aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml20
1 files changed, 18 insertions, 2 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml b/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
index 3150d106e5..240576fba5 100644
--- a/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
+++ b/ja_JP.eucJP/books/handbook/l10n/chapter.xml
@@ -3,7 +3,7 @@
The FreeBSD Documentation Project
The FreeBSD Japanese Documentation Project
- Original revision: r49292
+ Original revision: r54497
$FreeBSD$
-->
<chapter xmlns="http://docbook.org/ns/docbook"
@@ -281,13 +281,22 @@ me:\
:tc=default:</programlisting>
<para>詳細に関しては
- &man.login.conf.5; を参照してください。</para>
+ &man.login.conf.5; を参照してください。
+ なお、<replaceable>russian</replaceable>
+ クラスはあらかじめ定義されています。</para>
<para><filename>/etc/login.conf</filename> を編集したら、
忘れずに以下のコマンドを実行してケイパビリティデータベースをアップデートしてください。</para>
<screen>&prompt.root; <userinput>cap_mkdb /etc/login.conf</userinput></screen>
+ <note>
+ <para>エンドユーザは、変更を反映させるために、各自の
+ <filename>~/.login_conf</filename> に対して
+ <command>cap_mkdb</command>
+ コマンドを実行する必要があります。</para>
+ </note>
+
<sect4>
<title>ログインクラスを変更するユーティリティ</title>
@@ -339,6 +348,13 @@ me:\
以下のようにしてロケールを指定してください。</para>
<screen>&prompt.root; <userinput>pw useradd <replaceable>user_name</replaceable> -L <replaceable>language</replaceable></userinput></screen>
+
+ <para>すでに存在するユーザのログインクラスを変更するには、
+ <command>chpass</command> を使用してください。
+ 引数として変更するユーザ名を与えて、
+ スーパーユーザの権限で実行してください。</para>
+
+ <screen>&prompt.root; <userinput>chpass <replaceable>user_name</replaceable></userinput></screen>
</sect4>
</sect3>