aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/books/handbook/introduction/chapter.sgml
blob: b1d0a059d77d38d9fa46d4287450820e8e8e15c1 (plain) (blame)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
374
375
376
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
387
388
389
390
391
392
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
406
407
408
409
410
411
412
413
414
415
416
417
418
419
420
421
422
423
424
425
426
427
428
429
430
431
432
433
434
435
436
437
438
439
440
441
442
443
444
445
446
447
448
449
450
451
452
453
454
455
456
457
458
459
460
461
462
463
464
465
466
467
468
469
470
471
472
473
474
475
476
477
478
479
480
481
482
483
484
485
486
487
488
489
490
491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521
522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536
537
538
539
540
541
542
543
544
545
546
547
548
549
550
551
552
553
554
555
556
557
558
559
560
561
562
563
564
565
566
567
568
569
570
571
572
573
574
575
576
577
578
579
580
581
582
583
584
585
586
587
588
589
590
591
592
593
594
595
596
597
598
599
600
601
602
603
604
605
606
607
608
609
610
611
612
613
614
615
616
617
618
619
620
621
622
623
624
625
626
627
628
629
630
631
632
633
634
635
636
637
638
639
640
641
642
643
644
645
646
647
648
649
650
651
652
653
654
655
656
657
658
659
660
661
662
663
664
665
666
667
668
669
670
671
672
673
674
675
676
677
678
679
680
681
682
683
684
685
686
687
688
689
690
691
692
693
694
695
696
697
698
699
700
701
702
703
704
705
706
707
708
709
710
711
712
713
714
715
716
717
718
719
720
721
722
723
724
725
726
727
728
729
730
731
732
733
734
735
736
737
738
739
740
741
742
743
744
745
746
747
748
749
750
751
752
753
754
755
756
757
758
759
760
761
762
763
764
765
766
767
768
769
770
771
772
773
774
775
776
777
778
779
780
781
782
783
784
785
786
787
788
789
790
<!--
     The FreeBSD Documentation Project
     The FreeBSD Japanese Documentation Project

     Original revision: 1.35
     $FreeBSD: doc/ja_JP.eucJP/books/handbook/introduction/chapter.sgml,v 1.19 2000/11/10 14:26:13 hrs Exp $
-->

<chapter id="introduction">
  <title>はじめに</title>

  <para><emphasis>改訂: &a.jim;, 2000117 日.</emphasis></para> 

  <sect1>
    <title>この章では</title>

    <para>FreeBSD に興味を持っていただきありがとうございます!
      この章では FreeBSD の歴史, 目標, 開発モデルなど,
      FreeBSD プロジェクトに関する様々な事柄を扱います.</para>

    <para>FreeBSD は, Intel アーキテクチャ (x86) と DEC Alpha ベースの
      システム用の 4.4BSD-Lite をベースとしたオペレーティングシステムです.
      他のアーキテクチャに対する移植も進行中です.
      FreeBSD の概要については,
      <link linkend="nutshell">次のセクション</link>をご覧ください.
      <link linkend="history">FreeBSD の歴史</link>や,
      <link linkend="relnotes">現在のリリースについて</link>も読むことができます.
      プロジェクトへの何らかの貢献 (ソースコード, ハードウェア,
      資金の提供など) について興味があれば, <link
      linkend="contrib">FreeBSD への貢献</link>をご覧ください.</para>
  </sect1>

  <sect1 id="nutshell">
    <title>FreeBSD へようこそ!</title>

    <para>もしまだここを読んでいるなら, FreeBSD がどんなものか,
      何ができるのかを多少なりとも理解していると思います.
      もし FreeBSD について初心者なら, このまま読み続けてください.</para>

    <sect2>
      <title>FreeBSD って何?</title>

      <para>一般に, FreeBSD は 4.4BSD-Lite
        をベースに開発された最新のオペレーティングシステムです.
	Intel アーキテクチャ (x86) ベースのコンピュータシステム上で
	動作し, DEC Alpha アーキテクチャでも動作します.</para>

      <para>FreeBSD は, 以下のサイトを含む,
        多くの Internet 上の最大クラスのサイトで利用されています:</para>

      <itemizedlist>
        <listitem>
	  <para><ulink url="http://www.yahoo.com/">Yahoo!</ulink></para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><ulink url="http://www.hotmail.com/">Hotmail</ulink></para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><ulink url="http://www.apache.org/">Apache</ulink></para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><ulink url="http://www.be.com/">Be, Inc.</ulink></para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><ulink url="http://www.bluemountain.com/">Blue Mountain
	    Arts</ulink></para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><ulink url="http://www.pair.com/">Pair
	    Networks</ulink></para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><ulink url="http://www.whistle.com/">Whistle
	    Communications</ulink></para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><ulink url="http://www.osd.bsdi.com/">BSDi</ulink></para>
	</listitem>
      </itemizedlist>

