aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.samples.7
diff options
context:
space:
mode:
Diffstat (limited to 'ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.samples.7')
-rw-r--r--ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.samples.711
1 files changed, 7 insertions, 4 deletions
diff --git a/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.samples.7 b/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.samples.7
index 5057fac352..e6f8fa7468 100644
--- a/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.samples.7
+++ b/ja_JP.eucJP/man/man7/mdoc.samples.7
@@ -30,7 +30,7 @@
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\" @(#)mdoc.samples.7 8.2 (Berkeley) 12/30/93
-.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/mdoc.samples.7,v 1.17.2.6 1999/11/02 13:56:47 phantom Exp %
+.\" %FreeBSD: src/share/man/man7/mdoc.samples.7,v 1.17.2.7 1999/12/12 17:35:57 mpp Exp %
.\"
.\" This tutorial sampler invokes every macro in the package several
.\" times and is guaranteed to give a worst case performance
@@ -438,7 +438,9 @@ man ページの本文はファイル
\&.Sh SYNOPSIS
\&.Sh DESCRIPTION
\&.\e" 以下の項目については、必要に応じてコメントをはずして使用してく
-\&.\e" ださい。この次の項目はセクション 2, 3, 9 でのみ必要な、関数の
+\&.\e" ださい。
+\&.\e" .Sh IMPLEMENTATION NOTES
+\&.\e" この次の項目はセクション 2, 3, 9 でのみ必要な、関数の
\&.\e" 戻り値です。
\&.\e" .Sh RETURN VALUES
\&.\e" 次の項目はセクション 1, 6, 7, 8, 9 でのみ必要なものです。
@@ -449,6 +451,7 @@ man ページの本文はファイル
\&.\e" ((シェルへの)コマンドの戻り値と fprintf/stderr の型の診断
\&.\e" です。)
\&.\e" .Sh DIAGNOSTICS
+\&.\e" .Sh COMPATIBILITY
\&.\e" 次の項目はセクション 2, 3, 9 でのみ必要な、エラーハンドリングと
\&.\e" シグナルハンドリングです。
\&.\e" .Sh ERRORS
@@ -2087,10 +2090,10 @@ man ページのサブジェクトによって使用されるか生成されるファイルで、
(D-いち) インデントされたテキストを 1 行表示します。
このマクロは解析されますが、呼び出し不可能です。
.Pp
-.Dl Fl ldghfstru
+.D1 Fl ldghfstru
.Pp
これは次の指定で生成されたものです。
-.Li \&.Dl Fl ldghfstru
+.Li \&.D1 \&Fl ldghfstru
.It Li \&.Dl
(D-エル)
インデントされた