aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/books/handbook/book.xml
blob: 60769e940c4ec14bc5fcff3119e0e98f767e19f6 (plain) (blame)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
<?xml version="1.0" encoding="euc-jp"?>
<!DOCTYPE book PUBLIC "-//FreeBSD//DTD DocBook XML V5.0-Based Extension//EN"
	"http://www.FreeBSD.org/XML/share/xml/freebsd50.dtd" [
<!--
     The FreeBSD Documentation Project
     The FreeBSD Japanese Documentation Project

     Original revision: b8d4d67fda
-->

<!ENTITY % chapters SYSTEM "chapters.ent">
%chapters;
<!ENTITY % txtfiles SYSTEM "txtfiles.ent">
%txtfiles;
]>

<book xmlns="http://docbook.org/ns/docbook"
  xmlns:xlink="http://www.w3.org/1999/xlink" version="5.0"
  xml:lang="ja">

  <info>
    <its:rules xmlns:its="http://www.w3.org/2005/11/its"
      version="1.0" xmlns:db="http://docbook.org/ns/docbook">

      <its:translateRule translate="no"
	selector="//db:programlisting[@role='pgpfingerprint']"/>

      <its:translateRule translate="no"
	selector="//db:programlisting[@role='pgpkey']"/>

      <its:translateRule translate="no"
	selector="//db:sect2[starts-with(@xml:id,'pgpkey-')]"/>
    </its:rules>

    <title>&os; ハンドブック</title>

    <author>
      <orgname>FreeBSD ドキュメンテーションプロジェクト</orgname>
    </author>

    <pubdate its:translate="no">$FreeBSD$</pubdate>

    <releaseinfo its:translate="no">$FreeBSD$</releaseinfo>

    <copyright>
      <year>1995</year>
      <year>1996</year>
      <year>1997</year>
      <year>1998</year>
      <year>1999</year>
      <year>2000</year>
      <year>2001</year>
      <year>2002</year>
      <year>2003</year>
      <year>2004</year>
      <year>2005</year>
      <year>2006</year>
      <year>2007</year>
      <year>2008</year>
      <year>2009</year>
      <year>2010</year>
      <year>2011</year>
      <year>2012</year>
      <year>2013</year>
      <year>2014</year>
      <year>2015</year>
      <year>2016</year>
      <year>2017</year>
      <year>2018</year>
      <year>2019</year>
      <year>2020</year>
      <year>2021</year>
      <holder>The FreeBSD Documentation Project</holder>
    </copyright>

    &legalnotice;

    <legalnotice xml:id="trademarks" role="trademarks">
      &tm-attrib.freebsd;
      &tm-attrib.3com;
      &tm-attrib.3ware;
      &tm-attrib.arm;
      &tm-attrib.adaptec;
      &tm-attrib.adobe;
      &tm-attrib.apple;
      &tm-attrib.google;
      &tm-attrib.heidelberger;
      &tm-attrib.ibm;
      &tm-attrib.ieee;
      &tm-attrib.intel;
      &tm-attrib.intuit;
      &tm-attrib.linux;
      &tm-attrib.lsilogic;
      &tm-attrib.microsoft;
      &tm-attrib.opengroup;
      &tm-attrib.oracle;
      &tm-attrib.realnetworks;
      &tm-attrib.redhat;
      &tm-attrib.sun;
      &tm-attrib.themathworks;
      &tm-attrib.thomson;
      &tm-attrib.vmware;
      &tm-attrib.wolframresearch;
      &tm-attrib.xfree86;
      &tm-attrib.xiph;
      &tm-attrib.general;
    </legalnotice>

    <abstract>
      <para>&os; へようこそ!
	このハンドブックは
	<emphasis>&os; &rel122.current;-RELEASE</emphasis>,
	<emphasis>&os; &rel121.current;-RELEASE</emphasis>
	および <emphasis>&os; &rel114.current;-RELEASE</emphasis>
	のインストールと日常での使い方について記述したものです。
	本ハンドブックはさまざまな人々による編集の成果で、
	現在も改編作業中です。
	いま存在するセクションの中には情報が古くなってしまっているものがあります。
	もし、この文書を新しくしたり、
	新しい情報の追加に協力したいとお考えなら、
	&a.doc; まで電子メールを (英語で) 送ってください。</para>

      <para>このハンドブックの最新バージョンは、いつでも
	<link xlink:href="http://www.jp.FreeBSD.org/">日本国内版の
	FreeBSD ウェブサイト</link> および
	<link xlink:href="https://www.FreeBSD.org/ja/">FreeBSD ウェブサイト</link>
	から入手できます。
	この文書の以前のバージョンは <uri
	  xlink:href="https://docs.FreeBSD.org/doc/">https://docs.FreeBSD.org/doc/</uri>
	から入手できます。
	また、他のさまざまな文書形式、圧縮形式のものが <link
	  xlink:href="https://download.freebsd.org/ftp/doc/">&os;
	  FTP サーバ</link> や数多くの
	<link linkend="mirrors">ミラーサイト</link>
	からダウンロードできます。
	このハンドブックの書籍版 (英語版) は、
	<link xlink:href="https://www.freebsdmall.com/">FreeBSD
	  Mall</link> から購入できます。また、
	ハンドブックおよび他の文書の検索については、<link
	  xlink:href="&url.base;/search/index.html">検索ページ</link>
	で行なうことができます。</para>

