aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/books/fdp-primer/book.xml
blob: a51675fae12401dae3b0a76ac83d877a051a24f3 (plain) (blame)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
<?xml version="1.0" encoding="euc-jp"?>
<!DOCTYPE book PUBLIC "-//FreeBSD//DTD DocBook XML V4.5-Based Extension//EN"
	"../../../share/xml/freebsd45.dtd" [
<!ENTITY % chapters SYSTEM "chapters.ent"> %chapters;
<!-- ENTITY index SYSTEM "index.xml" -->
]>

<!-- Copyright (c) 1998, 1999 Nik Clayton, All rights reserved.

     Redistribution and use in source (SGML DocBook) and 'compiled' forms
     (SGML, HTML, PDF, PostScript, RTF and so forth) with or without
     modification, are permitted provided that the following conditions
     are met:

      1. Redistributions of source code (SGML DocBook) must retain the above
         copyright notice, this list of conditions and the following
         disclaimer as the first lines of this file unmodified.

      2. Redistributions in compiled form (transformed to other DTDs,
         converted to PDF, PostScript, RTF and other formats) must reproduce
         the above copyright notice, this list of conditions and the
         following disclaimer in the documentation and/or other materials
         provided with the distribution.

     THIS DOCUMENTATION IS PROVIDED BY NIK CLAYTON "AS IS" AND ANY EXPRESS OR
     IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES
     OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE
     DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL NIK CLAYTON BE LIABLE FOR ANY DIRECT,
     INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES
     (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR
     SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
     HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT,
     STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN
     ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS DOCUMENTATION, EVEN IF ADVISED OF THE
     POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.

     The FreeBSD Japanese Documentation Project

     Original revision: 1.25
     $FreeBSD$
-->

<!--
訳:
さとけん@ForUs ken@forus.or.jp
-->

<book lang='ja'>
  <bookinfo>
    <title>新しい貢献者のための FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクト入門</title>

    <corpauthor>FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクト</corpauthor>

    <copyright>
      <year>1998</year>
      <year>1999</year>
      <year>2000</year>
      <year>2001</year>
      <year>2002</year>
      <year>2003</year>
      <year>2004</year>
      <holder role="mailto:doceng@FreeBSD.org">DocEng</holder>
    </copyright>

    <pubdate role="rcs">$FreeBSD$</pubdate>

    <releaseinfo>$FreeBSD$</releaseinfo>

    &bookinfo.legalnotice;

    <abstract>
      <para>FreeBSD
	ドキュメンテーションプロジェクトに参加してくださってありがとうございます。
	あなたの貢献は非常に価値のあることです。</para>

      <para>この入門では FreeBSD
	ドキュメンテーションプロジェクトへの貢献を始めるにあたって理解する必要のあること、
	すなわち(必須のものだけでなく、推奨されるものも含めた)ツールやソフトウェアの使い方から、
	ドキュメンテーションプロジェクトの方針にわたる内容のすべてを扱っています。</para>

      <para>この文書は発展途上にあり、まだ完成していません。
	まだ完成していない節の名前には
	<literal>*</literal>(アスタリスク) が付けてあります。</para>
    </abstract>
  </bookinfo>

  <preface id="preface">
    <title>まえがき</title>

    <sect1 id="preface-prompt">
      <title>シェルプロンプト</title>

      <para>以下の表は、
	標準のシステムプロンプトとスーパーユーザのプロンプト示しています。
	この文書であげる実例では、
	どちらのユーザでその例を実行すべきか示すためにこれらのプロンプトを使用します。</para>

      <informaltable frame="none">
	<tgroup cols="2">
	  <thead>
	    <row>
	      <entry>ユーザ</entry>

	      <entry>プロンプト</entry>
	    </row>
	  </thead>

	  <tbody>
	    <row>
	      <entry>通常ユーザ</entry>

	      <entry>&prompt.user;</entry>
	    </row>

	    <row>
	      <entry><username>root</username></entry>

	      <entry>&prompt.root;</entry>
	    </row>
	  </tbody>
	</tgroup>
      </informaltable>
    </sect1>

