+ Adaptec 2940 (WIDE と narrow) のサポートの改良と数百件のバグの修正,
などがあります.
私たちはたくさんのユーザからのコメントや提案をまじめに受け取り,
私たちが正しいと考え, かつ導入の手順が分かりやすいものを提供しようと
- 努力しています. この(継続的に進化する)プロセスに対するあなたの意見を
+ 努力しています. この (継続的に進化する) プロセスに対するあなたの意見を
心からお待ちしています.
FreeBSD では基本配布セットに加え, 移植されたソフトウェア集
- として 350 を越える人気の高いプログラムを提供しています.
- ports (移植ソフトウェア) には http(WWW)サーバから, ゲーム, 言語,
+ として 数百の人気の高いプログラムを提供しています. 96年11月
+ 終わりの時点で 710 の ports (移植ソフトウェア) が存在します.
+ ports には http (WWW) サーバから, ゲーム, 言語,
エディタまでありとあらゆるものが含まれています. portsはオリジナル
ソースに対する「差分」という形で表現されており, すべての portsを
集めても 10MB程度にしかなりません. こうすることで ports の更新を
容易にし, portsに必要なディスクスペースを小さくすることができます.
portsをコンパイルするには, インストールしたいと思っているプログラムの
- ディレクトリに移動し, make と叩くだけで, あとはすべてシステムがやって
- くれます. どの portsもオリジナルの配布セットを動的に CDROM または
- 近くの FTP サーバから取ってくるので, ディスクは構築したいと思って
- いる portsの分だけを準備しておけば十分です. ほとんどの portsは,
- すでにコンパイルされた状態で ``package'' として提供されており,
- ソースコードからコンパイルしたくない場合, これを使うと (pkg_add と
- いうコマンドで) 簡単にインストールできます.
+ ディレクトリに移動し, ``make all'' と実行してコンパイルが成
+ 功したら, ``make install'' とすると, あとはすべてシステムが
+ やってくれます. どの portsもオリジナルの配布セットを動的に
+ CDROM または近くの FTP サーバから取ってくるので, ディスクは
+ 構築したいと思っている portsの分だけを準備しておけば十分です.
+ ほとんどの portsは, すでにコンパイルされた状態で ``package''
+ として提供されており, ソースコードからコンパイルしたくない場
+ 合, これを使うと (pkg_add というコマンドで) 簡単にインストー
+ ルできます.
FreeBSD 2.1 以降のマシンであれば, <bf>/usr/share/doc</bf>
ディレクトリにインストールの手順や FreeBSD を利用する上で有用な
@@ -64,7 +68,7 @@
また, <htmlurl
url="http://www.freebsd.org"
name="http://www.freebsd.org"> にはマスタ
- (かなり頻繁に更新されます)がありますので, こちらも参照してください.
+ (かなり頻繁に更新されます) がありますので, こちらも参照してください.
合衆国の輸出規制のため, FreeBSD のコア配布セットには DES のコードは
含まれていません. 合衆国国内に限り, DES を使うプログラムなどが,
@@ -79,7 +83,7 @@
ないのであれば, FreeBSD の MD5 ベースのセキュリティで十分です.
この標準のセキュリティモデルは DES よりも適していると私たちは思って
いますし, また, やっかいな輸出規制にもひっかかることはありません.
- あなたが合衆国国外にいるなら(あるいは国内にいても)一度試してみて
+ あなたが合衆国国外にいるなら (あるいは国内にいても) 一度試してみて
ください!
<![ IGNORE [
diff --git a/ja/handbook/scsi.sgml b/ja/handbook/scsi.sgml
index dd9ecc2488..eeae64adbd 100644
--- a/ja/handbook/scsi.sgml
+++ b/ja/handbook/scsi.sgml
@@ -1,4 +1,4 @@
-<!-- $Id: scsi.sgml,v 1.1.1.1 1996-11-15 05:14:41 asami Exp $ -->
+<!-- $Id: scsi.sgml,v 1.1.1.1.2.1 1996-11-25 07:32:37 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
<!-- Original revision: 1.19 -->
@@ -907,8 +907,9 @@ options "TUNE_1542" #dynamic tune of bus DMA speed
2192です.
X3T10のドラフトの多くは電子的に利用できる形で SCSI
- BBS (719-574-0424) と ncrinfo.ncr.com の匿名 (anonymous) FTP サ
- イトから得ることができます.
+ BBS (719-574-0424) と ncrinfo.ncr.com の Anonymous FTP (誰でも
+ ファイルを取ってくることができるFTPサービス) サイトから得るこ
+ とができます.