      <para>などです.</para>
    </sect2>

    <sect2>
      <title>FreeBSD で何ができるの?</title>

      <para>FreeBSD には多くの注目すべき機能があります.
	例を挙げれば以下のようになります:</para>

      <itemizedlist>
	<listitem>
	  <para>
	    優先度を動的に調節する機能を備えることで
	    アプリケーションとユーザとの間で円滑かつ公平な
	    コンピュータ資源共有を実現し,
	    特に高い負荷にも耐えることができる堅牢さを備えた
	    <emphasis>プリエンプティブマルチタスキング</emphasis>.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>多くの人々が 1 つの FreeBSD
	    システムをさまざまな目的で同時に使うことを可能にする
	    <emphasis>マルチユーザ機能</emphasis>. 
	    これは例えば, プリンタやテープデバイスといった
	    システムの周辺機器が, そのシステムを利用する全てのユーザだけでなく
	    ネットワーク経由においても自然な形で共有され,
	    さらに重要なシステム資源の使い過ぎを防ぐために
	    個々の資源に対する制限がユーザ単位, グループ単位で
	    設定できる, というようなことを意味しています.
          </para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>SLIP や PPP, NFS, DHCP, NIS といった業界標準規格の
	    サポートを含んだ
	    <emphasis>堅固な TCP/IP ネットワーキング</emphasis>.
	    これによって, FreeBSD マシンが商用サーバと同じように相互に運用でき,
	    NFS(リモートファイルアクセス)や, 電子メールサービスのような
	    極めて重要な機能を提供します.
	    また, WWW や FTP, ルーティング, ファイアウォール
	    (セキュリティ) サービスを用いてインターネットと
	    接続できます.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>アプリケーション (あるいはユーザ) がお互いに干渉できない
	    ようにする<emphasis>メモリ保護</emphasis>機能.
	    アプリケーションがクラッシュしても, どのような場合でも
	    他のアプリケーションには影響を与えません.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>FreeBSD は <emphasis>32ビット</emphasis>
	    のオペレーティングシステム(Alpha 版は
	    <emphasis>64 ビット</emphasis>)であり,
	    最初からそのようにこつこつと設計されました.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>業界標準である<emphasis>X Windowシステム</emphasis>
	    (X11R6) は,  普通のVGAカードやモニタでグラフィカルユーザ
	    インタフェース (GUI) を提供し,
	    すべてのソースコードも一緒に提供されます.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>Linux や SCO, SVR4, BSDI, NetBSD 用に作られた多くの
	    プログラムとの<emphasis>バイナリ互換性</emphasis>.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>何千もの<emphasis>すぐに実行可能な</emphasis>
	    アプリケーションが FreeBSD の <emphasis>ports</emphasis><emphasis>packages</emphasis> コレクションで利用可能です.
	    ここに用意されているものは
	    ネットを探し回る必要がありません</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>インターネット上で入手可能な,
	    <emphasis>移植が容易な</emphasis>
	    何千ものアプリケーションを追加できます.  FreeBSD
	    は最も評判の よい商用の Unix
	    システムとソースコードレベルで互換性があります.  このため,
	    ほとんどのアプリケーションは, もしあったとしてもほんの
	    少しの変更でコンパイルすることができます.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>デマンドページング <emphasis>仮想メモリ</emphasis>
	    とそれに <quote>付随の VM/buffer キャッシュ</quote>の設計は,
	    多くのメモリを要求する
	    アプリケーションに対して効率よくメモリを
	    与えるようにする一方で,
	    他のユーザに対しても対話的な応答を維持します.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>複数の CPU を搭載したマシンにおける
	    <emphasis>SMP 機能</emphasis>のサポート(Intel 版のみ).
	  </para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>完全な <emphasis>C</emphasis><emphasis>C++</emphasis>, <emphasis>Fortran</emphasis>, 
	    <emphasis>Perl</emphasis>の
	    開発ツール. 進んだ研究や開発のための多くの他の言語も
	    ports や packages コレクションで提供されています.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>システム全体の <emphasis>ソースコード</emphasis>
	    が提供されているので,
	    要求に合わせて環境を最大限に適合させることができます.
	    真のオープンシステムが利用できるのですから,
	    所有権のある解決方法に 締めつけられ,
	    ベンダのなすがままになる必要はありません.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para>膨大な量の
	    <emphasis>オンラインドキュメント</emphasis>.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><emphasis>もう書ききれません!</emphasis></para>
	</listitem>
      </itemizedlist>
    
