aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/man/man1
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP/man/man1')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/lockf.12
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/perl.12
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man1/truncate.12
3 files changed, 3 insertions, 3 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/lockf.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/lockf.1
index 71a8773475..95f18891a4 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/lockf.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/lockf.1
@@ -53,7 +53,7 @@
.Ar command
の実行が完了すると、
.Nm
-はロックを開放し、
+はロックを解放し、
.Fl k
オプションが指定されていなければ
ファイル
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/perl.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/perl.1
index e743383e5c..2822505e4e 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/perl.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/perl.1
@@ -2696,7 +2696,7 @@ listen システムコールと同じことを行ないます。
}
.fi
-local() は実行時のコマンドで、ループ終了時に全部を一度に開放するまでは、
+local() は実行時のコマンドで、ループ終了時に全部を一度に解放するまでは、
ループを通るたびに実行され、毎回スタックを消費していきます。
.Ip "localtime(EXPR)" 8 4
.Ip "localtime EXPR" 8
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man1/truncate.1 b/ja_JP.eucJP/man/man1/truncate.1
index a14606e008..2087313569 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man1/truncate.1
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man1/truncate.1
@@ -110,7 +110,7 @@
.Fl c
オプションが設定されていなければファイルを作成します。
.Pp
-ファイルを切り詰めるという操作ではディスクスペースは開放されますが、
+ファイルを切り詰めるという操作ではディスクスペースは解放されますが、
ファイルを拡張するという操作ではスペースは割り当てられません。
ファイルを拡張し、実際にスペースを割り当てるためには、
(例えば) シェルの