aboutsummaryrefslogtreecommitdiff
path: root/ja_JP.eucJP/man/man2/fcntl.2
blob: 9cc3b4520f04ab2103d53540b93a7ff05b963adc (plain) (blame)
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
128
129
130
131
132
133
134
135
136
137
138
139
140
141
142
143
144
145
146
147
148
149
150
151
152
153
154
155
156
157
158
159
160
161
162
163
164
165
166
167
168
169
170
171
172
173
174
175
176
177
178
179
180
181
182
183
184
185
186
187
188
189
190
191
192
193
194
195
196
197
198
199
200
201
202
203
204
205
206
207
208
209
210
211
212
213
214
215
216
217
218
219
220
221
222
223
224
225
226
227
228
229
230
231
232
233
234
235
236
237
238
239
240
241
242
243
244
245
246
247
248
249
250
251
252
253
254
255
256
257
258
259
260
261
262
263
264
265
266
267
268
269
270
271
272
273
274
275
276
277
278
279
280
281
282
283
284
285
286
287
288
289
290
291
292
293
294
295
296
297
298
299
300
301
302
303
304
305
306
307
308
309
310
311
312
313
314
315
316
317
318
319
320
321
322
323
324
325
326
327
328
329
330
331
332
333
334
335
336
337
338
339
340
341
342
343
344
345
346
347
348
349
350
351
352
353
354
355
356
357
358
359
360
361
362
363
364
365
366
367
368
369
370
371
372
373
374
375
376
377
378
379
380
381
382
383
384
385
386
387
388
389
390
391
392
393
394
395
396
397
398
399
400
401
402
403
404
405
406
407
408
409
410
411
412
413
414
415
416
417
418
419
420
421
422
423
424
425
426
427
428
429
430
431
432
433
434
435
436
437
438
439
440
441
442
443
444
445
446
447
448
449
450
451
452
453
454
455
456
457
458
459
460
461
462
463
464
465
466
467
468
469
470
471
472
473
474
475
476
477
478
479
480
481
482
483
484
485
486
487
488
489
490
491
492
493
494
495
496
497
498
499
500
501
502
503
504
505
506
507
508
509
510
511
512
513
514
515
516
517
518
519
520
521
522
523
524
525
526
527
528
529
530
531
532
533
534
535
536
537
538
539
540
541
542
543
.\" Copyright (c) 1983, 1993
.\"	The Regents of the University of California.  All rights reserved.
.\"
.\" Redistribution and use in source and binary forms, with or without
.\" modification, are permitted provided that the following conditions
.\" are met:
.\" 1. Redistributions of source code must retain the above copyright
.\"    notice, this list of conditions and the following disclaimer.
.\" 2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
.\"    notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
.\"    documentation and/or other materials provided with the distribution.
.\" 3. All advertising materials mentioning features or use of this software
.\"    must display the following acknowledgement:
.\"	This product includes software developed by the University of
.\"	California, Berkeley and its contributors.
.\" 4. Neither the name of the University nor the names of its contributors
.\"    may be used to endorse or promote products derived from this software
.\"    without specific prior written permission.
.\"
.\" THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE REGENTS AND CONTRIBUTORS ``AS IS'' AND
.\" ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
.\" IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
.\" ARE DISCLAIMED.  IN NO EVENT SHALL THE REGENTS OR CONTRIBUTORS BE LIABLE
.\" FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL
.\" DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS
.\" OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
.\" HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT
.\" LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY
.\" OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
.\" SUCH DAMAGE.
.\"
.\"     @(#)fcntl.2	8.2 (Berkeley) 1/12/94
.\" %FreeBSD: src/lib/libc/sys/fcntl.2,v 1.16.2.13 2002/07/22 15:15:16 bde Exp %
.\"
.\" $FreeBSD$
.Dd January 12, 1994
.Dt FCNTL 2
.Os
.Sh 名称
.Nm fcntl
.Nd ファイル制御
.Sh ライブラリ
.Lb libc
.Sh 書式
.In fcntl.h
.Ft int
.Fn fcntl "int fd" "int cmd" "..."