      <para>FreeBSD はカリフォルニア大学バークレイ校のComputer Systems
	Research Group (CSRG) による4.4BSD-Lite リリースを基にしており,
	BSDシステムの開発の優れた伝統を守り続けています.
	CSRGによる素晴らしい活動に加えて,
	FreeBSDプロジェクトは何千時間もの時間を注ぎ込んで,
	実際の使用の場において最大の性能と信頼性を
	発揮するためにシステムのチューニングをおこなっています.
	多くの大企業がPCオペレーティングシステムの分野で
	実現しようと奮闘しているそのような機能や性能, 信頼性を
	FreeBSDは<emphasis>今すぐ</emphasis>提供できます!</para>

      <para>あなたの思いつく限りのアプリケーションは,  何でもFreeBSDで
	実行できます. ソフトウェア開発から ファクトリオートメーション,
	在庫制御から遠く離れた人工衛星の アンテナの方向調整まで;
	商用UNIX製品でできることは,  FreeBSDでも十分にできるのです!
	また, FreeBSDは世界中の研究センターや大学によって開発される
	文字通り何千もの高品質で, たいていはほとんど無料で利用できる
	アプリケーションによる恩恵を得ることができます.
	商用のアプリケーションも提供されており,
	日々増え続けています.</para>

      <para>FreeBSDのソースコードは広く提供されているので,
	システムも特別なアプリケーションやプロジェクトに合わせて,
	いくらでもカスタマイズすることができます. これは
	有名な商業ベンダから出ているほとんどのオペレーティング
	システムでは不可能なことです. 以下に現在FreeBSDを
	使っている人々のアプリケーションの例をいくつか上げます:</para>
    
      <itemizedlist>
	<listitem>
	  <para><emphasis>インターネットサービス:</emphasis>
	    FreeBSDに組み込まれている 頑強なTCP/IP
	    ネットワーキング機能は次のようなさまざまなインターネット
	    サービスの理想的なプラットフォームになります:</para>

	  <itemizedlist>
	    <listitem>
	      <para>FTP サーバ</para>
	    </listitem>

	    <listitem>
	      <para>World Wide Web サーバ(標準, もしくは安全な [SSL])</para>
	    </listitem>

	    <listitem>
	      <para>ファイアウォールと NAT
		(<quote>IP マスカレード</quote>) ゲートウェイ</para>
	    </listitem>

	    <listitem>
	      <para>電子メールサーバ</para>
	    </listitem>

	    <listitem>
	      <para>USENET ニュースおよび電子掲示板システム</para>
	    </listitem>

	    <listitem>
	      <para>さらにいろいろ...</para>
	    </listitem>
	  </itemizedlist>

	  <para>FreeBSD を利用すれば, 小規模で安価な 386 クラスの
	    PC でも気軽に導入することができますし,
	    事業の成長に合わせてアップグレードした
	    4 つの Xeon プロセッサと RAID ストレージデバイスを
	    備えたシステムでも, 全くそのまま使うことができるのです.
	  </para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><emphasis>教育:</emphasis>
	    あなたは計算機科学または工学の学生ですか?
	    オペレーティングシステムやコンピュータアーキテクチャ,
	    ネットワーキングを学習するなら, FreeBSDを手に
	    経験するのが一番よい方法です. 自由に利用できるCADや数学,
	    グラフィックデザインのパッケージもいくつもあり,
	    コンピュータに関心を持った人が <emphasis>他の人</emphasis>
	    の成果を 手に入れて利用するのにとても役に立ちます.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><emphasis>研究:</emphasis>
	    システム全体のソースコードが利用できるため,
	    FreeBSDはオペレーティングシステムの研究だけでなく,
	    計算機科学の他の部門においても優れたプラットフォームです.
	    自由に利用できるFreeBSDの特長は, オープンフォーラムで
	    議論される特別なライセンスの同意や制限について
	    心配することなく, 離れたグループでもアイディアや開発の共有に
	    よる共同研究を可能にします.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><emphasis>ネットワーキング:</emphasis>
	    新しいルータが必要? ネームサーバ (DNS) は?
	    内部のネットワークを人々から守る ファイアウォールは?
	    FreeBSDはすみに眠っている使われていない386486のPCを簡単に
	    洗練されたパケットフィルタリング機能を持つ高級なルータに
	    変えることができます.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><emphasis>X Windowワークステーション:</emphasis>
	    自由に利用できるXFree86サーバやX Inside社から提供される
	    優れた商業サーバを使うことによって, 安価なX端末
	    としてFreeBSDを使うこともできます. X端末とは違ってFreeBSDは
	    多くのアプリケーションをローカルに走らせることもでき,
	    中心のサーバの負荷を軽減することも可能です.
	    FreeBSDは<quote>ディスクレス</quote>でもブート可能であり,
	    個々のワークステーションを安価で, 容易に管理することさえ
	    可能にします.</para>
	</listitem>

