aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja/handbook/handbook.sgml
blob: 697e8e17b670dea7d85fe7ce05619aad07efc28d (plain) (blame)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
<!--
     The FreeBSD Documentation Project
     The FreeBSD Japanese Documentation Project

     Original revision: 1.75
     $Id: handbook.sgml,v 1.44 1999-06-03 19:46:20 nik Exp $
-->

<!DOCTYPE BOOK PUBLIC "-//FreeBSD//DTD DocBook V3.1-Based Extension//EN" [
<!ENTITY % man PUBLIC "-//FreeBSD//ENTITIES DocBook Manual Page Entities//EN">
%man;

<!ENTITY % bookinfo PUBLIC "-//FreeBSD//ENTITIES DocBook BookInfo Entities//EN">
%bookinfo;

<!ENTITY % chapters SYSTEM "chapters.ent"> %chapters;
<!ENTITY % authors  SYSTEM "authors.ent">  %authors;
<!ENTITY % jauthors SYSTEM "jauthors.ent"> %jauthors;
<!ENTITY % mailing-lists SYSTEM "mailing-lists.ent"> %mailing-lists;

<!-- This value is used to create some links on web sites and such,
     so do NOT change this until it's really release time! -->
<!ENTITY rel.current CDATA "3.1">
]>

<book>
  <bookinfo>
    <title>FreeBSD ハンドブック</title>

    <authorgroup>
      <author>
	<surname>FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクト</surname>
      </author>
    </authorgroup>

    <pubdate>19992</pubdate>

<!-- kuriyama - (c) entity should not be used in EUC-JP encoding.
    <copyright>
      <year>1995</year>
      <year>1996</year>
      <year>1997</year>
      <year>1998</year>
      <holder>The FreeBSD Documentation Project</holder>
    </copyright>

    &bookinfo.legalnotice;
  -->

    <abstract><para>FreeBSD へようこそ! このハンドブックは
	<emphasis>FreeBSD Release &rel.current;</emphasis>
	のインストールおよび, 日常での使い方について記述したもので,
	FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクトによって
	編集されています. 日本語版の作成は FreeBSD
	日本語ドキュメンテーションプロジェクトがおこなって います.
	本書は<emphasis>現在進行中の作業</emphasis>であって,
	多くの個人の手からなる 仕事です.
	多くのセクションはまだ存在しませんし, いま存在するセクションの
	いくつかはアップデートが必要です. この FreeBSD
	ドキュメンテーション プロジェクトに協力したいと思ったら,
	&a.doc; まで (英語で) 電子メールを 送ってください.
	ハンドブックそのものに関する議論は, こちらで
	おこなわれています. (もちろん英語でです.) 日本語訳および,
	日本語版のみに関することは FreeBSD
	日本語ドキュメンテーションプロジェクト <emphasis
	  remap=tt><email>doc-jp@jp.FreeBSD.ORG</email></emphasis>
	において日本語で 議論されています.
	必要に応じて日本語ドキュメンテーションプロジェクトから
	本家ドキュメンテーションプロジェクトに対して
	フィードバックをおこないますので, 英語が得意でない方は FreeBSD
	日本語ドキュメンテーションプロジェクト <!-- kuriyama - should
	replace &a.ja.doc; --> <emphasis
	  remap=tt><email>doc-jp@jp.FreeBSD.ORG</email></emphasis>
	まで日本語でコメントをお寄せください.
	このドキュメントの最新バージョンは, いつでも <ulink
	  URL="http://www.jp.FreeBSD.ORG/">日本国内版 FreeBSD World
	  Wide Web サーバ</ulink><ulink
	  URL="http://www.FreeBSD.ORG/">FreeBSD World Wide Web
	  サーバ</ulink> で見ることができますし, さまざまな形式のものや
          圧縮されたものを <ulink 
          url="ftp://ftp.FreeBSD.ORG/pub/FreeBSD/doc">FreeBSD FTP 
          サーバ</ulink> や, たくさんの<link
	  linkend="mirrors">ミラーサイト</link> からダウンロードすること
          ができます. また, 
	<ulink URL="http://www.freebsd.org/search/search.html">
	  ハンドブックの検索</ulink>も可能です.</para>
    </abstract>
  </bookinfo>

  <part>
    <title>導入</title>

    &chap.introduction;
    &chap.install;
    &chap.basics;
    &chap.ports;
  </part>

  <part>
    <title>システム管理</title>

    &chap.kernelconfig;
    &chap.security;
    &chap.printing;
    &chap.disks;
    &chap.backups;
    &chap.quotas;
    &chap.x11;
    &chap.hw;
    &chap.l10n;
  </part>

  <part>
    <title>ネットワーク通信</title>

    &chap.serialcomms;
    &chap.ppp-and-slip;
    &chap.advanced-networking;
    &chap.mail;
  </part>

  <part>
    <title>さらに進んだ話題</title>

    &chap.cutting-edge;
    &chap.contrib;
    &chap.policies;
    &chap.kernelopts;
    &chap.kerneldebug;
    &chap.linuxemu;
    &chap.internals;
  </part>

  <part>
    <title>付録</title>

    &chap.mirrors;
    &chap.bibliography;
    &chap.eresources;
    &chap.staff;
    &chap.pgpkeys;
    &chap.jcontrib;
  </part>
</book>

<!--
     Local Variables:
     mode: sgml
     sgml-indent-data: t
     sgml-omittag: nil
     sgml-always-quote-attributes: t
     End:
-->