.Sh 解説
.Fn fcntl
は、記述子の制御機能を提供します。引数
.Fa fd
は、後述する
.Fa cmd
によって操作される記述子です。
.Fa cmd
の値によっては、
.Nm
は 3 つめの引数
.Fa "int arg"
を取ることができます。
.Bl -tag -width F_GETOWNX
.It Dv F_DUPFD
次のような新しい記述子を返します。
.Pp
.Bl -bullet -compact -offset 4n
.It
.Fa arg
以上で最小番号をもつ利用可能な記述子
.It
オリジナルの記述子と同じオブジェクトを参照
.It
オブジェクトがファイルだった場合、
同じファイルオフセットを共有
.It
同じアクセスモード (読取り、書込み、または読取りと書込み)
.It
同じファイルステータスフラグ (すなわち、
両方のファイル記述子が同じファイルステータス
フラグを共有)
.It
close-on-exec フラグは、
.Xr execve 2
システムコールの後でも
記述子をオープンしたままでいるように設定
.El
.It Dv F_GETFD
ファイル記述子
.Fa fd
に結び付けられた close-on-exec フラグを、
.Dv FD_CLOEXEC
として取得します。
返された値と
.Dv FD_CLOEXEC
の論理積が 0 の場合、ファイルは
.Fn exec
を実行してもオープンされたままになります。
そうでない場合、ファイルは
.Fn exec
の実行でクローズされます。
.Fa ( arg
は無視されます)。
.It Dv F_SETFD
.Fa fd
に結び付けられた close-on-exec フラグを
.Fa arg
に設定します。
.Fa arg
は 0 または前述の
.Dv FD_CLOEXEC
です。
.It Dv F_GETFL
後述するように記述子のステータスフラグを取得します
.Fa ( arg
は無視されます)。
.It Dv F_SETFL
記述子ステータスフラグを
.Fa arg
で指定される値に設定します。
.It Dv F_GETOWN
現時点で
.Dv SIGIO
シグナルと
.Dv SIGURG
シグナルを受信しているプロセス ID またはプロセスグループを取得
します。プロセスグループは負の値として返されます
.Fa ( arg
は無視されます)。
.It Dv F_SETOWN
プロセスまたはプロセスグループが
.Dv SIGIO
シグナルおよび
.Dv SIGURG
シグナルを受信するように設定します。
プロセスグループは
.Fa arg
を負数にして与えることによって指定されます。そうでない場合、
.Fa arg
はプロセス ID として解釈されます。
.El
.Pp
.Dv F_GETFL
および
.Dv F_SETFL
用のフラグは次のとおりです。
.Bl -tag -width O_NONBLOCKX
.It Dv O_NONBLOCK
非ブロッキング入出力。
.Xr read 2
呼び出しで読み取るべきデータが無い場合、または
.Xr write 2
操作がブロックするであろう場合に、読取り呼び出しまたは書込み呼び出しはエラー
.Er EAGAIN
で -1 を返します。
.It Dv O_APPEND
各書込みがファイルの末尾に追加されるようにします。
.Xr open 2
の
.Dv O_APPEND
フラグに対応します。
.It Dv O_DIRECT
読み書きにおけるキャッシュ効果を最小化または無くします。
システムは、読み書きするデータのキャッシングを避けようとします。
データのキャッシングが避けられない場合、
データのキャッシュに対する影響を最小化します。
注意せずに使用すると、本フラグは劇的に性能を劣化させます。
.It Dv O_ASYNC
たとえば、読み取るべきデータが用意できたときなど、
入出力が可能になったときに
.Dv SIGIO
シグナルがプロセスグループに送信されるようにします。
.El
.Pp
問合せ型ファイルロックを行なうためにいくつかのコマンドが利用できます。
これらのコマンドはすべて次の構造体で操作します。
.ne 7v
.Bd -literal
struct flock {