最新の X3T10委員会のドキュメントは:
<itemize>
diff --git a/ja/handbook/synching.sgml b/ja/handbook/synching.sgml
index 16ff66b5f3..648ad48d94 100644
--- a/ja/handbook/synching.sgml
+++ b/ja/handbook/synching.sgml
@@ -1,4 +1,4 @@
-<!-- $Id: synching.sgml,v 1.1.1.1.2.1 1996-11-21 16:40:50 phk Exp $ -->
+<!-- $Id: synching.sgml,v 1.1.1.1.2.2 1996-11-25 07:32:38 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
<!-- Original revision: 1.3 -->
@@ -9,7 +9,7 @@
<!--
-Last updated: $Date: 1996-11-21 16:40:50 $
+Last updated: $Date: 1996-11-25 07:32:38 $
This document tries to describe the various ways in which a user may
use the internet to keep development sources in synch.
diff --git a/ja_JP.EUC/handbook/relnotes.sgml b/ja_JP.EUC/handbook/relnotes.sgml
index 0a1a7ff438..cfa6d10f34 100644
--- a/ja_JP.EUC/handbook/relnotes.sgml
+++ b/ja_JP.EUC/handbook/relnotes.sgml
@@ -1,6 +1,6 @@
-<!-- $Id: relnotes.sgml,v 1.1.1.1 1996-11-15 05:14:41 asami Exp $ -->
+<!-- $Id: relnotes.sgml,v 1.1.1.1.2.1 1996-11-25 07:32:35 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
-<!-- Original revision: 1.15 -->
+<!-- Original revision: 1.17 -->
<!--
<!DOCTYPE linuxdoc PUBLIC '-//FreeBSD//DTD linuxdoc//EN'>
@@ -8,13 +8,14 @@
-->
<sect><heading>現在のリリースについて<label id="relnotes"></heading>
- <p>FreeBSD は自由に利用でき Intel i386/i486/Pentium(とその互換 CPU)
- の PCで動作する, 4.4BSD-Lite ベースの全ソースつきのリリース
- です. これはもともとにカリフォルニア大学バークレイ校 CSRGグループの
- ソフトウェアがベースとなっており, NetBSD, 386BSD, そして Free
- Software Foundation のソフトウェアなどにより拡張されています.
+ <p>FreeBSD は自由に利用でき Intel i386/i486/Pentium/PentiumPro
+ (とその互換 CPU) の PCで動作する, 4.4BSD-Lite ベースの全ソー
+ スつきのリリースです. これはもともとカリフォルニア大学バーク
+ レイ校 CSRGグループのソフトウェアがベースとなっており,
+ NetBSD, 386BSD, そして Free Software Foundation のソフトウェ
+ アなどにより拡張されています.
- 1年前の FreeBSD 2.0 のリリースからみると, FreeBSD は性能, 機能,
+ 95年1月の FreeBSD 2.0 のリリースからみると, FreeBSD は性能, 機能,
安定性の面で劇的に改善されました. もっとも大きな変化は VM システムに
おける改良で, 統合化された VM/file バッファキャッシュを用いる
ことで性能を向上させながらも FreeBSD のメモリの使用量を減らすことが
@@ -22,30 +23,33 @@
ようになりました. その他の拡張としては NIS のクライアントとサーバの
完全サポート, トランザクション TCP のサポート, ダイヤルオンデマンド
PPP, 改良 SCSI サブシステム, ISDN の初期サポート,
- FDDI や Fast Ethernet(100Mbps)などのサポート,
- Adaptech 2940 (WIDE と narrow)のサポートの改良と数百件のバグの修正,
+ FDDI や Fast Ethernet (100Mbps) などのサポート,
+ Adaptec 2940 (WIDE と narrow) のサポートの改良と数百件のバグの修正,
などがあります.
私たちはたくさんのユーザからのコメントや提案をまじめに受け取り,
私たちが正しいと考え, かつ導入の手順が分かりやすいものを提供しようと
- 努力しています. この(継続的に進化する)プロセスに対するあなたの意見を
+ 努力しています. この (継続的に進化する) プロセスに対するあなたの意見を
心からお待ちしています.
FreeBSD では基本配布セットに加え, 移植されたソフトウェア集
- として 350 を越える人気の高いプログラムを提供しています.
- ports (移植ソフトウェア) には http(WWW)サーバから, ゲーム, 言語,
+ として 数百の人気の高いプログラムを提供しています. 96年11月
+ 終わりの時点で 710 の ports (移植ソフトウェア) が存在します.