    <sect1 id="preface-convention">
      <title>表記上の慣例</title>

      <para>下の表は、
	この文書で使われる表記上の慣例を示しています。</para>

      <informaltable frame="none">
	<tgroup cols="2">
	  <thead>
	    <row>
	      <entry>意味</entry>

	      <entry></entry>
	    </row>
	  </thead>

	  <tbody>
	    <row>
	      <entry>コマンド、ファイル、ディレクトリの名前および、
		コンピュータ画面への出力</entry>

	      <entry><para>あなたの
		  <filename>.login</filename> ファイルを編集してください。
		</para><para>ファイルの一覧を表示するには
		  <command>ls -a</command> を使います。
		</para><para><screen>You have mail.</screen></para></entry>
	    </row>

	    <row>
	      <entry>コンピュータの画面に表示されるものと、
		あなたが入力するものを区別する場合</entry>

	      <entry><screen>&prompt.user; <userinput>su</userinput>
Password:</screen></entry>
	    </row>

	    <row>
	      <entry>マニュアルページの参照</entry>

	      <entry>ユーザ名を変更するには
		<citerefentry>
		  <refentrytitle>su</refentrytitle>
		  <manvolnum>1</manvolnum>
		</citerefentry>
		を使います。</entry>
	    </row>

	    <row>
	      <entry>ユーザ名とグループ名</entry>

	      <entry>これが行なえるのは
		<username>root</username> だけです。</entry>
	    </row>

	    <row>
	      <entry>強調部分</entry>

	      <entry>必ずこれを行なわなければ<emphasis>いけません</emphasis></entry>
	    </row>

	    <row>
	      <entry>コマンドラインに書かれる引数。
		これは実際にあるファイル名や変数名などに置き換えられます。
	      </entry>

	      <entry>ファイルを消去するには、
		<command>rm <filename><replaceable>ファイル名</replaceable></filename></command>
		と入力します。</entry>
	    </row>

	    <row>
	      <entry>環境変数</entry>

	      <entry><envar>$HOME</envar>は、
		あなたのホームディレクトリです。</entry>
	    </row>
	  </tbody>
	</tgroup>
      </informaltable>
    </sect1>

    <sect1 id="preface-notes">
      <title>注記、Tips、重要な情報、警告、例示</title>

      <para>注記や警告、例示は本文中に書かれています。</para>

      <note>
	<para>注記はこのような感じで表示されます。
	  これには、読者が行なう操作に関連して
	  注意しなければならないことを伝えるための内容が含まれています。
	</para>
      </note>

      <tip>
	<para>Tips はこのような感じで表示されます。
	  これには、読者の役に立つかもしれない情報や、
	  何かをするのにより易しい方法へと導いてくれるような手がかりが含まれています。
	</para>
      </tip>

      <important>
	<para>重要な情報はこのような感じで表示されます。
	  一般的には読者が追加して行わなければならない手順を示しています。
	</para>
      </important>

      <warning>
	<para>警告は、このような感じで表示されます。
	  これには、手順に従わない場合に何らかの損害を被る可能性があることを
	  伝える内容が含まれています。
	  その損害はハードウェアや操作者に対する物理的なものかも知れませんし、
	  不注意で重要なファイルが削除されてしまうような非物理的なものかも知れません。
	</para>
      </warning>

      <example>
	<title>例示のサンプル</title>

	<para>例示は、このような感じで表示されます。
	  これには通常、読者自身が試す必要のある例や、
	  ある操作がどのような結果をもたらすのか、
	  読者に示すための例が含まれています。
	</para>
      </example>
    </sect1>

    <sect1 id="preface-acknowledgements">
      <title>謝辞</title>

      <para>Sue Blake, Patrick Durusau,
	Jon Hamilton, Peter Flynn,
	Christopher Maden
	はこの文書の初稿を読む時間を割いて、
	たくさんの有益なコメントや批評を送ってくれました。
	ここに感謝の意を表します。</para>
    </sect1>
  </preface>

  &chap.overview;
  &chap.tools;
  &chap.xml-primer;
  &chap.xml-markup;
  &chap.stylesheets;
  &chap.structure;
  &chap.doc-build;
  &chap.the-website;
  &chap.translations;
  &chap.writing-style;
  &chap.psgml-mode;
  &chap.see-also;

  &app.examples;

  <index/>
</book>