	off_t	l_start;	/* 開始位置のオフセット */
	off_t	l_len;		/* len = 0 はファイル末尾までという意味 */
	pid_t	l_pid;		/* ロック所有者 */
	short	l_type;		/* ロックタイプ: 読取り/書込みなど */
	short	l_whence;	/* l_start のタイプ */
};
.Ed
問合せ型レコードロックに利用できるコマンドは次のとおりです。
.Bl -tag -width F_SETLKWX
.It Dv F_GETLK
3 番めの引数
.Fa arg
を
.Fa "struct flock"
(前記を参照) へのポインタと解釈して、それによって指定される
ロック記述をブロックする最初のロックを取得します。取り出された情報は、
.Fn fcntl
に渡された
.Fa flock
構造体内の情報に上書きされます。
このロックが作成されるのを妨げるロックが見つからない場合は、
構造体はこの関数呼び出しによっても変更されません。
ただし、ロックタイプが
.Dv F_UNLCK
に設定されている場合は除きます。
.It Dv F_SETLK
3 番めの引数
.Fa arg
を
.Fa "struct flock"
(前記を参照) へのポインタと解釈して、それによって指定される
ロック記述に従ってファイルセグメントロックを設定またはクリアします。
.Dv F_SETLK
は、共有 (または読取り) ロック
.Pq Dv F_RDLCK
または排他的 (または書込み) ロック
.Pq Dv F_WRLCK
を確立、ならびにいずれかのタイプのロックを解除
.Pq Dv F_UNLCK
するのに使用されます。
共有ロックまたは排他的ロックが設定できない場合、
.Fn fcntl
は
.Er EAGAIN
でただちに戻ります。
.It Dv F_SETLKW
このコマンドは
.Dv F_SETLK
と同じですが、共有ロックまたは排他的ロックが他のロックによって
ブロックされる場合に、
要求が満たされるまでプロセスが待機する点が異なります。
.Fn fcntl
がある領域を確保するために待機している間に
捕捉されるべきシグナルを受信して、シグナルハンドラが
.Dv SA_RESTART
.Pf ( Xr sigaction 2
を参照) を
指定していない場合、
.Fn fcntl
は中断されます。
.El
.Pp
共有ロックがファイルのあるセグメントに設定されている場合、
他のプロセスはそのセグメントまたはその
一部に共有ロックを設定できます。共有ロックは、保護している
どの領域にも、他のプロセスが排他的ロックを設定するのを防止します。
ファイル記述子が読取りアクセスで開かれていない場合、
共有ロックの要求は処理を失敗します。
.Pp
排他的ロックは、保護している領域に他のプロセスが
共有ロックまたは排他的ロックを設定するのを防止します。
ファイルが書込みアクセスで開かれていない場合、
排他的ロックの要求は失敗します。
.Pp
.Fa l_whence
の値は
.Dv SEEK_SET ,
.Dv SEEK_CUR ,
または
.Dv SEEK_END
で、これらは相対オフセット
.Fa l_start
バイトが、それぞれファイルの先頭、現在位置、
またはファイルの末尾から測定されることを指示します。
.Fa l_len
の値はロックされる連続領域のバイト数です。
.Fa l_len
が負の場合の結果は未定義です。
.Fa l_pid
フィールドは、
ブロックするロックを保持しているプロセスのプロセス ID を返すために
.Dv F_GETLK
でのみ使用されます。
.Dv F_GETLK
要求が正常に完了すると
.Fa l_whence
の値は
.Dv SEEK_SET
になります。
.Pp
ロックは現在のファイル末尾以降で開始したり、
ファイル末尾を越えて延長することはできますが、
ファイルの先頭より前で開始したり、
ファイルの先頭を越えて延長することはできません。
.Fa l_len
が 0 に設定されている場合、ロックはそのファイルの
ファイルオフセットの可能な最大の値まで延長されます。
.Fa l_whence
と
.Fa l_start