	<listitem>
	  <para><emphasis>ソフトウェア開発:</emphasis>
	    基本的なFreeBSDシステムには
	    有名なGNUのC/C++コンパイラやデバッガ含んだ完全な開発ツールが
	    ついてきます.</para>
	</listitem>
      </itemizedlist>

      <para>FreeBSD は CDROM または anonymous FTP によってソース,
	バイナリとも利用可能です.
	詳しくは, <link linkend="mirrors">FreeBSD の入手方法</link>
	を見てください.</para>
    </sect2>
  </sect1>

  <sect1 id="history">
    <title>FreeBSD について</title>

    <para>以下のセクションでは, 簡単な歴史やプロジェクトの目標,
      開発モデルなど, 普段は表にでない話題を提供しています.</para>

    <sect2>
      <title>FreeBSD 小史</title>

      <para><emphasis>原作: &a.jkh;</emphasis>.</para>

      <para><emphasis>訳: &a.jp.masaki;, &a.jp.hino;.
	  19 December 1996.</emphasis></para>

      <para>FreeBSD プロジェクトは 1993年の始めに <quote>Unofficial
	386BSD Patchkit</quote> の最後の 3人のまとめ役によって, 部分的に
	patchkit から派生する形で開始 されました. ここでの
	3人のまとめ役というのは, Nate Williams と, Rod Grimes と, 私
	(Jordan K. Hubbard) です.</para>

      <para>私たちのもともとの目標は, patchkit
	という仕組みではもう十分に解 決できなくなってしまった 386BSD
	の数多くの問題を修正するための, 386BSD
	の暫定的なスナップショットを作成することでした.
	こういった経緯を経てい るので,
	このプロジェクトの初期の頃の名前が <quote> 386BSD 0.5 </quote><quote>386BSD 暫定版 (Interim)</quote>
	であったということを覚えている人もいるでしょう.</para>

      <para>386BSD は, Bill Jolitz が (訳注: バークレイ Net/2
	テープを基に) 作成し たオペレーティングシステムです. 当時の
	386BSD は, ほぼ一年にわたって放っ ておかれていた (訳注:
	作者がバグの報告を受けても何もしなかった) という
	ひどい状況に苦しんでいました.
	作者の代わりに問題を修正し続けていた  patchkit
	は日を追うごとに不快なまでに膨張してしまっていました. このよ
	うな状況に対して, このままではいけない,
	何か行動を起こさなければ, とい
	うことで異議を唱えるものは私たちのなかにはいませんでした.
	そして私たち は挑戦することを決断し,
	暫定的な<quote>クリーンアップ</quote>スナップショットを作
	成することで Bill を手助けしようと決めたのです. しかし,
	この計画は唐突 に終了してしまいました.  Bill Jolitz が,
	このプロジェクトに対する受け
	入れ支持を取り下げることを突然決意し,
	なおかつこのプロジェクトの代わり
	に何をするのかを一切言明しなかったのです.</para>

      <para>たとえ Bill が支持してくれないとしても,
	われわれの目標には依然としてや
	る価値があると決心するのにさしたる時間はかかりませんでした.
	そこで  David Greenman が考案した名称 <quote>FreeBSD</quote>
	を私たちのプロジェクトの名前 に採用し,
	新たなスタートを切りました. この時点でのプロジェクトの初期目
	標は, すでにこのシステム (訳注: 386BSD + Patchkit)
	を使っていた利用者 たちと相談して決められました.
	プロジェクトが実現に向けて軌道に乗ってき
	たことが明確になった時点で, 私は Walnut Creek CDROM
	社に連絡してみまし た. CDROM を使って FreeBSD
	を配布することによって, インターネットに容
	易に接続できない多くの人々が FreeBSD
	を簡単に入手できるようになると考 えたからです. Walnut Creek
	CDROM 社は FreeBSD を CD で配布するというア
	イデアを採用してくれたばかりか,
	作業するためのマシンと高速なインターネッ
	ト回線を私たちのプロジェクトに提供してくれました.
	当時は海のものとも山
	のものともわからなかった私たちのプロジェクトに対して, Walnut
	Creek CDROM 社が信じられないほどの信頼を寄せてくれたおかげで,
	FreeBSD は短期 間のうちにここまで大きく成長したのです.</para>

      <para>CDROM による最初の配布 (そしてネットでの,
	ベータ版ではない最初の一般向 け配布) は FreeBSD 1.0 で, 199312月に公開されました. これは カリフォ ルニア大学バークレイ校の
	4.3BSD-Lite (<quote>Net/2</quote>) を基とし, 386BSD や  Free
	Software Foundation からも多くの部分を取り入れたものです. これは
	初めて公開したものとしては十分に成功しました. 続けて 19945月に  FreeBSD 1.1 を公開し,
	非常に大きな成功を収めました.</para>

