aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.7
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.7')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.78
1 files changed, 5 insertions, 3 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.7 b/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.7
index e04a7c2b4a..e91b6ff7b9 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.7
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.7
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)mdoc.7 8.2 (Berkeley) 12/30/93
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/mdoc.7,v 1.8.2.6 1999/11/02 13:56:47 phantom Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/mdoc.7,v 1.8.2.7 1999/12/12 17:35:57 mpp Exp %
.\"
.\" jpman %Id: mdoc.7,v 1.5 1999/01/21 18:02:11 kuma Stab %
.\"
@@ -118,6 +118,8 @@
例と助言。
.It Ar DIAGNOSTICS
普通、セクション 4 のデバイスインタフェースの診断のために使用します。
+.It Ar COMPATIBILITY
+既知の互換性に関する事柄を扱います。
.It Ar ERRORS
セクション 2, 3 で、エラーとシグナルを取り扱います。
.It Ar SEE ALSO
@@ -126,10 +128,10 @@
適用できるなら、規格準拠を示します。
.It Ar HISTORY
規格が適用できない場合、題材の歴史が必要です。
-.It Ar BUGS
-思い違い (gotcha) と警告。
.It Ar AUTHORS
必要であれば、クレジットをここに書きます。
+.It Ar BUGS
+思い違い (gotcha) と警告。
.It Ar その他
著者の裁量によりカスタマイズしたヘッダを加えてもかまいません。
.El