がファイルの先頭を指しており、しかも
.Fa l_len
が 0 の場合はファイル全体がロックされます。
アプリケーションがファイル全体をロックしようとしているだけなら、
.Xr flock 2
システムコールの方がはるかに効率的です。
.Pp
ファイル内の各バイトについて最大で 1 つのタイプのロックが設定されます。
呼び出しプロセスが
.Dv F_SETLK
要求、または
.Dv F_SETLKW
要求で指定した領域内に既存のロックを保持しているとき、
要求から正常に戻る前に、
指定の領域内の各バイトについて以前の
ロックタイプが新しいロックタイプで置き換えられます。共有ロックと
排他的ロックのところで前述したように、
別のプロセスが指定の領域内にロックを保持しており、しかもそれらのロック
のタイプが要求で指定されたタイプと競合するとき、
.Dv F_SETLK
要求は失敗し、
.Dv F_SETLKW
要求はブロックします。
.Pp
このインタフェースは、System V と
.St -p1003.1-88
が要求する不毛なセマンティクスに完全に従っています。
つまり、あるプロセスが保持している、
あるファイルと結び付けられたすべてのロックは、
そのファイルの記述子の
.Em いずれか
がそのプロセスによって
クローズされたときに解除されます。
これは、サブルーチンライブラリがアクセスする可能性のあるファイル全てを
アプリケーションが認識している必要がある
ことを意味します。たとえば、パスワードファイルを更新する
アプリケーションが、更新を行なうために
パスワードファイルデータベースをロックし、
レコードを取り出すために
.Xr getpwnam 3
を呼び出したとしましょう。
.Xr getpwnam 3
はパスワードデータベースをオープンし、読み取り、
そしてクローズするので、ロックは失われます。
データベースをクローズすると、ライブラリルーチン
がデータベースへのロックを要求したことがない場合でさえ、
プロセスがデータベースに結び付けたすべての
ロックが開放されてしまうのです。
このインタフェースの別のさほど重要でないセマンティクス上の問題は、
ロックが
.Xr fork 2
関数を使用して作成された子プロセスによって継承されないことです。
.Xr flock 2
インタフェースは、はるかに合理的な last close セマンティクスを採用し、
ロックが子プロセスによって継承されるようになっています。
ライブラリを使用するときにロックの整合性を確実にする、
またはロックを子プロセスに渡したいアプリケーションについては
.Xr flock 2
をお勧めします。
.Xr flock 2
と
.Xr fcntl 2
ロックは同時に安全に使用できます。
ブロックするロックを保持しているプロセスがファイル記述子を以前に
.Xr flock 2
でロックしていた場合、
.Fn fcntl F_GETLK
は
.Fa l_pid
に \-1 を入れて戻ります。
.Pp
プロセスの、あるファイルに結び付けられたすべてのロックは
そのプロセスが終了するときに解除されます。
.Pp
.Xr execve 2
の呼び出し前に取得されたすべてのロックは、
新規プログラムがそれらを解放するまで有効なままです。
新規プログラムがロックについて知らないならば、
プログラム終了まで解放されません。
.Pp
あるロックした領域を制御しているプロセスが、
別のプロセスがロックした領域をロックしようとして
休眠状態にされる場合に、デッドロックが発生する可能性があります。
この実装では、ロックされた領域がアンロックされるまでの休眠が
デッドロックを引き起こす可能性を検出すると、
.Er EDEADLK
エラーで失敗します。
.Sh 戻り値
処理が正常に完了した場合、返される値は
.Fa cmd
に応じて次のようになります。
.Bl -tag -width F_GETOWNX -offset indent
.It Dv F_DUPFD
新しいファイル記述子
.It Dv F_GETFD
フラグの値 (下位ビットだけが定義されます)
.It Dv F_GETFL
フラグの値
.It Dv F_GETOWN
ファイル記述子所有者の値
.It その他