      <para>この時期,
	あまり予想していなかった嵐が遠くから接近してきていました. バー
	クレイ Net/2 テープの法的な位置づけについて, Novell 社と
	カリフォルニア大学バークレイ校との間の長期にわたる
	法廷論争において和解が成立したの です. 和解の内容は, Net/2
	のかなりの部分が<quote>権利つき (encumbered)</quote>コー
	ドであり, それは Novell 社の所有物である,
	というバークレイ校側が譲歩し たものでした. なお, Novell
	社はこれらの権利を裁判が始まる少し前に  AT&amp;T
	社から買収していました. 和解における譲歩の見返りにバークレイ
	校が得たのは, 4.4BSD-Lite が最終的に発表された時点で,
	4.4BSD-Lite は権 利つきではないと公式に宣言されること,
	そしてすべての既存の Net/2 の利 用者が 4.4BSD-Lite
	の利用へと移行することが強く奨励されること, という  Novell
	社からの<quote>ありがたき天からの恵み</quote>でした. (訳注:
	4.4BSD-Lite は その後 Novell
	社のチェックを受けてから公開された.) FreeBSD も Net/2 を利
	用していましたから, 1994年の 7月の終わりまでに Net/2 ベースの
	FreeBSD  の出荷を停止するように言われました. ただし,
	このときの合意によって, 私
	たちは締め切りまでに一回だけ最後の公開をすることを許されました.
	そして それは FreeBSD 1.1.5.1 となりました.</para>

      <para>それから FreeBSD プロジェクトは, まっさらでかなり不完全な
	4.4BSD-Lite  を基に, 文字どおり一から再度作り直すという,
	難しくて大変な作業の準備を始めまし た. <quote>Lite</quote>
	バージョンは, 部分的には本当に軽くて, 中身がなかったので す.
	起動し,
	動作できるシステムを実際に作り上げるために必要となるプログ
	ラムコードのかなりの部分がバークレイ校 の CSRG (訳注:
	BSDを作っている グループ) によって (いろいろな法的要求のせいで)
	削除されてしまっていた ということと, 4.4BSD の Intel
	アーキテクチャ対応が元々かなり不完全であっ
	たということがその理由です. この移行作業は結局 1994年の
	11月までかかり ました. そしてその時点で FreeBSD 2.0 をネットと
	CDROM(12月末ごろ)を通じて公 開しました. これは,
	かなり粗削りなところが残っていたにもかかわらず, か
	なりの成功を収めました. そしてその後に, より信頼性が高く,
	そしてインス トールが簡単になった FreeBSD 2.0.51995年の
	6月に公開されました.</para>

      <para>私たちは 1996年の 8月に FreeBSD 2.1.5 を公開しました.
	この出来が非常に 良く, 特に業務で運用しているサイトや ISP
	での人気が高かったので, 私た ちは 2.1-STABLE
	開発分流から更に公開をおこなうことにメリットがあると考 えました.
	それが FreeBSD 2.1.7.1 で, 2.1-STABLE 開発分流の最後を締めく
	くるものとして, 1997年の 2月に公開されました. 2.1-STABLE
	開発分流  (RELENG_2_1_0) は現在,
	保守のみをおこなう状態になっており, 今後は, セ
	キュリティの改善や他の何か重要なバグフィックスのみが
	おこなわれるでしょう.</para>

      <para>FreeBSD 2.2 の開発は, RELENG_2_2 開発ブランチとして, 開発の本流
	(<quote>-CURRENT</quote>) から 199611 月に分岐し, そして 19974 月に最初のリリース(2.2.1)が行なわれました. 2.2
	開発ブランチからは, さらに 97 年の夏と秋にリリースが行なわれ,
	9811 月に 2.2 開発ブランチの最終リリース(2.2.8)が
	行なわれています. 199810 月に FreeBSD 3.0 最初の公式リリースが
	行なわれ, 2.2 開発ブランチは開発の終了を迎えることになりました.
      </para>

      <para>1999120 日には, FreeBSD の開発ツリーが
	4.0-CURRENT と 3.X-STABLE の各ブランチに再び分岐しました.
	3.X-STABLE からは 3.11999215 日に,
	3.21999515 日に,
	3.31999916 日に,
        3.419991220 日に,
        そして 3.52000624 日にリリースされました.
        3.5 はリリースの数日後,
        Kerberos に対するセキュリティ上の修正を組み込むために
        小規模な更新がなされ, 3.5.1 になりました. 
        3.5.1 は, この 3.X ブランチにおける最終リリースになる予定です.
      </para>

