aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/books/handbook/basics/chapter.sgml
blob: fc6ab19f2103392b8d386e0e74c596e7a759ec12 (plain) (blame)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
<!--
     The FreeBSD Documentation Project
     The FreeBSD Japanese Documentation Project

     Original revision: 1.13
     $FreeBSD: doc/ja_JP.eucJP/books/handbook/basics/chapter.sgml,v 1.7 2000/02/27 03:47:21 motoyuki Exp $
-->

<chapter id="basics">
  <title>Unix の基礎知識</title>

  <para><emphasis>訳: &a.jp.nakai;, 19961012 日.</emphasis></para>

  <sect1 id="basics-man">
    <title>オンラインマニュアル</title>

    <para>FreeBSD についてのもっとも包括的なドキュメントは
      <emphasis>マニュアルページ</emphasis>の形式になっているものです.
      FreeBSD システム上のほとんどすべてのプログラムには基本的な
      操作方法とさまざまな引数を説明しているリファレンスマニュアル
      がついています. これらのマニュアルは <command>man</command>
      コマンドで見ることができます. <command>man</command>
      コマンドの使い方は簡単です :</para>

    <screen>&prompt.user; <userinput>man <replaceable>コマンド名</replaceable></userinput>
    </screen>

    <para><replaceable>コマンド名</replaceable>
      のところには知りたいコマンドの名前を入れます. たとえば,
      <command>ls</command> コマンドについて知りたい場合には
      次のように入力します:</para>

    <screen>&prompt.user; <userinput>man ls</userinput></screen>

    <para>オンラインマニュアルは 数字のついたセクションに
      分けられています :</para>

    <orderedlist>
      <listitem>
	<para>ユーザコマンド</para>
      </listitem>

      <listitem>
	<para>システムコールとエラー番号</para>
      </listitem>

      <listitem>
	<para>C のライブラリ関数</para>
      </listitem>

      <listitem>
	<para>デバイスドライバ</para>
      </listitem>

      <listitem>
	<para>ファイル形式</para>
      </listitem>

      <listitem>
	<para>ゲームとほかのお楽しみ</para>
      </listitem>

      <listitem>
	<para>そのほかの情報</para>
      </listitem>

      <listitem>
	<para>システムの管理と操作のためのコマンド</para>
      </listitem>

      <listitem>
       <para>カーネル開発者のための情報</para>
      </listitem>
    </orderedlist>

    <para>場合によっては, 同じことがらでもオンラインマニュアルでは
      複数のセクションに記載されていることがあります. たとえば,
      <command>chmod</command> ユーザコマンドと
      <function>chmod()</function>
      システムコールがあります. この場合, <command>man</command>
      コマンドでどちらを参照したいかをセクションで指定することが
      できます :</para>

    <screen>&prompt.user; <userinput>man 1 chmod</userinput></screen>

    <para>とすればユーザコマンドとしての <command>chmod</command>
      のマニュアルページが表示されます. オンラインマニュアル上の特定の
      セクションへの参照は通常, 書かれているドキュメントの
      括弧の中に示されています. ですから, &man.chmod.1; は
      <command>chmod</command>
      ユーザコマンドを, &man.chmod.2;
      はシステムコールの方を示しています.</para>

    <para>コマンドの名前を知っていて, 単純にその使い方が分かる場合は
      よいのですが, もしコマンドの名前を思い出せない場合には
      どうしたらいいのでしょう? <command>man</command><option>-k</option> スイッチをつければ,
      コマンドデスクリプション中のキーワードから検索することができます
      :</para>

    <screen>&prompt.user; <userinput>man -k mail</userinput></screen>

    <para>このコマンドを使うことで,
      &ldquo;mail&rdquo;というキーワードを含むコマンドの
      一覧を参照することができます. 実を言うと
      <command>apropos</command>
      コマンドを使うのと機能的には同じです.</para>

    <para>それから, <filename>/usr/bin</filename>
      にある優れたコマンドすべてを目にしても,
      それらの大半がどういった働きをするのか
      まったく見当もつかないときは どうしたらよいでしょう. 単純に,

      <screen>&prompt.user; <userinput>cd /usr/bin; man -f *</userinput></screen>

      あるいは同じ働きをする

      <screen>&prompt.user; <userinput>cd /usr/bin; whatis *</userinput></screen>

      としましょう.</para>
  </sect1>

  <sect1 id="basics-info">
    <title>GNU の Info ファイル</title>

    <para>FreeBSD には Free Software Foundation (FSF)
      によるアプリケーションや
      ユーティリティがたくさんあります. こうしたプログラムには
      manページに加えて, &ldquo;info&rdquo; ファイルと呼ばれる
      ハイパーテキスト形式のドキュメントが付属になっていて,
      <command>info</command> コマンドや, <command>emacs</command>
      をインストールしているなら <command>emacs</command> の info
      モードで見ることができます.</para>

    <para>&man.info.1; コマンドを使うには, 単にこう入力します.</para>

    <screen>&prompt.user; <userinput>info</userinput></screen>

    <para>おおまかなイントロダクションを
      見るには, <userinput>h</userinput> と入力します.
      クイックコマンドリファレンスは <userinput>?</userinput>
      とします.</para>
  </sect1>
</chapter>

<!--
     Local Variables:
     mode: sgml
     sgml-declaration: "../chapter.decl"
     sgml-indent-data: t
     sgml-omittag: nil
     sgml-always-quote-attributes: t
     sgml-parent-document: ("../book.sgml" "part" "chapter")
     End:
-->