aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/man/man3
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP/man/man3')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_cond_destroy.32
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_exit.32
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.32
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_mutex_destroy.34
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_rwlock_unlock.34
5 files changed, 7 insertions, 7 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_cond_destroy.3 b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_cond_destroy.3
index 953d884b5d..d781935788 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_cond_destroy.3
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_cond_destroy.3
@@ -44,7 +44,7 @@
.Fn pthread_cond_destroy
関数は、条件変数
.Fa cond
-によって割り当てられたリソースを開放します。
+によって割り当てられたリソースを解放します。
.Sh 戻り値
問題がない場合は、
.Fn pthread_cond_destroy
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_exit.3 b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_exit.3
index ac2d31bfbd..f7c135ecfa 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_exit.3
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_exit.3
@@ -54,7 +54,7 @@
全ての取り消しハンドラが実行された後で、スレッドがそのスレッド固有のデータを
持っている場合には、適切なデストラクタ関数が順序不定で呼び出されます。
スレッドの終了は、アプリケーションから見える全てのプロセスリソースを
-開放しません。
+解放しません。
このリソースは、mutex およびファイル記述子を含みますが、これに限りません。
また、あらゆるプロセスレベルのクリーンアップの実行も行ないません。
このクリーンアップは、存在する可能性のある
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3 b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3
index f0f222d308..4bbeb7e7fe 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_key_delete.3
@@ -52,7 +52,7 @@
に関連付けられたスレッド固有のデータ値は、
.Fn pthread_key_delete
が呼び出される時点で NULL である必要はありません。
-全てのアプリケーション記憶領域の開放、または削除されたキーに関連した
+全てのアプリケーション記憶領域の解放、または削除されたキーに関連した
データ構造や全てのスレッドの中のスレッド固有のデータの全ての
クリーンアップ動作の実行は、アプリケーションの責務です。
このクリーンアップは
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_mutex_destroy.3 b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_mutex_destroy.3
index 58f2866a81..3a1d6de0e9 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_mutex_destroy.3
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_mutex_destroy.3
@@ -33,7 +33,7 @@
.Os
.Sh 名称
.Nm pthread_mutex_destroy
-.Nd mutex のために割り当てられたリソースの開放
+.Nd mutex のために割り当てられたリソースの解放
.Sh ライブラリ
.Lb libc_r
.Sh 書式
@@ -44,7 +44,7 @@
.Fn pthread_mutex_destroy
関数は、
.Fa mutex
-のために割り当てられたリソースを開放します。
+のために割り当てられたリソースを解放します。
.Sh 戻り値
問題がない場合は、
.Fn pthread_mutex_destroy
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_rwlock_unlock.3 b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_rwlock_unlock.3
index 0852dc1665..2449286c36 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_rwlock_unlock.3
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man3/pthread_rwlock_unlock.3
@@ -30,7 +30,7 @@
.Os
.Sh 名称
.Nm pthread_rwlock_unlock
-.Nd 読取り / 書込みロックの開放
+.Nd 読取り / 書込みロックの解放
.Sh ライブラリ
.Lb libc_r
.Sh 書式
@@ -45,7 +45,7 @@
.Fn pthread_rwlock_tryrdlock ,
または
.Fn pthread_rwlock_trywrlock
-で獲得された読取り / 書込みロックを開放するために使用されます。
+で獲得された読取り / 書込みロックを解放するために使用されます。
.Sh 戻り値
問題がない場合は、
.Fn pthread_rwlock_unlock