      <para>2000313 日には 5.0-CURRENT と
	4.X-STABLE ブランチの作成が行われました.
	これまでのところ, このブランチからのリリースは
	&rel.current;-RELEASE のみです.</para>

      <para>現在の -stable ブランチは 4.x-stable です.
        4.0-RELEASE は 20003 月に,
        4.1-RELEASE は 20007 月にリリースされ,
        4.2-RELEASE は 200011 月にリリースされる予定です.
        4.x-stable (RELENG_4) ブランチからのリリースは, 2001
        年中にも行なわれる予定になっています.</para>

      <para>
	長期的な開発プロジェクトは 5.0-CURRENT 開発ブランチで続けられ,
	5.0 のスナップショットリリースが収録された CDROM
	(もちろん, ネットワーク上でも)は, 開発の進行状況に応じて
	継続的に公開されています.</para>
    </sect2>

    <sect2 id="goals">
      <title>FreeBSDプロジェクトの目的</title>

      <para><emphasis>原作: &a.jkh;</emphasis></para>

      <para><emphasis>訳: &a.jp.kiroh;
	24 September 1996.</emphasis></para>

      <para>FreeBSD
	プロジェクトの目的は, いかなる用途にも使用でき, 何ら制限のない
	ソフトウェアを供給することです.
	私たちの多くは, コード(そしてプロジェ
	クト)に対してかなりの投資をしてきており,
	これからも多少の無駄はあって も投資を続けて行くつもりです. ただ,
	他の人達にも同じような負担をするよ
	うに主張しているわけではありません. FreeBSD
	に興味を持っている一人の残 らず全ての人々に,
	目的を限定しないでコードを提供すること. これが,
	私たちの最初のそして最大の <quote>任務</quote>
	であると信じています. そうすれば, コード は可能な限り広く使われ,
	最大の恩恵をもたらすことができるでしょう. これ
	が, 私たちが熱烈に支持しているフリーソフトウェアの
	最も基本的な目的であ ると, 私は信じています.</para>

      <para>私たちのソースツリーに含まれるソースのうち,
	GNU 一般公有使用許諾(GPL)または GNU ライブラリ一般公有使用許諾(LGPL)
	に従っているものについては, 多少制限が課せられています. ただし,
	ソースコードへのアクセスの保証という,
	一般の制限とはいわば逆の制限(訳注1)です.
	GPL ソフトウェアの商利用には, そのライセンスにある
	複雑な側面が影響してくることがあります.
	ですから私たちは, そうすることが合理的であると判断されたときには,
	より制限の少ない, BSD 著作権表示を採用しているソフトウェアを
	選択するようにしています.</para>

      <para>(訳注1) GPL では, 「ソースコードを実際に受け取るか,
	あるいは, 希望しさえすればそれを入手することが可能であること」
	を求めています.</para>
    </sect2>

    <sect2 id="development">
      <title>FreeBSDの開発モデル</title>

      <para><emphasis>原作: &a.asami;.  18 October 1996.</emphasis></para>

      <para><emphasis>訳: &a.asami;.  31 October 1996.</emphasis></para>

      <para>FreeBSD の開発は非常に開かれた, 柔軟性のあるプロセスです.
	<link linkend="staff"> コントリビュータのリスト
	</link>を見ていただければわかる とおり,
	FreeBSDは文字通り世界中の何百という人々の努力によって開発され
	ています.  新しい開発者はいつでも大歓迎ですので, &a.hackers;
	にメールを 送ってください.
	&a.announce; もありますので, 他のFreeBSDユーザに自分のやっ
	ていることを宣伝したい時にはどうぞ使ってください.</para>

      <para>あと, FreeBSD プロジェクトとその開発プロセスについて,
	どなたにも知って
	いていただきたいのは以下のようなことです.</para>

      <variablelist>
	<varlistentry><term>CVSリポジトリ
	    <anchor id="development-cvs-repository"></term>
	  <listitem>
	    <para>FreeBSDのソースツリーは
	      <ulink url="http://www.cyclic.com/CVS/index.html">
		CVS </ulink> (Concurrent Versions System)
	      によってメンテナンスされています.  CVSはソー
	      スコード管理用のフリーソフトウェアで,
	      FreeBSDのリリースにも含まれてい ます.  FreeBSD の
	      <ulink url="http://www.FreeBSD.org/cgi/cvsweb.cgi"> メインの CVS
		リポジトリ </ulink>
	      は米国カリフォルニア州のコンコルド市に存在 し,
	      そこから世界中のたくさんのミラーサイトに
	      コピーされています.  CVSツ リーそのもの,
	      そしてそのチェックアウトされたバージョンである
	      <link linkend="current">-CURRENT</link><link linkend="stable">-STABLE</link>はあな
	      たのマシンにも簡単に取ってくることができます.
	      これについては <link linkend="synching">
		ソースツリーの同期 </link> の章をご覧ください.</para>
	  </listitem>
	</varlistentry>

