aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.32
1 files changed, 1 insertions, 1 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3 b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3
index f0f222d308..4bbeb7e7fe 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3
@@ -52,7 +52,7 @@
に関連付けられたスレッド固有のデータ値は、
.Fn pthread_key_delete
が呼び出される時点で NULL である必要はありません。
-全てのアプリケーション記憶領域の開放、または削除されたキーに関連した
+全てのアプリケーション記憶領域の解放、または削除されたキーに関連した
データ構造や全てのスレッドの中のスレッド固有のデータの全ての
クリーンアップ動作の実行は、アプリケーションの責務です。
このクリーンアップは