+ ports には http (WWW) サーバから, ゲーム, 言語,
エディタまでありとあらゆるものが含まれています. portsはオリジナル
ソースに対する「差分」という形で表現されており, すべての portsを
集めても 10MB程度にしかなりません. こうすることで ports の更新を
容易にし, portsに必要なディスクスペースを小さくすることができます.
portsをコンパイルするには, インストールしたいと思っているプログラムの
- ディレクトリに移動し, make と叩くだけで, あとはすべてシステムがやって
- くれます. どの portsもオリジナルの配布セットを動的に CDROM または
- 近くの FTP サーバから取ってくるので, ディスクは構築したいと思って
- いる portsの分だけを準備しておけば十分です. ほとんどの portsは,
- すでにコンパイルされた状態で ``package'' として提供されており,
- ソースコードからコンパイルしたくない場合, これを使うと (pkg_add と
- いうコマンドで) 簡単にインストールできます.
+ ディレクトリに移動し, ``make all'' と実行してコンパイルが成
+ 功したら, ``make install'' とすると, あとはすべてシステムが
+ やってくれます. どの portsもオリジナルの配布セットを動的に
+ CDROM または近くの FTP サーバから取ってくるので, ディスクは
+ 構築したいと思っている portsの分だけを準備しておけば十分です.
+ ほとんどの portsは, すでにコンパイルされた状態で ``package''
+ として提供されており, ソースコードからコンパイルしたくない場
+ 合, これを使うと (pkg_add というコマンドで) 簡単にインストー
+ ルできます.
FreeBSD 2.1 以降のマシンであれば, <bf>/usr/share/doc</bf>
ディレクトリにインストールの手順や FreeBSD を利用する上で有用な
@@ -64,7 +68,7 @@
また, <htmlurl
url="http://www.freebsd.org"
name="http://www.freebsd.org"> にはマスタ
- (かなり頻繁に更新されます)がありますので, こちらも参照してください.
+ (かなり頻繁に更新されます) がありますので, こちらも参照してください.
合衆国の輸出規制のため, FreeBSD のコア配布セットには DES のコードは
含まれていません. 合衆国国内に限り, DES を使うプログラムなどが,
@@ -79,7 +83,7 @@
ないのであれば, FreeBSD の MD5 ベースのセキュリティで十分です.
この標準のセキュリティモデルは DES よりも適していると私たちは思って
いますし, また, やっかいな輸出規制にもひっかかることはありません.
- あなたが合衆国国外にいるなら(あるいは国内にいても)一度試してみて
+ あなたが合衆国国外にいるなら (あるいは国内にいても) 一度試してみて
ください!
<![ IGNORE [
diff --git a/ja_JP.EUC/handbook/scsi.sgml b/ja_JP.EUC/handbook/scsi.sgml
index dd9ecc2488..eeae64adbd 100644
--- a/ja_JP.EUC/handbook/scsi.sgml
+++ b/ja_JP.EUC/handbook/scsi.sgml
@@ -1,4 +1,4 @@
-<!-- $Id: scsi.sgml,v 1.1.1.1 1996-11-15 05:14:41 asami Exp $ -->
+<!-- $Id: scsi.sgml,v 1.1.1.1.2.1 1996-11-25 07:32:37 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
<!-- Original revision: 1.19 -->
@@ -907,8 +907,9 @@ options "TUNE_1542" #dynamic tune of bus DMA speed
2192です.
X3T10のドラフトの多くは電子的に利用できる形で SCSI
- BBS (719-574-0424) と ncrinfo.ncr.com の匿名 (anonymous) FTP サ
- イトから得ることができます.
+ BBS (719-574-0424) と ncrinfo.ncr.com の Anonymous FTP (誰でも
+ ファイルを取ってくることができるFTPサービス) サイトから得るこ
+ とができます.
最新の X3T10委員会のドキュメントは:
<itemize>
diff --git a/ja_JP.EUC/handbook/synching.sgml b/ja_JP.EUC/handbook/synching.sgml
index 16ff66b5f3..648ad48d94 100644
--- a/ja_JP.EUC/handbook/synching.sgml
+++ b/ja_JP.EUC/handbook/synching.sgml
@@ -1,4 +1,4 @@
-<!-- $Id: synching.sgml,v 1.1.1.1.2.1 1996-11-21 16:40:50 phk Exp $ -->
+<!-- $Id: synching.sgml,v 1.1.1.1.2.2 1996-11-25 07:32:38 phk Exp $ -->
<!-- The FreeBSD Japanese Documentation Project -->
<!-- Original revision: 1.3 -->
@@ -9,7 +9,7 @@
<!--
-Last updated: $Date: 1996-11-21 16:40:50 $
+Last updated: $Date: 1996-11-25 07:32:38 $
This document tries to describe the various ways in which a user may
use the internet to keep development sources in synch.