	<varlistentry><term>ソースツリー管理者
	    <anchor id="development-committers"></term>
	  <listitem>
	    <para><link linkend="staff-committers">ソースツリー管理者</link>
	      はCVSツリーへの書き込み権限を持っている人,
	      つまりFreeBSDのソースに変更を加えることができる人です.
	      (CVSでリポジトリに変更を加えるには &man.cvs.1;
	      <command>commit</command> というコマンドを使うので,
	      これらの人々は英語では <quote>committers</quote>
	      と呼ばれます.)
	      開発者にコードを送って見てもらうのに一番いい方法は
		&man.send-pr.1; コマンドを使うことです.
	      もし, 何か問題があって <command>send-pr</command>
	      が使えないなら<email>cvs-committers@FreeBSD.org</email>
	      にメールを送っていただいても結構です.</para>
	  </listitem>
	</varlistentry>

	<varlistentry><term>FreeBSDコアチーム
	    <anchor id="development-core"></term>
	  <listitem>
	    <para><link linkend="staff-core">FreeBSD
		コアチーム</link>はFreeBSDプロジェク
	      トが会社だとすると取締役会にあたるものです.
	      コアチームとして一番重要 な役割は FreeBSD
	      プロジェクトが全体としてよい方向に向かっていることを確認することです.
	      責任感あふれる開発者を上記のソースツリー管理者として招くこと,
              また仕事上の都合などでコアチームをやめた人たちの後任を見つけることもコアチームの役割です.
	      現在のコアチームは FreeBSD 開発者 (committer) の中から
              200010 月に選挙によって選出されました.
              コアチームを選出するための選挙は, 2 年毎に行なわれています.</para>

	    <para>コアチームのうち何人かは特定の
	      <link linkend="staff-who">担当分野</link> を持っており,
	      システムのうち一部に特に重点をおいて面倒を見ています.</para>

	    <note>
	      <para>忘れてほしくないのは,
                コアチームのほとんどは FreeBSD に対してボランティアの立場であり,
                FreeBSD プロジェクトからは何ら金銭的な支援を受けていない,
                ということです.  ですから,
                ここでの<quote>責任</quote><quote>保証されたサポート</quote>ではありません.
		そういう意味で,
                上記の<quote>取締役会</quote>という例えはあまりよくないかもしれません.
                むしろ, FreeBSD のために人生を棒に振ってしまった人
		の集まりといった方が正しいかも.... <!-- smiley
		--><emphasis>;-)</emphasis></para>
	    </note>
	  </listitem>
	</varlistentry>

	<varlistentry><term>その他のコントリビュータ</term>
	  <listitem>
	    <para>最後になりますが,
	      もっとも重要で多数をしめる開発者はフィードバック
	      やバグフィクスをどんどん送ってくれるユーザ自身です.
	      FreeBSDの開発に外 郭から関わっていきたいという人は
	      &a.hackers; (<link linkend="eresources-mail">
		メーリングリスト情報 </link> を見てください)
	      に参加するといいでしょう.</para>

	    <para>FreeBSD
	      のソースツリーに入っている何かを書いた人の
	      <link linkend="contrib-additional"> リスト </link>
	      は日に日に長くなっています.  あ なたも今日,
	      何か送ることからはじめてみませんか? <!-- smiley
	      --><emphasis>:-)</emphasis></para>

	    <para>もちろんFreeBSD
	      に貢献するにはコードを書くほかにもいろいろな方法があ
	      ります.  助けが求められている分野については,
	      このハンドブックの <link linkend="contrib"> 貢献の仕方
	      </link> の節を見てください.</para>
	  </listitem>
	</varlistentry>
      </variablelist>

      <para>ひとことで言うと, FreeBSD
	の開発組織はゆるやかな同心円状になっています.
	ともすると中央集権的に見えがちなこの組織は,
	FreeBSDの<emphasis>ユーザ</emphasis>が
	きちんと管理されたコードベースを
	容易に追いかけられるようにデザインされ ているもので,
	貢献したいという人を締め出す意図は全くありません!  私た
	ちの目標は安定したオペレーティングシステムと
	簡単にインストールして使う ことのできる
	<link linkend="ports">アプリケーション</link>を提供することであ り,
	この方法は結構うまくはたらくのです.</para>

      <para>これからFreeBSDの開発にたずさわろうという人に,
	私たちが望むことはただ 一つです:
	FreeBSDの成功を継続的なものにするために, 現在の開発者と同じ
	ような情熱を持って接してください!</para>
    </sect2>