\-1 以外の値
.El
.Pp
そうでない場合は -1 が返され、エラーを示すために
.Va errno
が設定されます。
.Sh エラー
.Fn fcntl
は次の場合に失敗します。
.Bl -tag -width Er
.It Bq Er EAGAIN
引数
.Fa cmd
は
.Dv F_SETLK
であり、ロックのタイプ
.Pq Fa l_type
は共有ロック
.Pq Dv F_RDLCK
、または
排他的ロック
.Pq Dv F_WRLCK
で、ロックされるはずのファイルの
セグメントは既に別のプロセスによって排他的に
ロックされています。または、タイプが排他的なロックで、
ロックされるファイルのセグメントの一部が
既に別のプロセスによって共有ロックまたは排他的ロックされています。
.It Bq Er EBADF
.Fa fd
は有効なオープンファイル記述子ではありません。
.Pp
引数
.Fa cmd
が
.Dv F_SETLK
または
.Dv F_SETLKW
で、かつロックタイプ
.Pq Fa l_type
が共有ロック
.Pq Dv F_RDLCK
のとき、
.Fa fd
は読取り用に開かれた有効なファイル記述子ではありません。
.Pp
引数
.Fa cmd
が
.Dv F_SETLK
または
.Dv F_SETLKW
で、かつロックタイプ
.Pq Fa l_type
が排他的ロック
.Pq Dv F_WRLCK
のとき、
.Fa fd
は書込み用に開かれた有効なファイル記述子ではありません。
.It Bq Er EDEADLK
引数
.Fa cmd
が
.Dv F_SETLKW
であり、デッドロック条件が検出されました。
.It Bq Er EINTR
引数
.Fa cmd
が
.Dv F_SETLKW
であり、関数がシグナルによって割り込まれれました。
.It Bq Er EINVAL
.Fa cmd
が
.Dv F_DUPFD
で、
.Fa arg
が負であるかまたは許容される最大値より大きくなっています
.Pf ( Xr getdtablesize 2
を参照)。
.Pp
引数
.Fa cmd
が
.Dv F_GETLK ,
.Dv F_SETLK ,
または
.Dv F_SETLKW
で、
.Fa arg
が指すデータが有効でありません。または
.Fa fd
が、ロックをサポートしないファイルを参照しています。
.It Bq Er EMFILE
引数
.Fa cmd
が
.Dv F_DUPFD
であり、プロセスについて許容される最大数までファイル記述子が
既に使用されています。
.Fa arg
で指定された以上のファイル記述子は利用できません。
.It Bq Er ENOLCK
引数
.Fa cmd
が
.Dv F_SETLK
または
.Dv F_SETLKW
であり、ロック要求またはアンロック要求を満たすことによって、
システムが課した限界を越える数のロックされた領域がシステム内に
できてしまいます。
.It Bq Er EPERM
.Fa cmd
は、
.Dv F_SETOWN
であり、引数として指定されたプロセス ID またはプロセスグループ
は、呼び出し側と異なるセッション内にあります。
.It Bq Er ESRCH
.Fa cmd
は
.Dv F_SETOWN
であり、引数として指定されたプロセス ID が使用されていません。
.El
.Pp
さらに、
.Fa fd
が (ソケット上で開いている記述子とは反対に)
端末デバイス上で開いている記述子を参照する場合、
.Fa cmd
で
.Dv F_SETOWN
を指定すると
.Xr tcsetpgrp 3
と同じ理由で処理を失敗する可能性があり、
.Xr tcgetpgrp 3
で述べたような
理由で
.Fa cmd
で
.Dv F_GETOWN
を指定した場合に処理に失敗する可能性があります。
.Sh 関連項目
.Xr close 2 ,
.Xr execve 2 ,
.Xr flock 2 ,
.Xr getdtablesize 2 ,
.Xr open 2 ,
.Xr sigvec 2 ,
.Xr tcgetpgrp 3 ,
.Xr tcsetpgrp 3
.Sh 歴史
.Fn fcntl
関数は
.Bx 4.2
で登場しました。