      <para>&os; ハンドブック日本語版の作成は &os;
	日本語ドキュメンテーションプロジェクト (&os; doc-jp)
	がおこなっています。
	ハンドブックの日本語訳に関することは &os; &a.jp.doc-jp;
	において日本語で議論されています。</para>

      <para>文書の日本語訳に関するお問い合わせや、
	文書の原文に関する問い合わせをしたいが英語が得意でないという方は
	&os; &a.jp.doc-jp; まで、日本語でコメントをお寄せください。</para>
    </abstract>
  </info>

  &chap.preface;

  <part xml:id="getting-started">
    <title>導入</title>

    <partintro>
      <para>ハンドブックの第 1 部はユーザと
	&os; が初めての管理者向けです。各章の内容は以下のとおりです。</para>

      <itemizedlist>
	<listitem>
	  <para>&os; の紹介</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>インストールの手順の解説</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>&unix; の基礎</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>&os;
	    で利用できる豊富なサードパーティ製のアプリケーションのインストール方法</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>&unix; におけるウィンドウシステムの X、
	    およびプロダクティブなデスクトップ環境の設定の詳細の紹介</para>
	</listitem>
      </itemizedlist>

      <para>頻繁にページを飛すことなく各章を前から後へとスムーズに読み進めるように、
	後方への参照を極力抑えるようにしています。</para>
    </partintro>

    &chap.introduction;
    &chap.bsdinstall;
    &chap.basics;
    &chap.ports;
    &chap.x11;
  </part>

  <part xml:id="common-tasks">
    <title>日々の生活</title>

    <partintro>
      <para>1 部では基礎的なことがらを説明したので、
	ハンドブックの第 2 部では
	&os; でよく使われる機能について説明します。
	各章の内容は以下のとおりです。</para>

      <itemizedlist>
	<listitem>
	  <para>ブラウザ、生産的なツール、ドキュメントビューアといった、
	    人気があって便利なデスクトップアプリケーションの紹介</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>&os; で利用可能なマルチメディアツールの紹介</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>特別な機能を有効にするために、
	    カスタム &os; カーネルを構築する手順の説明</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>デスクトップおよびネットワーク接続両方のプリンタの設定に関する、
	    印刷システムの詳細な説明</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>&os; システムで Linux アプリケーションを実行する方法</para>
	</listitem>
      </itemizedlist>

      <para>これらの章では、読み飛ばしを推奨しているものもあります。
	これについてはそれぞれの章の始めにある概要に書かれています。</para>
    </partintro>

    &chap.desktop;
    &chap.multimedia;
    &chap.kernelconfig;
    &chap.printing;
    &chap.linuxemu;
<!--
    &chap.wine;
-->
  </part>

  <part xml:id="system-administration">
    <title>システム管理</title>

    <partintro>
      <para>以下の章では、
	&os; のシステム管理の面について書かれています。
	各章のはじめでは、その章で学ぶ内容や、
	読者が実際に取り組む前に知っておくべきことについて説明します。</para>

      <para>各章は、必要になった時に個別に参照できるように構成されています。
	どの順番で読んでも構いませんし、&os; を使うのに、
	すべてを読み通す必要がある、というわけでもありません。</para>
    </partintro>

    &chap.config;
    &chap.boot;
    &chap.users;
    &chap.security;
<!--
    &chap.jails;
    &chap.mac;
    &chap.audit;
-->
    &chap.disks;
<!--
    &chap.geom;
    &chap.zfs;
    &chap.filesystems;
    &chap.virtualization;
-->
    &chap.l10n;
    &chap.cutting-edge;
<!--
    &chap.dtrace;
    &chap.usb-device-mode;
-->
  </part>

  <part xml:id="network-communication">
    <title>ネットワーク通信</title>

    <partintro>
      <para>&os; は、
	高性能なネットワークサーバとして最も広く使用されているオペレーティングシステムの 1 つです。
	各章の内容は以下の通りです。</para>

      <itemizedlist>
	<listitem>
	  <para>シリアル通信</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><acronym>PPP</acronym><acronym>PPP</acronym>
	    オーバイーサネット (PPPoE)</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>電子メール</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>ネットワークサーバの運用</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>ファイアウォール</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>その他の高度なネットワークに関する話題</para>
	</listitem>
      </itemizedlist>

      <para>各章は、必要になった時に個別に参照できるように構成されています。
	どの順番で読んでも構いませんし、ネットワーク環境で &os; を使うのに、
	すべてを読み通す必要がある、というわけでもありません。</para>
    </partintro>

    &chap.serialcomms;
    &chap.ppp-and-slip;
    &chap.mail;
<!--
    &chap.network-servers;
    &chap.firewalls;
-->
    &chap.advanced-networking;

  </part>

  <part xml:id="appendices">
    <title>付録</title>

    &chap.mirrors;
    &chap.bibliography;
    &chap.eresources;
    &chap.pgpkeys;
  </part>
  &chap.freebsd-glossary;
  &chap.index;
  &chap.colophon;
</book>