    <sect2 id="relnotes">
      <title>現在のリリースについて</title>

      <para>FreeBSD は自由に利用でき Intel
	i386, i486, Pentium, Pentium Pro, Celeron, Pentium II, Pentium III
	(とその互換 CPU) および
	DEC Alpha アーキテクチャのコンピュータシステムで動作する,
	4.4BSD-Lite ベースの全ソースつきのリリースです.
	これはもともとカリフォルニア大学バークレイ校
	CSRG グループのソフトウェアがベースとなっており, NetBSD, OpenBSD,
	386BSD, そして Free Software Foundation の
	ソフトウェアなどにより拡張されています.</para>

      <para>94 年末の FreeBSD 2.0 のリリースからみると, FreeBSD は性能,
	機能, 安定性の面で劇的に改善されました.
	もっとも大きな変化は仮想メモリシステムに おける改良で,
	統合化された VM/file バッファキャッシュを用いる
	ことで性能を向上させながらも FreeBSD
	のメモリの使用量を減らすことができたことです. そのおかげで, 最低
	5MB メモリという制約上でも動作するようになりました.
	その他の拡張としては, NIS のクライアントとサーバの完全なサポート,
	トランザクション TCP のサポート, ダイヤルオンデマンド PPP,
	統合された DHCP のサポート, 改良された SCSI サブシステム,
	ISDN, ATM, FDDI, Fast Ethernet や Gigabit Ethernet(1000Mbit)
	アダプタへの対応, 最新の Adaptec コントローラ対応の改良や,
	数百件におよぶバグの修正などがあります.</para>

      <para>私たちはたくさんのユーザからのコメントや
	提案をまじめに受け取り, 私たちが正しいと考え,
	かつ導入の手順が分かりやすいものを提供しようと 努力しています.
	この (継続的に進化する) プロセスに対するあなたの意見を
	心からお待ちしています.</para>

      <para>FreeBSD では基本配布セットに加え, 移植されたソフトウェア集
	として 数千の人気の高いプログラムを提供しています. 200011 月
	中旬の時点で 4000 以上の ports (移植ソフトウェア) が存在します.
	ports には http (WWW) サーバから, ゲーム, 言語,
	エディタまでありとあらゆるものが含まれています.
	ports はオリジナルソースに対する<quote>差分</quote>という形で表現されており,
	すべての ports を集めても 100MB 程度にしかなりません.
	こうすることで ports の更新を容易にし,
	ports に必要なディスクスペースを小さくすることができます.
	ports をコンパイルするには,
	インストールしたいと思っているプログラムのディレクトリに移動し,
	<command>make install</command> とすると,
        あとはすべてシステムがやってくれます.
        どの ports もオリジナルの配布セットを動的に
	CDROM や近くの FTP サーバから取ってくるので,
        ディスクは構築したいと思っている ports の分だけを準備しておけば十分です.
	ほとんどの ports は, すでにコンパイルされた状態で
	<quote>package</quote> として提供されており,
	ソースコードからコンパイルしたくない場合, これを使うと (pkg_add
	というコマンドで) 簡単にインストールできます.</para>

      <para>FreeBSD 2.1 以降のマシンであれば,
	<filename>/usr/share/doc</filename>
	ディレクトリにインストールの手順や FreeBSD を利用する上で有用な
	ドキュメントがたくさんあります.
	これらのローカルにインストールされたドキュメントは,  HTML
	ブラウザを使って, 以下の URL から 参照することができます.</para>

      <variablelist>
	<varlistentry><term>FreeBSD ハンドブック (英文オリジナル)</term>
	  <listitem>
	    <para><ulink url="file:/usr/share/doc/handbook/index.html">file:/usr/share/doc/handbook/index.html</ulink></para>
	  </listitem>
	</varlistentry>

	<varlistentry><term>FreeBSD に関する FAQ</term>
	  <listitem>
	    <para><ulink url="file:/usr/share/doc/faq/index.html">file:/usr/share/doc/faq/index.html</ulink></para>
	  </listitem>
	</varlistentry>
      </variablelist>

      <para>また,
	<ulink url="http://www.FreeBSD.org/">http://www.FreeBSD.org/</ulink>
	にはマスタ (かなり頻繁に更新されます) がありますので,
	こちらも参照してください.</para>
    </sect2>
  </sect1>
</chapter>

<!--
     Local Variables:
     mode: sgml
     sgml-declaration: "../chapter.decl"
     sgml-indent-data: t
     sgml-omittag: nil
     sgml-always-quote-attributes: t
     sgml-parent-document: ("../book.sgml" "part" "chapter")
     End:
-->